« 無題。 | トップページ | 俺の妹がこんなに可愛いくないわけがない。 »

2010.11.02

北方領土。

 昨日21:10臥床。本日5:20起床。気温15℃。天気:晴。歩数4034。
 体調の悪化に耐えきれず、昨日は遂に病院に行く。今日は少しだけいいかも。
 
 BoBのHPがお亡くなりになったので、ぷるさんがリリースされました。ヤバイかも!
 
 
 
 昨晩は、「バクマン。」の第5話と「禁書目録Ⅱ」の第1話を見る。
 
 

Ws000024
 
 
 バクマンは原作同様、安定していると思う。
 これはこの調子だとストックもあるし、一年とかやるんだろうな。
 久しぶりに第50話とかまで見るアニメになりそうだ。
 
 
 
 禁書1期が見終わったので、やっと2期を見始めるが、やっぱり禁書は上条さん回は好きになれません。
 不幸、不幸、ウルサイっちゅうねん。
 お前は、そんなに不幸じゃないし、8/31が何時まで続くんだ!?
 
 
Ws000025
 
 
 インなんとかさんは、そんな上条さん説教回でも、和ませてくれて好きです。
 しかし、こんなデカイ安全ピンなんてあるのかョ!?とずっと思っていましたが、探してみると意外とありました。
 
 


 
 

 11cmって書いてあるから、こんなものかな?

 
 
 
 
 
 
 

 ・【速報】ロシア、メドベージェフ大統領が国後島に上陸!!!

 

 日本は、世界のATMであり、世界の草刈場だな。

 もう北方領土は、私の存命中には絶対に帰って来ないことがわかったわ。

 領土問題になると国民はどの国でもすぐに熱くなり、「国境線については絶対譲歩するな」という言説が幅をきかすのが普通の国なんだよ。

 

 でも、日本ってなに?

 「国境線を譲歩しても、隣国との友好関係を構築するほうが国益にかなう」というタイプの議論をする人間が、

 ・鳩山前首相、ツイッターで前原外相を批判か 「正しいことを言うときは少し控えめに」「正しいことは相手を傷つけやすい」

 前首相ってどういうことよ!?

 

 普通の国家なら、こんなことを言おうものなら袋だたきに遭い、うっかりするとテロリストの標的になるのが当たり前!

 国境線を少しでも拡げた政治家は「英雄」と持て囃され、国境線を少しでも失った政治家は「売国奴」と罵られるのが当たり前!!

 コレは古今東西どこでも変わらないと思っていたけど、この日本って国だけは異次元の国だったようだ。

 
 

 これさ、まあ、民主党だけを責められないんだよね。
 北方領土が帰ってくる可能性のあったココ近年の最大のチャンスは、ソ連崩壊時の1991年だったわけ。
 この時の政権与党は、自民党。
 内閣は、宮澤内閣。
 外務大臣は、今や息子が"みんなの党"を立ち上げた渡辺喜美の父親である渡辺美智雄です。

 後年、この時のことは、当時のロシア外相が「なんで、あの時日本は北方領土返還を交渉に来なかったんだ? あの時なら返還の可能性は大きくあっただろう」と回想しているように、ソ連崩壊で多くの国が独立した混乱期なら、東方の小さな島4島くらいはどうにでもなっただろうということなんですよ!
 もう、本当にこの時の日本政府は何をやっていたんだと問いただすと一番大事な外相が癌で入院してたって……馬鹿か!!
 外相なんて大事な役職に病人なんてつけるな、バカ宮澤が!
 んで、この後の1993年の日露首脳の東京宣言の時は、細川内閣で羽田孜が外相ですよ。
 なんでこんな大事な時期に中国人を外相にしてんだよ、絶対に帰って来ないわ!!
 …というわけで、現在に至るのです。

 

 もうさ、ロシアもめっちゃインフラに金をつぎ込んでるし、北方領土は取り返しがつかなくなったよ。

 
 
 
 
 
 
 
 

 ・【尖閣衝突】 自民党、日中首脳会談のキャンセルを追及 議員席から漏れる笑い声に対し武部氏「笑い事ではないぞ!」

 

 武部に怒られるって、どんだけだよ。

 しかし、最近は武部目立ってるなー。
 北海道土民相手だから、選挙も大変だろうに…。
 小泉の腰巾着って言われてた時は、評価しなかったけど、最近は同情するわ。

 
 
 
 
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

|

« 無題。 | トップページ | 俺の妹がこんなに可愛いくないわけがない。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45505/49907939

この記事へのトラックバック一覧です: 北方領土。:

« 無題。 | トップページ | 俺の妹がこんなに可愛いくないわけがない。 »