« 無題。 | トップページ | 無題。 »

2010.12.22

東京都青少年健全育成条例改正

 昨晩0:10臥床。本日5:30起床。気温15℃。天気:晴。歩数12054。
 今朝は雨が降っていたけど、めちゃめちゃ暖かい。コートを着ていたら汗をかくくらいだ。
 昨晩から信長のPKを始めてしまった。飽きたはずなのに久しぶりにやったらまた面白かった。睡眠時間がヤバイ。
 
 
 今日は、時事を書いていたら重くなったので先に持ってきます。
 
 
 
  ・【アニメ漫画規制】 東京国際アニメフェア、開催困難…事務局が声明
 
 
 アニメ漫画規制の話なんだけどさ、まあ、正直取り上げるのを今まで避けてたんだけど、一応法案も通っちゃったしさ、少し書こうかと思います。
 
 
 まず、私はこういう創作物に対する規制はキライです。
 2chのひろゆき氏が「うそはうそであると見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しい」という名言を残していますが、創作物もそういうものだと思うんですよね。
 要は「フィクションはフィクションである」として接しないといけないわけで、その現実と非現実の境を楽しめないものは、創作物を読むべきではないんですよ。
 
 そうするとね、フィクションを現実と混同する人がいるから規制するんだと言い出す人がいそうですが、そのりくつはおかしいんですよ。
 TVでもそうですが、根本的にダメだと思うんなら、見なきゃいいんですから!
 
 見ない自由と見れない自由。
 文字にすればたった一文字の違いですが、その自由の違いは天と地ほどの差があります。
 
 それとね、私は常々この社会のChild Abuse(児童虐待)について、このブログでも書いてきましたが、こういうのを「子供のためだ」とか言ってやるのは『育児放棄』もいいところなんですよ!
 要は、親(保護者)が自分の責任で子供に対して、漫画やアニメの優劣を認識されることが出来ず、外部というかメディアからの汚染を防ぐことが「自分の責任で出来ない」と"育児放棄"してるようなものだと思うのです。
 ダメなものは、ダメだと見せなければいいし、見てしまってもそれの現実と非現実との違いを認識させる教育をすべきなのです。
 それにね、こんなもんね、アニメや漫画を規制したって、今の世の中、ネットの世界に踏み入ってしまえばあっという間に汚染されちゃうんですよ。
 それとね、私の両親は漫画とかアニメとかゲームには放任的な親だったので、今さらながらわかるのですが、規制のし過ぎは逆効果だと思うのですよ。
 なんか、子供ってというか、人間って「ダメって言われると逆にやりたくなりませんか」と思うのです。
 故に規制は、規制として不必要とも言いませんが、現在も18禁売り場でしか売れない本や有害図書指定の本はあるので無規制ではありませんし、この程度の規制はあって然るべきと思いますが、今回の東京都の規制はあまりにいい加減すぎて、これは不必要な規制と私は思います。
 
 猪瀬の馬鹿が「名作なら規制はしない」とか馬鹿な事を言っていたが、・本放送当時は視聴者にも玩具会社にもまるで理解してもらえず打ち切られたアニメがよくまあ化けたもんだ初代ガンダムは お前はアニメにはこういう作品もあるということがわかってないんだな。
 アニメだけじゃない、世の中には「アンリ・ルソー」や「フィンセント・ファン・ゴッホ」など生前には認められず、死後に高評価を受ける人も多くいるのだ。
 故に創作物に対して行き過ぎた規制は、芸術・文化の衰退にほかならない。
 
 「アニメや漫画は文化ではない」との反論もきそうだから、これについても述べておくと、江戸時代の『浮世絵』を取り上げるのが一番わかり易いと思うので、そこからアプローチしますと浮世絵は現在ではどんな評価を受けているでしょうか。
 東京国立博物館や江戸東京博物館にも数々の作品が展示されてますが、浮世絵のそもそもの意味は「現代風の絵」ということです。
 要は、今となれば、江戸時代風の絵ということなのです。
 そして、その絵の中身は「演劇・古典文学・怪奇伝承・宗教・風俗」などです。そして、その中に"春画"と呼ばれる18禁のものもあります。
 ちなみに春画も江戸時代の享保の改革時に規制を受けています。
 しかし、需要があったために非公開で販売され続け、しかも、非公開になったことで江戸幕府の規定を守る必要がなくなり、多色刷り、極彩色の技術が進み、浮世絵の最高技術が使われているのが春画になる始末です。
 そんなわけで、後には画家の大家の狩野派や土佐派までが春画を書くようになったのです。
 そして、現在では「春画が高い芸術性を誇り、どういう人達に需要があり、なぜ高い技術が必要だったか」ということが研究課題と言われていますが、そんなのは「ビデオデッキのベータ対VHS」の歴史を調べればすぐにわかるかと思いますが、歴史研究者って馬鹿なのでしょうか?
 ちなみにこの流れで行くと「ワンピース、国民的大人気累計2億冊突破!!(18歳未満の方はご覧になれません)」とかなるんじゃないの。
 
 まあ、少し話は逸れましたが、今のアニメや漫画が100年後200年後に平成の浮世絵となるのがわからないのでしょうか?ということを私は言いたいのです。
 あとですね、この歴史から規制をすることによって悪化するということがある、というのがわかると思います。
 アル・カポネと禁酒令なんかもこういう事例になるのでしょうかね。
 
 
 それとですね、この法案に対して「出版社が自主規制してこなかったのが悪い」という論調を掲げる者がいるが、・昔の少年マンガのエロは神懸っていた 出版社はここ20年でかなりの自主規制をしています。
 TVのバラエティなんかでもそうですが、個人的には病的かと思えるくらいです。
 アニメや漫画が子どもに悪影響を与えるというのならば、現在の30代や40代はキチガイだらけのはずではないのでしょうか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 さて、アニメの感想です。
 
 
 昨晩は「えむえむっ!」の第12話、最終回を見る。
 
 
 
Ws000366
 
 
 今回は最終回と言う事で美緒押しが強かったね。
 
 
 
 
 
 
 
Ws000367
 
 
 しかし、今回は普通に面白いぞ!
 
 やっぱりドM設定がいらなかったんじゃ…。
 
 
 
 
 
 
 
 
Ws000368
 
 
 なんか、クリスマスと誕生日というコンボを繋げてなかなかいい破壊力がありました。
 
 
 
 
 
 
 
 
Ws000369
 
 
 いやー、プレゼントよこせ、よこせと言ってきたけど、コレはいらなかったかもしれんw
 
 ワガママだけど!!
 
 
 
 最終回まで見て、総評すると見て損したという感じではない。
 …というか、最終回で評価は標準を超えたかもしれん。
 
 
 もう一回最初から見るか?と言われたら、見ないけど!
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
 

|

« 無題。 | トップページ | 無題。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45505/50355349

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都青少年健全育成条例改正:

« 無題。 | トップページ | 無題。 »