« A√4。 | トップページ | 鳴沢が先か、舞島が先か、そこが問題だ。 »

2010.11.12

戦国武将データファイル 18号。

 昨日23:00臥床。本日5:20起床。気温11℃。天気:晴。歩数11839。
 最近なか卯の和風牛丼が290円になってるんで、結構な割合で朝食に食べてます。
 
 
 
 昨晩は「侵略イカ娘」の第6話を見る。
 
 
Ws000057
 
 
 今週は、前回のせつなさ炸裂と違って、最後まで楽しめたわ。
 イカ娘って数学が出来る設定なのね。
 
 
 
Ws000058
 
 
 今回は栄子との掛け合いがBパート、Cパート共に面白かった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 ・戦国武将データファイル 18号。
 
 
 体調を崩してから、頭を使わないアニメ感想ばかりしていたので、また長らく放置してしまった戦国武将データファイル。
 今日は久しぶりに書きます。あまり長くならないようにね!
 
 
 18号の表紙は顕如。巷では、本願寺顕如で知られている人物ですね。
 実は、この号が届いた時には詳しく知らない人物だったので、これを期に調べようかと思っていましたが、未だに出来ていないので今回はパスの方向です。
 
 その他には、榊原康政、池田恒興、前田利長、南部信直と来ていて、この四人は詳しいのですが、今回はパスします。
 
 
 合戦リストは、吉田郡山城の戦いです。
 毛利元就を謀将としてだけ見ていると間違いだとわかる戦いかと思います。
 毛利元就が総合的に凄まじく優秀な人間とわかる戦いと私的には思ってます。
 
 
 名城コレクションは、会津若松城です。
 はい、今日の主題はココです!
 鶴ヶ城とも呼ばれるこの名城は、名城コレクションの名に相応しい城なので取り上げます。
 
 戦国期には、黒川城と呼ばれ、伊達政宗、蒲生氏郷、上杉景勝と名将たちの手を加えられ、江戸時代に徳川家光の弟にあたる保科正之が入城し、会津松平家の居城として幕末を迎えます。
 普通の城は大体ここで明治を迎えますとなるんですが、この鶴ヶ城は戊辰戦争で会津藩が立て篭もった為、大砲まで撃ち込まれると言う、日本国内の城としては類稀な経験をしています。
 そんな近代戦においても会津藩が一ヶ月にわたり篭城できたということ事態で、この城の名城ぶりがわかると思います。
 そんなわけで私は今まであまりこの名城コレクションが、あまりに戦ったことのない名城ばかり取り上げていたので、こっちは逆に触れてこなかったのですが、今回ばかりは触れずにはいられない城とわかっていただければ幸いです。
 
 ちなみに日本の三名城と言うと「名古屋城」「大坂城」「熊本城」を言うのですが、私の中では認められるのは熊本城だけです。
 名古屋城は籠城戦自体したことがないし、大坂城は二度の落城を経験しています。
 熊本城だけは、明治時代においても一ヶ月の籠城戦を繰り広げ、守り抜いたという経験があるので、これこそが名城の証です。
 
 
 
 さて、会津若松・鶴ヶ城と言うと私の中では、白虎隊を取り上げないと納まらない感じなので、今日はその話を少しします。
 白虎隊と言うのは、戊辰戦争時に会津藩で藩士子弟(16歳から17歳)によって編成された部隊のことを言います。
 会津藩は、西軍(薩長土肥)に目の敵にされた為、江戸城明け渡しが行われても、尚、許されることはなく、遂に藩内に西軍を向かい入れての防衛戦を行わなければ成らなくなります。
 そんなわけで国民皆兵・学徒出陣然り、藩内の男児は皆各部隊へと入隊していくのです。
 
 会津と言う土地は、山河に囲まれた自然の要塞みたいな地域なので、その攻撃ルートも限定されていました。
 南から攻め行った場合、最も標準的なルートは、白河口と言うところです。
 有名な白河の関に通じている道で、東北地方及び北海道を"白河以北"と言ったり、甲子園の優勝旗がなかなかここを超えられなくて昭和の時代には、毎年夏に甲子園で東北・北海道勢が活躍すると「今年こそ、深紅の大優勝旗が白河の関を超えるか!?」なんて言われたものです。
 余談ですが、甲子園の深紅の大優勝旗が白河の関を初めて超えたのは、2004年の駒大苫小牧高校が優勝した時です。白河の関どころか津軽海峡も超えちゃったってことです。更に余談ですが、前年の2003年には現在の日本ハムファイターズのダルビッシュ有、要する東北高等学校が準優勝しています。翌年の2005年は、現在の楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手が優勝投手となり、駒大苫小牧の二連覇となっています。
 
 
 話を戻して、会津戦争の続きです。
 山河に囲まれた会津に攻め込む為には、考えられる道が7本あったと言われています。
 最も重要だったのが、先程挙げた白河口(現在の国道294号線)と日光口(現在の国道121号線)、次が二本松口(現在の国道49号線)です。
 会津側は、この三道に主力を配置して防備を固めていましたが、西軍は虚を突き、一番道の険しいと言われていた"母成峠"を超えるルートから攻めいったのです。
 この時、唯一この動きに気がついていた旧幕軍の伝習隊(隊長、大鳥圭介・参謀、土方歳三)がいたのですが、いかんせん兵力が少なく、しかも伝習隊は江戸育ちを中心に編成された部隊であり、会津の山奥は不慣れの上、会津藩兵の方が先に後退するという事態に陥り(2日連続で会津藩兵のが先に後退している為、殿をすることになった当時最高クラスの火器を有していた伝習隊はここで壊滅的な打撃を受けてしまいます)、母成峠の戦いは会津側の敗退で終わるのです。
 母成峠越えは、道は険しいが抜いてしまえば会津若松城下まで50キロ程度しか無く、西軍は母成峠の戦いの二日後の朝には、会津若松城下へ突入する事態となるのです。
 そして、この時に有名な白虎隊と言うのが登場します。
 母成峠を抜かれた会津藩は、予備兵力として城下においてあった白虎隊以下、女性で編成された娘子隊まで繰り出して防戦に努めますが、最重要である日橋川にかかる十六橋が頑丈な石桁橋だったのが逆に災いして落として防ぐことが叶わず、勢いに乗ってやってくる西軍を城下に入れまいと戸ノ口原で迎え撃ちますが、少年兵隊や女性隊が板垣退助・伊地知正治率いる土佐・薩摩藩兵にかなう筈もなく、鎧袖一触とはこのようなことを言うもので、敗れた白虎隊士は城下に戻ることも能わず、負傷者を抱えてとにかく城を確認しようと郊外の飯盛山に逃れるのです。
 そして、ここで有名な白虎隊士の悲劇が起こります。
 飯盛山に逃れてきた白虎隊士中二番隊の隊員たちは、城の様子を確認しようと城を眺めると城が燃えているように見え、落城したと誤認してしまいこの場所に辿り着いた総勢20人が皆自刃してしまうのです。
 実際は、まだ城は落城してはいなくて、隊士たちが見たのは市中の火災であったのですが…。
 ちなみに何故このようなことがわかったのかというと自刃した20人の中の1人、飯沼貞吉が一命を取り留めた為にこの白虎隊伝説の詳細が世に残ることになったのです。
 
 
 この白虎隊に関しては、詳細を知りたい方がいらっしゃれば、1986年に日本テレビで放送された「白虎隊」を視聴することをオススメします。
 このドラマは超面白いです。こんなの地上波でやってたのかよ!?って思うくらいです。
 最後の60分は泣きっぱなし間違い無しです!
 
 …ただ、その泣きっぱなしに行くまでに4時間くらいかかります!!
 なんせ全部で5時間くらいあるドラマなので。
 
 ちなみにこの白虎隊のドラマで、新選組の沖田総司をやっているのが中川勝彦さんって方で、中川翔子さんのお父さんにあたったりします。
 
 白虎隊以外にもこのシリーズには、「忠臣蔵」「奇兵隊」「田原坂」「五稜郭」とありますが、ココマデならどれを見ても外れはないくらい面白いです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ・【政治】「世界世論への発信なさすぎる」鳩山氏 菅外交を批判?それとも自己反省?
 
 
Datsuzeisori
 
 
 テレ朝が米倉ドラマで「脱税するやつは日本の道路歩くな 日本の空気も吸うな」って言わせてるんですけど、このドラマに鳩山さんの出番はないのですか?
 
 
00000199001
 
 
 是非、ナサケの女に登場させて欲しいーの。
 
 
 
 
 
 
 
 
 ・教員5100人、講習未受講で免許失効の可能性
 
 
 コレって普通に「輿石当選! ヨッシャー!! 教員免許更新制なんて無くなるぜ、ウフフ」って言ってたのが、国会がねじれたりしたから民主党も通すに通せなくって、反対してた日教組教員が焦ってるだけじゃないの?
 
 
 
 
 
 
 
 
 ・【速報】イチロー衝撃発言!「もうカレーは食べてない」
 
 
2010111140
 
 
2010111138
 
 
 さすがにこれとこれを一緒にされたらブチキレるわ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
 
 

|

« A√4。 | トップページ | 鳴沢が先か、舞島が先か、そこが問題だ。 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

あさって忍城いってくるよー。
武者行列とかのお祭りもあるみたい。

投稿: Hild | 2010.11.12 20:50

忍城も不落の名城だからいいねー。
 
忍城の武者というと奥平松平家か。
丸に三つ葵の旗が立ち並ぶのかな。
藩祖忠明は奥平信昌の子だけど、家康の娘の子でもあり、優秀なので私は好きです。家康にも可愛がられ、豊臣家亡き後の大阪城代になってる程の人物ダナ。
甲斐姫がいたのもココだっけか。

投稿: あきの | 2010.11.13 01:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45505/50000844

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国武将データファイル 18号。:

« A√4。 | トップページ | 鳴沢が先か、舞島が先か、そこが問題だ。 »