« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010.09.30

戦国武将データファイル 15号。

 昨日20:30臥床。本日5:00起床。気温20℃。天気:雨。歩数15305。
 結局、体調を崩す。いろいろな怒りのせいか、熱が上がり帰宅後計ったら37.8℃あった。
 早めに寝るが、鼻と喉の痛みで二回ほど起きる。本日も体調不良なり。
 
 
 
Busyo_15
 
 
 
 
 ・戦国武将データファイル 15号。
 
 
 時事は身体にあんまりよくないということで、今日は歴史の方で行きます。
 
 表紙は山本勘助。本当にどう触れていいかわからない。個人的には、何故、大河ドラマにしちゃったのかもわからない人です。
 
 そんなわけで、今回も武将名鑑から取り上げます。
 今号は、佐々成政、伊達輝宗、尼子晴久、田中吉政です。
 
 
 この中ですと田中吉政かなって感じです。
 田中吉政は、有名でもなく無名でもないという微妙な位置にいる武将かと思います。
 あまり何をやった人?と問われて答えられる人も少ないだろうし、人生の派手さもないので、人気も微妙かなと思います。
 ただ、私は個人的には好きな武将です。
 なんというか、信頼の置ける感じなのです。
 
 出自は、近江宮部村と言われ、宮部継潤に仕えたことにより、その後、豊臣秀吉に見出されることになり、信頼されて養子の秀次の宿老となります。
 当時、秀次と言えば、近江八幡に城を構え、秀吉の後継者としてすき放題やっていた時期であり、そこの宿老に付けられるということは、どれだけ秀吉が吉政を買っていたかわかると思います。
 ちなみに宮部継潤もマイナーですが、秀吉に信頼され、重用されていて、鳥取では、あの毛利家で無敗の男と呼ばれた"吉川元春"と激戦を繰り広げたりして、優秀な人物です。
 ゲーム会社"チョン栄"では、元主君の宮部継潤と共に評価がイマイチなのは、さすがチョン栄と呼ばれるだけに、日本史を知らないと言えます。
 
 秀頼が生まれ、秀次が疎まれて自害さられると木村重滋や前野親子などと多くの家臣が切腹を賜ったが、吉政は宿老にも関わらず許されました。
 同じような立場であったものには、中村一氏、堀尾吉晴、山内一豊などがいます。
 まあ、名前だけ見ると許された方が有名どころが多いので当然なのかな?とも考えがちですが、木村重滋は当時山城淀18万石の大名であり、前野長康も11万石を治める大名で、しかも秀吉に仕えた最古参とも言える人物なので、それを殺していることから、秀吉の狂気はこの時既に止められないところまで来ていたということでしょうかね。
 ちなみに前野長康と蜂須賀小六は、秀吉の出世物語には必ず出てくる「墨俣一夜城」を手伝った人物と言われ、お互い義兄弟の契りを結んでいたと言われています。
 
 
 吉政は、その後も累進を続け、岡崎10万石の領主として、関ヶ原を迎えます。
 関ヶ原の戦いでは、吉政を含め、先程出てきた中村一氏、堀尾吉晴、山内一豊は皆、東軍である家康に味方しています。
 
 ここでですね、私の一つの見解としては、この四人はこの当時全て、家康の旧領を治めていると言うことを書いておきたいと思います。
 田中吉政が三河岡崎10万石。中村一氏が駿河駿府14万石。堀尾吉晴は隠居していて息子の忠氏が遠江浜松12万石。山内一豊が遠江掛川5万石です。
 秀吉は、信頼できる腹心を家康の旧領に入れたつもりでしょうが、これは本当に甘かったとしか言えません。
 対家康を想定していて、家康の旧領の民兵を使えると考えるのはあきらかに無理があります。
 確かに秀吉は、兵農分離で農民と武士とを分けましたが、農民の協力なくして兵を動かすのは凄まじく大変です。
 その辺を考えるとこの東海地域を治めていた武将たちが、雪崩うって家康側へ行ったのは仕方が無いと言えるかと思うのです。
 
 
 吉政は、関ヶ原後に筑後柳川32万石を与えられ国持大名となります。
 現在の柳川市は、この吉政と後に入る「東に本多忠勝という天下無双の大将がいるように、西には立花宗茂という天下無双の大将がいる」と秀吉に言われた"立花宗茂"によって基礎が作られました。
 
 
 
 
 合戦リストは厳島の戦いです。
 厳島には行ったことがあるのですが、あの狭い町に陶晴賢軍15000人が収まっていたのが驚きです。
 なんか、新しい検証を待ちます。
 
 
 
 
 名城コレクションは米沢城です。
 伊達、上杉と有名どころが居城としてますね。
 生まれ故郷ということもあってか、政宗も秀吉に奪われてから結構最後の方まで取り返すのに拘ってます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 ・照英がバニーガールの格好をしている画像をください
 
 
 これは反則だー!
 
 照英フォルダスゴすぎ。
 
 
 
 
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.09.29

日本経済団体連合会という無能且つ有害な団体。

 昨日21:00臥床。本日5:20起床。気温22℃。天気:晴。歩数7975。
 昨日は早めに寝た。途中、喉が痛くて起きたが、いっぱい寝たので今朝は少し楽みたいだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 ・経団連会長、船長釈放を評価 「批判が多いが、日中関係という国益の優先が最重要」
 
 
 コイツは心底アホだ。
 
 どこから批判するか悩むくらいあるが、まずは今回の釈放と日中関係=国益って言うのは間違ってる!
 正直、国は何も利益を得ていない。
 
 得ているのは、ODAのおこぼれをもらってるテメーらだろうが!!
 
 なんで、おまえらの利益の為に領土を割譲しないといけないのだ!?
 
 
 
 中国進出なんて言って行った馬鹿は、今すぐ、死ねぇぇぇーーー!!
 
 
 おまえらの利益の為に国政を左右されてはたまらない。
 それにさ、普通の国の経済団体は、国の力を使って進出するのに、国の力を削るってどんだけ馬鹿だよ。
 アメリカやイギリスなんて、経済団体が軍隊を動かしてるようなもんなんだぞ。
 思想や安易な領土欲で軍隊なんて動かさないんだよ。
 自国の経済発展の為に国を動かし、その為に外交や軍事行動をしてるっていうのに、日本の経団連は本当にパーばっかりだ。
 結局、WWⅡだってさ、経済戦争の延長だっていうのに、母国がなくなって自分の財産を誰かが守ってくれると思ってるのか?
 朝鮮ですら、今だに"親日家財産没収法"なんて言うので、財産を没収してるのに、中国に併合されて日本人の財産があるとおもってんのか?
 それともユダヤ人のように生きれるとでも言うのか? まあ、どちらにせよ、私にはキチガイの人生としか思えないけどな。
 
 
 
 経団連なんて民間だからまだマシかと思ったけど、やっぱり馬鹿ばっかりだな。
 まあ、経団連なんてところに所属してる企業は、大きいところばっかりなので、今の経営陣なんて、結局戦後に20代とか30代のリアル戦中世代が築いたのを継承してるだけだからな。
 戦後生まれの嘘貧乏世代で学生時代は、全共闘なんていって勉強もせずに暴れて、会社に入ったら、高度経済成長時代とバブルでボーっとしてても給料と地位が上がり、ゴルフと接待で生きていけた世代だからな、やっぱり馬鹿が多いってことがここ最近で顕著にわかったわ。
 
 
 
 経団連なんて、戦前の参謀本部と一緒だ。
 エリートなんて言われてるけど、経済の舵取りは全く出来ないバカ集団。
 
 
 
 そんなわけで、今日は『背の低い人がシークレットブーツを履くように、老害は若者を踏み台にする』という格言をお送りします。
 
 
 
 
 
 
Senrobo
 
 
 あとな、中国がいつまでも↑のような日本より下の国だと思ってる馬鹿な。
 
 
 
Tyuuku
 
 
 今や、↑のを作ろうとしてる超大国ってことをさっさと学べや!
 戦争しても絶対に勝てないからな!!
 
 
 まあ、政治で負けたら戦争で勝てることは万に一つもないけどな。
 
 戦争とは、「政治で負けた国家が一発逆転」を狙って起こすか、「政治で勝ってる国が結果を知らしめる」ために起こすものでしかない。
 
 
 
 
 
 ・【日中】日本の民主主義を利用し、反中の政治家を落選させることが重要だ―中国紙
 
 
 あと、ほらよ。
 先日ちょっと書いたような気がするけど、向こうは合法的にも占領する気マンマンだぞ。
 
 外国人参政権を推進してるヤツは、例外なく『売国奴』だってことさ。
 
 
 
 
 
 
 ・中国船、一日に270隻尖閣に接近 70隻領海侵犯 石垣市議会「日本政府いい加減にしろ」
 
 ・米掃海艦が初入港=中国けん制?抗議の声も-沖縄・宮古島
 ・普天間、県外移設を要求=議会で表明、政府は窮地に―沖縄知事
 
 
 石垣島 → 沖縄県石垣市
 宮古島 → 沖縄県宮古島市
 
 
 基地移設して、守ってくれって……
 
 
 知るか、バーカー!
 
 
 おまえらがいい加減にしろ!!
 
 
 
 
 
 
 
 ・横浜がプロ野球史上初の快挙!3年連続90敗を達成
 
 
 最後は和み系で。
 
 
 イチロー 9年連続200本安打 → 10年連続200本安打へ
 
 『イチローを超えるのは、イチロー』
 
 
 ヨコハマ 2年連続90敗 → 3年連続90敗へ
 
 『ヨコハマを超えるのは、ヨコハマ』
 
 
 
 
 
 
 
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.28

戦国武将データファイル 14号。

 昨日22:30臥床。本日5:30起床。気温20℃。天気:雨。歩数13435。
 アレルギーからくる鼻炎で鼻水が止まらないのかと思っていたら、どうやら体調不良みたいだ。
 風邪をひいたのだろうか?
 
 
 
 
 
Busyo_14
 
 
 
 ・戦国武将データファイル 14号。
 
 
 度々止まる戦国武将データファイル。
 14号は、蒲生氏郷が表紙です。氏郷はあまり興味がないので、詳しくありません。
 
 武将名鑑は、小西行長、古田織部、蘆名盛氏、加藤嘉明です。
 この中だと蘆名盛氏かなって感じなので、今日はその辺の話をちょこっとします。
 
 
 蘆名盛氏は、蘆名氏第16代目当主。蘆名氏の全盛期を築いたとして有名です。
 正室は、伊達藤次郎政宗の曾祖父さんにあたる伊達稙宗の娘さんです。
 そんなわけで、伊達と蘆名って仲が悪そうですけど、実は結構姻戚関係が深いです。
 まあ、それは東北諸藩の特徴でもあるんですけどね。
 伊達政宗が奥州の覇権を争った相手が、尽く姻戚関係なのは、曾祖父さんの稙宗のせいだったりもします。
 
 
 それで、蘆名盛氏は会津蘆名氏の16代目となるのですが、蘆名氏の出は相模の三浦氏と言われ、鎌倉以来の名門ですね。
 三浦氏は、桓武平氏の出なのですが、源頼朝の兄である鎌倉悪源太義平を支援したり、頼朝が挙兵するとすぐに参加にはせ参じたりと源氏色が濃いお家柄です。
 それでですね、盛氏の父に当たる蘆名盛舜なんですが、13代当主の盛高の次男なんですが、14代の兄盛滋に子がなかった為、家督を継いだという経緯があります。
 しかし、家督相続後に盛幸が生まれるという、豊臣秀吉しかりの家督相続争いの火種が出来るんですが、ここは揉めずにうまく納まります。
 
 そして、盛氏は嫡男盛興に家督を譲るが、盛興が29歳の若さで急死してしまった為、二階堂氏から盛隆を養子に迎えて、家督を継がせますが、盛隆も23歳という若さで寵臣に殺されるという次第になってしまい、その後はお家騒動を繰り返し、蘆名氏は滅亡へ向かって加速して、その後、第22代蘆名千鶴丸で滅亡してしまうのです。
 
 
 ただですね、先程出てきた盛氏の叔父にあたる、盛滋の子、盛幸の家系は伊達家に仕えることで存続し、その後も脈々と血を繋いでいるのです。
 
 
 ちなみに今号の表紙の蒲生氏郷は、蘆名→伊達→蒲生と会津の領主が変わっていったので、意外と話に繋がりがありましたね。
 
 
 
 
 合戦リストは備中高松城の戦いです。
 どこですか? と日本地図を広げて問われて、備中高松城を指せる人は少ないと思いますが、水攻め、本能寺の変、大返しと歴史の起点になってますね。
 
 
 
 
 名城コレクションは金沢城です。
 学生の頃、見に行ったことがありますが、感動したりとかそういうものはなかったかな。
 印象としては、なんかイメージより狭かった記憶があります。
 
 
 
 
 
 
 
 ・「日本人の誇りを傷つけられ我慢できなかった」 福岡の男性が、船長釈放について検察審査会に審査開始を申し立て
 
 
 あぁ、これは賢いやり方なのかもね、取り敢えずは。
 
 
 
 
 
 
 ・これほど日本国民が一体となって激怒したことが今までにあっただろうか
 
 
 >>「売国奴!」「辞めちまえ!」
 
 >>大相撲秋場所の千秋楽だった26日夕、菅首相が優勝した横綱白鵬に総理大臣杯を手渡すために東京・両国国技館の土俵に上がると、客席からすさまじいヤジが飛んだ。
 
 
 これって本当なのかなぁ~? と思うくらい私は、日本人に不信感がある。
 
 
 
 
 
 
 
 ・【FF14】 秋のBAN祭りキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!
 
 
 >>220 グラフィックデザイナー(愛知県)[sage] 2010/09/27(月) 20:25:38.03 ID:99U0IRlC0
 
    中国語で報告しないから理解できなかった
 
 
 
 「ああ、なるほど」とここでオモタ。
 
 
 
 
 
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.27

無題。

 昨日22:30臥床。本日5:20起床。気温21℃。天気:雨。歩数4593歩。
 栗をもらったので渋皮煮が食べたいと言ったら、皮を剥けと言われたので頑張った。
 
 
 今日は雨の月曜日だからか、忙しくて書いている暇が無い。
 ニュースもつまらないものばかりなので、触れたくもないので、良かったのかも知れない。
 
 
 
 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.26

ストライクウィッチーズ2 最終話「天空(そら)より永遠に」

 昨日23:55臥床。本日5:10起床。気温21℃。天気:晴。歩数6941。
 今日は早起きして、先週と同じようにチャリでそこら辺を廻ってみた。
 季節を間違えた気がした。

 
 
 
 

Mina

 

 

 

 ・ストライクウィッチーズ2 最終話「天空(そら)より永遠に」

 

 

 

Mossann

 

 

 

 

オワッタ……501、オワッタ……。

 
 
 
 
 

Torude

 

 

 

 いや、いや、いや! これダメだって!!
 この終わらせ方しちゃうと、もう3期あっても別物になっちゃうじゃん!!!
 
 

 

 

Emt

 

 

 

 

いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーー!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

 
 
 
 
 

Shirley

 

 

 

 

 最終回のストーリー良かったよ、うん、スゴく良かった。
 でも、これだと芳佳ともっさんは、アウトじゃんcrying

 …ということは、501としては終わりになっちゃうじゃないかーーーーー!!

 
 
 
 

Rukkini

 

 

 

 私は今までの感想では、全然、芳佳を持ち上げたりはしてきませんでしたが、芳佳ほどの主人公キャラはなかなかいないなと思ってたんですよ。
 こういう個性的なメンバーを纏めるのには、芳佳が最適であって、もうこれ以上は無理だから、芳佳がいなくなったら、501なくなっちゃうじゃん!

 まあ、制作者サイドとしては、これをわかっててこういう締めにしたんだろうから、「501はこれで終わりだから」って言ってんだろうけどさ…。
 最後に他の部隊押しをしたので、次を作るとしたら、この中からとかになるんだろうけどさ。

 
 
 

Sanya

 

 

 

 

あぁぁぁーーーーーー! もう!!

 
 
 
 
 

Eira

 

 

 

 それガンダム方式じゃん!!
 ファースト → Z → ZZのパターンは、あまり好きじゃないんですよね。
 アムロの出てこないガンダムなんて、ガンダムじゃないんですよ!! 故に逆シャアは大好き。
 
 

 

 

Perinu

 

 

 

 

 主人公である芳佳をこうやって葬り去れちゃうと、次は他の子にするんだろうけど、んーーッ、それはいいんだけど、501が良すぎてなんか寂しいんです。

 なんか、ピンチにシャーリーとかお姉ちゃんとかが出てくる展開は燃えるんですが、やっぱりメインでなくなっちゃうだろうから、寂しいだろうことが予想されるんですよね。

 このパターンでの復活は異端児、種 → 種死のパターンしかないな!!

 
 

 

 

Rine

 

 

 

 

 はぁぁぁ、良すぎてショックっていうのは、本当に珍しいわ。

 最後に纏められて、初めてこの501部隊の纏まりの良さがわかったです。

 

 

 

 

Yosika

 

 

 

 もう逆転は、ネウ子とパパの力に頼るしかないだろうけど、最後の鳥の治療のシーンとか見せられちゃうとねー、芳佳の話はここで終りになっちゃうんでしょうね。
 芳佳、ずっとお母さんやお祖母ちゃんのような医者になりたいって言ってたのに、そう考えると結構、残酷なエンドだわ。

 
 
 
 
 
 

 

Sinden

 

Owari

 

 

 

 

喪失感が凄まじい。




 
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010.09.25

開いた口がふさがらない。

 昨日23:30臥床。本日5:20起床。気温17℃。天気:雨。歩数17763。
 雨の為もあって寒い。今晩から夏掛けじゃなくて、温かい布団にしないと凍えそうだ。
 
 
 
 
 
 
 ・中国人船長、処分保留で釈放
 ・中国、今後は報復カードで永久に日本を経済支配
 ・【尖閣問題】 船長釈放決定でも、中国では「日本は謝罪しろ」「戦いは始まったばかり」の声…日本の対応を評価する意見なし
 ・アメリカ紙「日本の屈服はあまりにも早すぎる」
 
 
 アホ過ぎて触れたくもないんだけど、触れざるをえないよな。
 
 
 昨日は、戦後最大とも言える"国辱記念日"だ。
 
 
 しかもそれが、
 
 
 ・いらだつ首相「超法規的措置は取れないのか」
 
 
 自国の総理によって先導されていたこと。
 
 
 わかってる人は、これがどれだけダメなことかすぐにわかるんだけど、多分、わからない人が9割くらいいるのが日本人なんだろう。
 調べればすぐにわかると思うので、ここではワザワザ書きませんが、書いてると吐き気がするしね。
 こんなことをやめさせるには、どうしても教育を改革しないともうどうにもならなくなってると思う。
 このニュースが流れた途端、国会議事堂にはデモ隊が繰り出され、首相官邸には投石されるくらいじゃないとどうにもならない。
 デモとかって、左的で嫌いなんだけど、これは首相を引き摺り出して、市中引き回しの上、打首獄門しなきゃいけないくらい、日本国としての尊厳を失わせた事態なのだ。
 あと沖縄な。もう普天間固定してやれ。そして、もう中途半端なことしてないで、全島を永久要塞並びに不沈空母化してやれ。もう同情もしないし、話も聞きたくない。
 
 
 マスコミ各社もさ、24時間ぶち抜きで特集組むくらいしろよ!
 
 今回の事態は、『領土を犯され』『国民を人質に取られ』『司法をねじ曲げられて』んだぞ。
 
 
 領土と国民と法律なくして、なんで国家を名乗れるのか!?
 
 
 国家の三要素とは、
 
 ・領域(Staatsgebiet:領土、領水、領空)- 一定に区画されている。
 ・人民(Staatsvolk:国民、住民)- 恒久的に属し、一時の好悪で脱したり復したりはしない。
 ・権力(Staatsgewalt)ないし主権- 正統な物理的実力のことである。この実力は、対外的・対内的に排他的に行使できなければならない、つまり、主権的(souverän)でなければならない
 
 以上を言うのである。
 
 
 
 
 もはや、日本国は国家ではない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ・Yahoo知恵遅れが相変わらずのクオリティすぎてワロタwwww
 
 
 昨日の昼休みは、知恵遅れすぎ!!って楽しく笑っていたのに、夕方になったら本当の知恵遅れは国会に居たことをニュースで知ったさ。
 
 
 
 
 
 
 
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.09.24

ベイビーステップが凄まじい件。

 昨日22:30臥床。本日5:32起床。気温17℃。天気:曇。歩数1693歩。
 昨日も夜起きてしまった為、朝、寝坊気味になる。
 急に涼しくなってきたので、今日から長袖を着る。
 
 
 
 
 

ベイビーステップ(10)

ベイビーステップ(10)

価格:440円(税込、送料別)


 
 
 
 ・ベイビーステップが凄まじい件。
 
 
 週刊少年マガジンで連載中のテニス漫画です。
 某ジャ○プのテニヌ漫画(コレはコレで嫌いじゃない)とは違い、かなりマトモなテニス漫画でずーっとアンケートも高評価で出し続けてるくらいお気に入りの漫画だったりもします。
 
 それでですね、真面目なテニス漫画だけあって、ラブでコメってる部分にちょっと物足りなさを感じていたのですが、今週号で爆発しました。
 
 主人公の栄一郎とヒロインのなっちゃんは、もう結構長い間、友達以上恋人未満って言う関係を続けてて、見てるコッチが「もうくっついちゃえョ!」って言いたくなる展開が何度もあり、その度に私は胸を熱くさせ、ドキがムネムネしたり、作者の罠にまんまとはまっていたんですが、それがこの大事な大会前の前日にこの展開ですよ!!
 
 
 
 
 
 
 
Natua
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Usojyan
 
 
 
 
 
 なんて言うか、ここに来るまでのひきが凄かったって言うのもあるんですが、前々からなっちゃんの天真爛漫さにはヤラれてましたが、コレで落ちない男がいたら見てみたいわって感じです。
 
 
 いやー、今週のベイビーステップは、マジで凄まじかったです。
 
 
 ちなみにこの話が凄まじいのは、2chでもほとんどがこのエーちゃんとなっちゃんの関係を祝福してること。
 マガジンの中には、君のいる町とかGEとか、ラブコメを主にしている漫画があるんですが、申し訳ないが今回のベイビーステップには足元にも及ばないわ…。
 
 
 そして、エーちゃんが最後に「人生 予想外だな…」って、ボソッと言うんですが、コレがまたね。
 
 計画をきっちりたてて行動する栄一郎の言葉だから重みがあると言うか、感嘆ぶかいと言うか、いいセリフだと思いました。
 
 
 
 
 
 
 
 ・クルム伊達公子 世界ランク20位を圧勝で退ける マジで人間じゃないだろ
 
 
 丁度いいテニスネタを1本。
 
 10代でピークが来るとも言われているテニス界で、コレはスゴイと思う。
 引退が早かったのか、晩成型だったのか、とにかく確変きたわー。
 
 
 
 
 
 
 
 ・【尖閣問題】 中国・河北省石家荘市で拘束されたのはゼネコン「フジタ」の日本人4人
 
 
 >>遺棄化学兵器関連事業
 
 
 土下座外交の結果バロス。
 
 これは自民党・媚中派に責任がある。
 
 
 
 
 
 
 ・【政治】あの大訪中団って、一体…? 無意味だった民主党・小沢氏の「媚中外交」
 
 
 そして、テメーらは、旅費・経費を全額国庫に返して、辞表を出せ。
 
 
 
 
 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.23

無題。

 昨日22:30臥床。本日6:30起床。気温20℃。天気;雨。歩数16254。
 昨日の夜もなんか眠れずに途中で起きた。
 今日は墓参りに行く。本家に行ったが、雨の中、予想よりいっぱい集まっててビビる。
 お墓に行った時にちょうど雨が止んでいてよかった。

 
 
 
 
 

 ・【政治】 「最小不幸社会をつくる」 菅首相、途上国支援に7200億円を拠出する方針を表明

 

 >>2 :名無しさん@十一周年:2010/09/23(木) 08:12:37 ID:tNNAN7sf0

  

   そんな金があるなら、国内に使え

 
 
 

 45秒で終了してた。

 鳩山以来、何度もこういう記事を取り上げるけど、>>2以外の答えはない。

 
 

 日韓併合をみろ。
 財政破綻し、インフラも整ってなく、餓死者も多数出す朝鮮半島にどれだけ当時の日本国は投資したと思ってんだ。
 その結果、当時の東北地方の貧困を産み、餓死者を産み、子供は男は丁稚奉公に女は身売りされるということが起こったのだ。
 そして、そのツケが今だに東北地方のインフラの遅れを招いているのに、まだやるのか!?
 挙句、そのチョンが今の日本になにしてると思ってんだよ!

 

 外国への投資をするなとは言わないが、するなら確固たる戦略を持ってやれってんだ!

 

 あと簡単に7200億なんて数字を出すな。
 単純に7200億を国内にぶっこめば、144000人に年収500万円の仕事が与えられ、その人達が使う金は、その数倍、数十倍になって返ってくるだろう。

 
 
 
 
 

 ・中国メディアが提起する「日本を言いなりにさせる3つの方法」

 

 ドンドンやってこいや!

 時代は『中国進出』なんて言って、行ったバカ企業も潰れろや!!

 

 中国をナメるなと私は何度か言ってきましたが、丁度いい機会だ。

 破裂するなら、破裂してしまえーー!

 
 
 

 まあ、でも、私は日本人なので、シナ人にはウィンストン・チャーチルの有名な回顧録を捧げます。

 

 『日本人は無理な要求をしても怒らず、反論もしない。笑みを浮かべて要求を呑んでくれる。しかし、これでは困る。反論する相手を捩じ伏せてこそ政治家としての点数があがるのに、それができない。それでもう一度無理難題を要求すると、またこれも呑んでくれる。すると議会は、いままで以上の要求をしろという。無理を承知で要求してみると、今度は、笑みを浮かべていた日本人はまったく別の顔になって、「これほどこちらが譲歩しているのに、そんなことをいうとは、あなたは話の分からない人だ。ことここにいたっては、刺し違えるしかない」といって突っかかってくる』

 

 これは、1941年12月10日、マレー半島クァンタンの沖合いでイギリスが誇る戦艦プリンス・オブ・ウェールズと巡洋戦艦レパルスの二隻が日本軍によって撃沈されたときの日記の一部です。
 そして、この2戦艦を沈められたという情報は、第二次世界大戦中でチャーチルが最もショックな出来事であったとも書いています。
 そんなわけでチャーチルは、これによってイギリスはシンガポールを失い、インドでも大英帝国の威信を失うのではないかと心配しながら次のように書いているのです。

 

 『日本にこれほどの力があったのならもっと早くいってほしかった。日本人は外交を知らない』と書き綴っています。

 

 つまり、日本は相手に礼儀を尽くしているだけで外交をしていない、外交はかけひきのゲームであって誠心誠意では困るんだよということを言っているのです。

 要は本当の政治家というのは、世界各国々との関係も大事だが、選挙で選ばれる以上、国内向けの顔もしなくてはならないので、その辺を丁々発止するのが外交なのに、日本人の外交は仲間内での相談でしかないと批判しているのです。

 
 

 そして、少し話は逸れますが、上記したチャーチルの話はとても有名でいろんなところで見かけるのですが、実はチャーチルがコレを言ったのが、何時だったのかということはあまり書かれていないので書いておきます。
 これはWWⅡ後にアジアの英国植民地が次々に独立した為、チャーチルの失政ではないかという責任問題の話が出ていたので、それに対する言い訳もあったわけです。

 簡単に言えば「あんなヘラヘラしてた奴が急に殴ってくるなんて、予想できねーよ!!」って言ってるのですよ。
 マンガで言えば、苛められっ子が逆ギレして、「うぁぁぁぁぁぁぁーーー!」って、手をグルグル回して殴ってきたのが、たまたま当たちゃって「イテーぇーなー、ゴラっangry」ってなって、それでまあ、ボコボコにはしたんだけど、「アイツ、殴り返すなんて勇気あるな!」って廻りの評価が上がってしまった為、苛められっ子たちが団結しちゃって、苛められなくなったじゃねーかって言われても「そこまでよめねーよ!!」って言ってる感じかな。

 

 正直、今日の例え話はしなきゃよかったと思うレベル……。

 

 もう今日はこの話は尻つぼみで終わりにします(;´д`)

 
 
 
 
 
 

 ・正式サービスが開始したFF14、チョコボをチョコポ(Chocopo)と表記するありえないミスを犯す

 

 またシナとも同じ鯖とかにするんでしょ~。

 なんか、この辺がどうも好きになれんわー。

 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.22

無題。

 昨日23:10臥床。本日5:20起床。気温32℃。天気:晴。歩数17013。
 プールで2キロほど泳ぐ。50分くらいで泳げた。自己ベストだ。
 
 
 
 
 
 ・マック クォータパウンダーチーズ 200円。
 
 
P9224641
 
 
 
 クォータパウンダーチーズが、7日間の200円セールをやっています。
 もう今日で5日間の内、3回も食べました。
 
 
 食べ過ぎです。
 
 
 このセットで、1100キロカロリーくらい行くんですよね。
 昨日プールで全力で泳いだ分が吹っ飛ぶくらいです。
 ただ歩いて消費しようとしたら、20キロは歩かなくちゃって距離分です。
 
 
 恐るべき罠。
 
 
 
 
 
 
 ・【政治】長妻昭前厚労相、首相補佐官就任も見送り 閣僚退任後、テレビ各社の番組に出演していたが…
 
 
 
Musutamuno
 
 
 
 ミスター無能、仕事中に笑わせんな!!
 
 
 
 
 
 
 
 ・検索フレーズランキング。
 
 
 1位:えふえふしゅー Havyayo
 
 
 ピンポイント過ぎ!
 
 あよさん、探してるの誰だw
 
 
 
 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010.09.21

映画「ライトスタッフ」

 昨日20:30臥床。本日5:10起床。気温23℃。天気:曇。歩数6134。
 昨日は昼間に掃除を頑張ったので、眠くて早く寝てしまった。
 
 
 
 
 
The_right_stuff_p
 
 
 

 ・映画「ライトスタッフ」
 
 
 ずっと前から観ようと思っていたのですが、放映時間の長さ(193分)に押されて放置していたのをやっと観ました。
 
 率直な感想として、ホンっとに今まで観なかったのは失敗でした。
 3時間以上の長編なのに一気に観れました。それくらい面白かったです。
 
 たぶん、私の好みに非常に合うのが、これが史実だからだと思います。
 
 
 
 そんなわけであらすじを紹介。
 
 1947年のアメリカ、モハーベ砂漠の中のエドワーズ空軍基地。
 テストパイロットのチャックはロケット機ベルX-1を駆り危険なテスト飛行に挑む、そしてついに音速の壁を破る。その後、基地にはパイロットが続々と集まり、速度記録も上がっていくが、事故は止むことがなかった。
 やがて、ソ連の世界初の人工衛星スプートニク1号打ち上げ成功の緊急ニュース(スプートニク・ショック)が届き、慌てた政府は、新たにNASAを創設して、各軍の精鋭パイロットから宇宙飛行士候補者を募ることにする。空軍のチャックやその仲間は拒否したが、他のパイロットらが応募し、厳しい検査を経て7人が選ばれる。
 NASAへの不満、意見の対立、ライバル国のユーリ・ガガーリンの世界初の有人宇宙飛行の成功等を乗り越えて、宇宙へと飛び立った飛行士達は、世間の注目を集めていった。
 その頃チャックは、ソ連が持つ高度記録に挑むため、一人で最新鋭機NF-104を駆り上空へ飛び立つが、青空を飛び越えて星々を目の前にしたところで制御不能になり墜落。負傷しながらも脱出に成功し、生きて同僚らの元に帰る。
 「ライトスタッフ」の7人の中で取り残されていたゴードン・クーパーが宇宙へ飛び立ち「アメリカ人最後の宇宙単独飛行」の記録を成し遂げた。それと同時に(最終目的であるアポロ計画へ前進するため)当初の目的を達成したマーキュリー計画は、その役目を終えて華々しく終了を迎えた。(Wiki参照)
 
 
 アメリカ西部劇時代を抜け出してきたようなシーンから始まるこの映画。
 馬と砂漠と寂れたバーに集う荒くれパイロット達は、人類初の音速マッハ1突破に凌ぎを削っていました。
 4回に1回の確率で死が訪れるという危険なテストパイロットと言う職業につきながら陽気に振舞うパイロットとその影で夫の死に怯える妻の寂しさや悲しみが前半部分で見せられていきます。
 その中でもエースパイロットと言われていたチャックは、音速挑戦の二日前に奥さんを馬で追いかけて落馬し、肋骨を折る怪我をするが、それを黙って搭乗し、世界初の音速突破を達成する。
 その時、搭乗口を閉める為に前かがみにならないといけなかったのですが、肋骨の折れているチャックは前かがみになれなかった為、モップの柄の先端を30センチくらい切った棒を使って閉めたのは史実にもある逸話を使われてました。
 ちなみにこの時使われたベルX-1航空機は、国立航空宇宙博物館が舞台の一部になっていた為、「ナイトミュージアム2」にもちょこっと出てきます。
 
 音速突破後も高速飛行競争は続けられ、1953年11月20日にスコット・クロスフィールドがマッハ2を突破すると、チャックは同年12月12日にマッハ2.44を達成して、最速の男の称号を取り戻したりと命がけの熾烈な争いを続けていましたが、1958年に"マーキュリー計画"が発動されるとパイロット達は航空機の速度争いから、宇宙開発計画へと転身していくものが増えるのです。
 この時、実はチャックも宇宙飛行士候補にあがってはいたのですが、荒くれ者だった彼と彼の仲間たちは使い辛いと言う上層部の意見と映画の翻訳では「大卒じゃない」って理由で外されてしまうのです。
 
 そして、この時応募し、合格した7人の宇宙飛行士候補を「マーキュリー・セブン」と呼びます。
 メンバーは「アラン・シェパード」「ガス・グリソム」「ジョン・グレン」「スコット・カーペンター」「ウォルター・シラー」「ゴードン・クーパー」「ディーク・スレイトン」の7人です。
 ちなみに↑に書いた名前の順番で宇宙に飛んでいます。
 
 
 この中で興味深い人生を送るのは、まずはガス・グリソムです。
 
 彼はアメリカで2番目の宇宙飛行を経験したパイロットとなるのですが、宇宙飛行を終え、地球海面への着水後に宇宙船のハッチが開いたことによって、大事な情報の詰まった宇宙船が水没してしまうということが起こった為、この責任がハッチの誤作動か、グリソムのミスかで大きな問題となった為にマーキュリー・セブンとしては、非常に栄光から遠い人生を歩むことになります。
 しかも、彼はこの後のアポロ計画にも参加しているんですが、その時の宇宙船船内訓練中に火災事故で亡くなるのです。
 この時の事故の要因の一つとして、中からハッチを開けるのに90秒もかかり、逃げることが出来なかったというのがあるのですが、宇宙船を開発したノースアメリカン社は、NASAにハッチを外開きにして、爆発ボルトで開けるように提案していたのですが、前述したマーキュリー計画でのハッチが勝手に開くという事例の為、認めなかったというのがあるのですよ。
 まさに不運の人と言えます。
 
 
 3番目に飛んだジョン・グレンは、アメリカ初の地球周回軌道を飛行した宇宙飛行士です。
 この時、飛んだスピードが時速2万7000キロメートルで地球を3周したということなので、「秒速8キロメートル」となります。ちなみに桜の花びらが落ちるスピードは「秒速5センチメートル」なのは、基本です。
 
 彼は、マーキュリー・セブンの中でもスゴく弁が立ち、映画でも目立っています。
 飛行後は、ニューヨークでパレードしたり、あの有名なJ・F・K(ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ)大統領に祝福されたりとグリソムに比べて超恵まれていますね。
 ちなみに彼はまだ存命中で、1998年のスペースシャトルのディスカバリーで宇宙に飛び立っており、一緒に行った"向井千秋"さんとの地球交信中に後ろでウロウロしていたおじいちゃんが、彼です。この時、御年77歳です。
 
 
 マーキュリー計画としては、最後の6番目に飛んだゴードン・クーパーは、映画の中でもすごくいい若者の役で出ています。
 チャックには、ヒヨッコと呼ばれていましたが、ライトスタッフと言う映画の題名にもなっている主題を彼が映画の中で語るシーンがあるのですが、ライトスタッフ「己にしかない正しい資質」と言う話をする時がすごくドキドキするのです。
 
 
 
 そんな感じで途中は、宇宙飛行士の話になってしまうので、最初に出てきていたチャックはものすごく影が薄くなりますが、最後に見せ場を持ってきます。
 世間の注目が宇宙飛行士に向かう中、チャックは、寂れた飛行場でソ連の持つ高度記録に挑むのです。
 
 予算も削られ、この飛行場も閉鎖だよなんて話の出る中、NF-104をかって大空へ向かうチャック。
 青空を超えて、宇宙の星々が見えるシーンがこの後あるのですが、ここは胸が熱くなります。
 しかし、この宇宙の星々が見えた直後に航空機は制御不能となり墜落。頭と腕に三ヶ所の火傷を負うも生還し、映画はこの後、ゴードン・クーパーが宇宙へ飛び立ち「アメリカ人最後の宇宙単独飛行」の記録を成し遂げ、マーキュリー計画はその役目を終えたとして終了します。
 
 
 
 映画のストーリーは、史実通り進むので、米ソの宇宙開発競争の流れの通り、ソ連が先行してアメリカが追いかけるって言うのを大統領とか首脳陣の慌てぶりやパイロット達とNASAの技術班との対立、パイロットと家族の関係などを面白おかしく描きながら進んでいきますので、この辺は本当に面白いです。
 あと、マスコミがすごくウザいのも素晴らしいと言えます()
 
 
 
 
 
 
 
 
 さて、ここまで書いて、やっと実は今日の本題を書こうと思います。
 
 
 知っている方は、非常に今日の文章の書き方が、実に大事なことに触れてないと思えたでしょう。
 
 
 
 
 
 それはなにか?
 
 
 
 
 
 実はこの映画の主人公とも言える"チャック"を今までワザと本名をすべて書いていません。
 
 
 
 
 彼の本当の名は『チャールズ・エルウッド・"チャック"・イェーガー』といいます。
 
 
 
 
 そうです「シャーロット・E・イェーガー」の元ネタの人なのです。
 
 

Tyakkusa
 
 
 ちなみにチャック・イェーガーは、このライトスタッフの映画にもチョイ役で出ていたり、ストパンの元ネタの人で唯一存命中です。しかも、日本で自分がモデルのアニメがやっているのを知っていて喜んでいるとも実しやかに言われています。
 
 
 
 
 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.09.20

玉前神社。

 昨日23:00臥床。本日5:30起床。気温25℃。天気:曇。歩数6684。
 今朝は朝から家の廻りを散策した。
 一時間の予定で廻ったんだけど、一時間は超長かった。ものすごく遠くまで行けることがわかった。

 
 
 
 

 ・玉前神社

 

Img_4942

 

 

 参道の「角八本店」のみかん大福を買う為にちょっと行ってきました。

 

Mikanda

 

 

 ↑の画像のね。
 おみやげとかに買って行ったりしますが、賛否両論で皆須らく受け入れられる物ではないみたいです。

 私はすごい好きですけどね。

 
 

Img_4947

 

 

 それとこの間、香取神宮に行った時に後悔していた「御朱印帳」を遂に手に入れちゃいました。

 
 
 

Img_4951

 

 

 ↑が御朱印です。
 頼んだら、巫女さんが書いてくれましたhappy02
 
 
 これからの神社巡りにものすごく活力が湧いてきました。
 
 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.09.19

ストライクウィッチーズ2 第11話「私であるために」

 昨日23:00臥床。本日6:50起床。気温22℃。天気:晴。歩数4983。
 九州物産展に行く。からし蓮根と柚子胡椒を買う。

 
 
 
 

 ・ストライクウィッチーズ2 第11話「私であるために」

 

 急にシリアスになった。
 しかも今回のシリアスはもっさんネタしかないから辛いわー。

 けいおん!は長くて辛かったけど、ストパンは短くて辛い。
 この辺のバランスは難しいな。
 もうストパン2期は「俺たちの戦いはこれからだ」ENDでよかったんじゃねーの?

 

 まあ、最終話の神エンドを期待して、取り敢えずは11話の感想です。

 
 

Ws000011

 

 

 BD、BD!
 湯気活躍しすぎ!!
 

 

 

 

Mosankawa

 

 

 もっさんの泣く理由はともかく、泣き顔はかわいいわー。

 
 
 
 

Yamatofujyo

 

 

 「ヤマト浮上!!」

 …って、コレを言いたかった為に作ったとしか思えない話だったと最終的にはオモタ。

 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.18

にっぽん!

 昨日1:00臥床。本日7:00起床。気温23℃。天気:晴。歩数20726。
 夢の20000歩達成。連休前で忙しかった。

 
 
 
 

 ・にっぽん!

 

Ws000010

 

 

 

 菅改造内閣の顔ぶれは次の通り(敬称略)。

 ◆総理=菅直人(衆)
 ◆総務=片山善博(民間)
 ◆法務=柳田稔(参)
 ◆外務=前原誠司(衆)
 ◆財務=野田佳彦(衆・留任)
 ◆文部科学=高木義明(衆)
 ◆厚生労働=細川律夫(衆)
 ◆農林水産=鹿野道彦(衆)
 ◆経済産業=大畠章宏(衆)
 ◆国土交通=馬淵澄夫(衆)
 ◆環境=松本龍(衆)
 ◆防衛=北沢俊美(参・留任)
 ◆官房=仙谷由人(衆・留任)
 ◆消費者・少子化・国家公安=岡崎トミ子(参)
 ◆金融・郵政改革=自見庄三郎(参・留任)
 ◆経済財政=海江田万里(衆)
 ◆国家戦略=玄葉光一郎(衆)
 ◆行政刷新・公務員改革=蓮舫(参・留任)

 
 
 

 にっぽん! \(^o^)/オワッタ。

 
 
 

 昼に「長妻と千葉、退任へ」って記事をみて……

 

 ミスター無能、バロスwwwwww

 

 ……って思ってたら、夕方になったら、それどころじゃなかったでござる。

 
 
 

Jigoku

 

 

 なんで、トミーとマツが入閣してんだよ!
 
 しかも国家公安って、トミーを見張る役だろが!!
 
 
 松本ドラゴンは、部落解放だぞ。
 
 部落解放同盟は、基本目標に「身分意識の強化につながる天皇制、戸籍制度に反対する」って、大っぴらに宣言してる団体だ。
 
 国務大臣は、陛下に認証される、認証官だろうが!!
 
 
 
 
 お遍路、マジ頭がオムツ。
 
 
 素晴らしい左翼内閣だな。
 
 
 これは年内にも倒閣しないと大変なことになると言っておこう。
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.17

アニメだよ。

 昨日22:30臥床。本日5:20起床。気温22℃。天気:曇。歩数14116。
 昨日は疲れていたみたいですぐに寝れた。連休の予定があるんだけど、まだ纏まらずにいる。
 来月の車検の予定も入れないといけない。
 
 
 
Osimai
 
 
 
 ・うはwwwけいおん!のカードゲーム箱買いしてきたwwwwwwww
 
 
 今日はアニメのお話。
 
 
 けいおん!終わったね。
 ここでは、ほとんど触れてませんでしたが、全部見てました。
 あと一話、あずさの後日談みたいのがあるみたいだけど、一応最終回ということで感想など書いてみたり。
 
 2期も平均的に言えば、面白かったと思いますが、なんて言うか1期ほどの良さは感じませんでした。
 やっぱり2クールと言うのが、けいおんというアニメにしたら長かったというか、それとも脚本の差があったのか、いい話も多かったのですが、いらねーだろっ!話も多かったかなと思います。
 多分、いい話だけをまとめて12.3話にしたら、名作だなと思えたかも知れません。
 
 最終回は結構感動したかな。
 ちょっとあずさの可愛さにやられました。
 やっぱり2期の主人公はあずさだなと思うのですよ。
 最後の「あんまりうまくないですね!」とかは最高に好きです。
 まあ、最後の不満といえば、演奏のままEDを迎えて欲しかったかなと思うことくらいでした。
 そういうコンセプトなんだろうけど、けいおん部なのに全体の演奏が少なすぎたので、最後くらいという思いで……。
 
 総括としては、ちょっとの不満もありますが、総合的にはとても楽しませていただいた作品であったと思います。
 
 
 
 ・学園HOTD。
 
 正直、高城さんちが思想右翼から旧名家みたいになっちゃってから熱が醒めてます。
 そこを変えちゃダメだろと言う思いと確かにこれはストレートにはこれないなと言う葛藤がね、制作者サイドを責めるとかそういう気持ちじゃなくて、ほら、マスゴミの言葉を借りれば「表現の自由」なんじゃないかなと。
 新聞、テレビはいいけど、アニメはダメっておかしいだろ!って思うとやるせないのです。
 この辺の思想右翼とか利権右翼とかの微妙な内容が出てくるのが、この漫画の味のような気がしてるので、まったくもって残念。
 
 
 
 ・あそびにいくヨ!
 
 途中で止まってます。終わったら一気に見る予定…。
 
 
 
 ・アマガミSS
 
 綾辻さん編で本気だす。
 
 
 
 
 
 
 ・OVA『とある科学の超電磁砲』 fripSideのOPジャケ絵が公開されたよー
 
 
 美琴の絵って、いつも違う気がするのは気のせいでしょうか?
 レールガンのアニメのOPとかも、なんか違うって思った時がありましたが、何と言うか、安定してないなーと思うのですよ。
 
 別に嫌いってわけじゃないんですけどね。
 フワッとしてる時とバサッとしてる時は、本当に別人に見える…。
 
 
 
 
 
 
 ・田代まさし容疑者逮捕3年ぶり5回目
 
 
 おまえらこの書き方マジやめろ、仕事中に見ると盛大に吹く(;;;´Д`)
 
 シミケンの時も「清水健太郎容疑者、薬物甲子園6年ぶり5度目の出場」とか書くから盛大に吹いたし、この書き方は笑いが耐えらんねー。
 
 
 
 
 
 
 ・民主党幹事長に岡田氏、総務相・片山氏
 
 
 岡田は、菅に禅譲を餌に説得されたか。
 まあ、3ヶ月先もわからない与党でそんなのは意味ないとわかってるだろうけどね。
 もう土下座外交もやったし、外相を投げ出してもいいと思ったのか!?
 
 あと、総務相予定の前"鳥取県"知事の片山善博だけど、私は「左にあるけど右が島根で、右にあるけど左が鳥取」と言われてから島根と鳥取の位置関係を忘れたことがないので、そういうことだと思ってます。
 
 
 
 
 
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010.09.16

無題。

 昨日0:20臥床。本日5:20起床。気温22℃。天気:雨。歩数16962。
 今日は雨。
 昨日、中学の時の友達と飲みに行ったので、ちょっと二日酔い気味。
 
 
 
 
 
 ・にがくてあまい。
 
 

にがくてあまい(1)

にがくてあまい(1)

価格:560円(税込、送料別)


 
 
 これも巷の噂から買ったんだけど、面白いわー。
 第一話の穀物スープから飲みたすぎ。
 
 野菜が食べたくなる作品です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 ・菅内閣支持率71%↑ 菅氏再選について81%が「よかった」 政党支持率は民主46%↑、自民23%…日経とテレ東の緊急世論調査
 
 
 自民よりマシ ↑
 
 鳩山よりマシ ↑
 
 小沢よりマシ ↑
 
 
 
 アホか!
 
 
 
 ・【調査】 菅直人首相を支持する大学生は65%
 
 
 4割しか内定もらえない理由がわかったわ()
 
 
 
 
 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.15

無題。

 昨日23:30臥床。本日5:20起床。気温25℃。天気:曇。歩数12851。
 急に風が冷たくなってきて、今日は長袖で行こうか考えちゃったわ。
 
 昨日、長文を書きすぎた為、今日はあまり書く気が起きない。
 あんまりそういうことはないんだけど、なんか今日は落ち着かない。
 
 
 
 
 
 ・【ドル円】ドル84.18円まで上げ幅拡大、野田財務相が介入確認
 
 
 しょーりゅーけんワロタ。
 
 やりゃ出来んじゃねーか。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.14

バターン死の行進。

 昨日23:10臥床。同23:50起床。0:30臥床。本日5:25起床。気温24℃。天気:曇。歩数17197。
 もう昨日寝る前に見た記事のせいで、怒りで眠れなかった。
 いや、正確にはこうなることが分かっていたので、記事の内容を読まなかったのですが、題名でだけ想像できてしまったので、結局は怒りで寝付けなかったという…。
 
 そして、今日、私はこの怒りを全力で、全力で書きます。
 頭の中では、"とある科学の超電磁砲"アニメ最終話の「これが私の全力ーーー!!!」CV:御坂美琴が再生されているので、その辺を感じていただけると私の今の気持ちがわかってもらえると思います。
 
 
 
 
 
 ・「バターン死の行進」 岡田外務大臣が公式謝罪
 
 
 アホ民主極まれり。
 
 バターン死の行進について、コイツがどれだけ知っているのだろうか?
 
 少なからずもこの事を知っている私の歴史的見解の中には、この件でアメリカに謝罪するなんてことは一ミリ足りともない!!
 
 
 当時の背景を知らずに歴史的事項を端的に捉えてはならないって言うのが私の持論なので、まずはこの"バターン死の行進"というのが、どういう状況で起こったのかを書いていこうと思います。
 
 太平洋戦争の開戦日12月8日、海軍の真珠湾攻撃と同時に陸軍も「山下奉文中将率いる第25軍のマレー作戦」と「本間雅晴中将率いる第14軍のフィリピン侵攻作戦」が開始されています。
 
 その中でのフィリピン侵攻作戦の途中にこの"バターン死の行進"は起こるのです。
 
 日本軍は、戦争継続の為というより、戦争を起こした最も大きな原因とも言える南方資源確保の為、戦争開始と共にフィリピンへの侵攻は已む得ないものでした。
 何故なら、フィリピンは1899年にアメリカの植民地となり、アメリカのアジアにおける一大拠点であったからです。
 しかも、開戦時には既にアメリカ・フィリピン兵が15万人も滞在の上、戦闘機約200機、爆撃機約50機、そして、日本軍の持っていない"4発大型重爆撃機"であるB-17が30機~70機(実際は35機と言われている)が配備されていたのです。
 こんな一大拠点を野放しにして、南方進出などありえず、日本陸軍の最初の攻撃地になったのは当然と言える場所なのです。
 
 そんな大事な初戦のフィリピン侵攻作戦ですが、第14軍司令官"本間雅晴"中将は、物腰の柔らかな紳士武官であり、陸軍の中では文弱って言われていた人です。
 実際は、文弱ではなくて、欧米的な合理主義者であったのですが、当時の陸軍の中では、あいつは理屈っぽくて、口ばっかりだみたいな感じだったのでしょう。
 ちなみにそんな評価の人をこんな大事な初戦の司令官に任命しちゃうところが、もう軍隊組織として腐っていた気がします。
 ただ本間中将の名誉の為に書いておきますと、彼は今後出てくる陸軍司令官の中では優秀な方です。…というより考えてみると陸軍の初期作戦を指揮した、マレー作戦"マレーの虎こと山下奉文中将"、今回のフィリピン侵攻作戦の"本間雅晴中将"、そして、この後の蘭印作戦を指揮する"今村均中将"は、結局、陸軍司令官の上から1番、2番、3番だった気がします。
 ちなみにこの3方作戦を成功させた3中将は、作戦終了後、みんな左遷されているという恐ろしさが日本陸軍の中にはあります。しかも、その内二人は戦後、この作戦の中の罪を問われて死刑になっているという……。
 
 余談ですが、本間雅晴中将と今村均中将は、陸大の同期です。
 そして、第27期卒業では、同期に東條英機もいます。
 ちなみにこの時の首席は、近代史史上、私は十指に入る名将と思う"今村均"です。3席が"本間雅晴"です。東條英機はというと11席です。
 11番が首相をやってて、1番が現場司令官という世界です。
 
 
 話が逸れ過ぎました。
 
 そんな11番に命令されて、3番が出向いたフィリピン侵攻作戦。
 この作戦で、陸軍は初期に大きなミスをしています。
 まず、この作戦の目標が「マニラ占領」なのか、「フィリピンからの米軍の駆逐」なのかを本間中将に問われた際、参謀本部は「マニラ占領」にしてしまったことです。
 最初から本間中将は参謀本部のフィリピン侵攻作戦の甘さに不満を持っていたんですが、前述した通り、本間中将は欧米的な思考を持つ将官なので、それならと思いマニラへ向かって進撃し、予定通りマニラを占領するのですが、当時のアメリカ極東陸軍司令官ダグラス・マッカーサーは、最初から上陸されたらマニラでの抵抗は不利であると悟っていたので、水際戦で敗れ、上陸されるとすぐにバターン半島での籠城戦へと切り替えていったのです。
 
 10万人近い兵がバターン半島へと篭城することになってしまったことに参謀本部は、第14軍司令部を責めますが、元々、この件に関しては本間中将は参謀本部に了解を取っての作戦であった為、本間中将に罪はないのですが、そんなことは日本的陸軍思想の上では意味を成さずに、結局、第14軍はバターン半島の攻略を行わなければならなくなるのです。
 しかし、第14軍の主力部隊である第48師団と第5飛行集団は、蘭印作戦の為に転進させられてしまった為、治安維持部隊とも言える第65旅団(奈良旅団)にて、バターン半島を攻撃しなくちゃいけなくなったのが、第一の悲劇。
 奈良旅団は、治安維持が目的の部隊であった為、老兵ぞろいで武器も日露戦争後の旧式ばかり。野砲も持っていたとは言え、治安維持の為に見せびらかす、日露戦争時代の撃てば2メートルは砲が下がるといったバターン半島なんてジャングルばっかりの場所では全く使いものにならない代物を持っての進撃となるのです。
 そんな二流部隊で攻撃をしかけたのが、最初っから篭城するつもりでマッカーサーが構築した一大防御陣だったのだからたまらない。
 しかも、バターン半島は80%が山と森林で出来ていると言われていて、当時は二つの道路以外は未開の地もいいところだったのです。
 これを約7500名の奈良旅団で、約8万人もの兵が篭る半島を攻撃したというのも凄まじいですが、その犠牲も凄まじく奈良旅団の約2/3が死傷します。
 これが第一次バターン半島の戦いと呼ばれるものです。
 
 
 正直、ここで攻撃をやめて、封鎖作戦に切り替えれば、米軍は補給も脱出もままならない状況だったので、数ヶ月後には崩壊していだろうことは素人でもわかるのですが、蘭印・南支・満州と広大な戦域に手を出していた日本軍には予備兵力などなく、ここに留めておく3万程の軍でさえ、貴重な戦力であったこととアメリカ側の執拗な報道(「シンガポールは落ちたがコレヒドールは健在である」というニュースやダグラス・マッカーサーの有名な「アイ・シャル・リターン」は、この第二次バターン半島の戦い直前の3月20日にバターン半島を隠密裡に抜け出していたオーストラリアで発表されたもの)に刺激された為、早期の攻略を目指して、やっと今後も何度も続けるが、愚策"兵力の逐次投入"をやめて、まとまった兵力を投入します。
 まあ、でも、投入したとはいえ『約2師団・1旅団・1支隊・重砲連隊・3飛行戦隊』と約3万そこそこの部隊だったのですけどね。まあ、これで約10万近い兵を抱えるところを攻めて圧倒するんだから、当時の日本軍は凄まじいの一言です。
 
 そんなわけで1942年4月9日バターン半島総司令官のエドワード・キング少将が降伏したことによって、第二次バターン半島の戦いは集結します。
 
 
 そして、この後に今日の本題である「バターン死の行進」とこの後に米軍によって宣伝される捕虜輸送行為が行われるのです。
 
 
 実は、この第二次バターン半島の戦いの捕虜の数が半端なかったんです。
 まあ、マッカーサーがほぼ全軍を率いて篭ったのだから、当然といえば当然ですね。
 
 そして、ここで全軍を率いて篭ったことによるマッカーサーとルーズベルトの恐るべき罠が待っているのです。
 この戦いでの捕虜の数が7万人以上と言われ、実にその数は日本軍の倍にものぼっているのです。
 日本軍の兵站軽視は伝統芸みたいなものなので、それでも日本軍は三日四日は飲まず食わずで進撃しちゃったりするので、もうこの時も圧倒的な食糧不足なんですね。
 司令官の奈良中将ですら、今日一日乾パン一切れみたいな日があったりして、そんな状態で攻めるもんだから、こんなに大量に降伏されても養えないのですよ。
 しかも日本軍は基本的に徒歩移動なので、徒歩で行ったから徒歩で帰ってくるのが当然なわけですね。
 そして、上記したようにバターン半島はほとんどがジャングルと山で出来たような半島だっただけに輸送もうまく出来なかったんですよ。
 
 私は、これをアメリカ側の形を変えた焦土作戦だと思っていましたが、今日書いてて"信長の長島一向一揆攻め"の方に似ているなと思いました。ただ違うのは、信長は平気で降伏した後の一向一揆側を殲滅したことくらいかと。
 この時、あの有名な"辻政信"参謀は信長みたいに「アメリカ人兵士は白人であるから処刑、フィリピン人兵士は裏切り者だから同じく処刑しろ」と相変わらず気が狂った発言をしていますが、取り敢えず、司令官である本間中将がこう言う指示をした記録はありません。…というか、この男以外こんな命令をする日本軍人はいません。
 
 そんなわけで「バターン死の行進」はアメリカ側の主張ですと1万人死んだみたいな話になっていますが、冷静に数字を調べますと米軍の死亡者は2300人で、それもほとんどがマラリアと飢えによる死亡で、後は現地民の逃亡による人数の減少だったのですが、「リメンバー・パールハーバー」と同じようにプロパガンダとして、「バターン死の行進」という言葉が生まれたのです。
 ちなみにこの時の宣伝に使われたアメリカ兵の遺体を運ぶ有名な写真があるのですが、捏造であったと近年アメリカのAP通信は認めています。
 
 後ですね、この件に関して、100歩譲って日本が悪いとしたら確かに捕虜に食料を配らず、100キロも歩かせたのは間違いだったとしても、一応現地の日本軍人は少ない自分の食料を分け与えてなんとかしようとしてるんですよ。
 ただ自分すら食べるものが無いのであげることも出来ずにかなり苦しい心情だったと思いますよ。
 言い訳がましいかも知れませんが、こんな状態がアメリカ側にあったら、普通に倍以上死んでると思いますよ。なんせ、この第二次攻撃の前には多くの現地民兵が日本軍に降伏しており、口々に「アメリカ兵は差別が酷く我々フィリピン兵には一日一回の食事、それも空き缶に半分の粥だけだ」「最前線に立たされるのはいつもフィリピン兵だ。奴等は我々が退こうとすると後ろから機関銃で撃ってくる」と差別や迫害を訴えて降伏してきていたのだから。
 
 まあ、アメリカの兵站思想は半端じゃないので、そんな状態では戦わないんですけどね。
 
 
 要は兵站による思想が戦国時代より悪化している日本軍と近代的兵站思想を持つアメリカ軍との思想の差がこの悲劇を起こしたとも言えます。
 
 
 そして、このフィリピン侵攻作戦をした本間中将は、フィリピン占領の後、左遷されて予備役入りしていたにも関わらず、戦後呼び出されて、マニラ軍事裁判にて、フィリピンを追われたマッカーサーの復讐とも言える配慮で、この"バターン死の行進"を罪に問われて銃殺刑になっています。
 
 
 
 つうことで、岡田はここまでわかって言ってんのか!!ってことだ。
 
 
 
 
 
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.13

無題。

 昨日22:40臥床。本日5:30起床。気温31℃。天気:曇。歩数4414。
 昨日はなかなか寝付けなくて、寝坊気味に本日起きる。
 
 今日はモニターの調子が悪くて書く気が起きない。
 
 
 
 
 ・ネットでは小沢氏が圧倒的支持率80%  結果を出せない菅首相よりも、小沢氏の「強い指導力」が支持されている
 
 
 世の中の情報がどれだけ嘘ばっかりかわかりやすい結果が出てるな。
 
 
 
 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.12

無題。

 昨日23:10臥床。本日7:20起床。気温29℃。天気:晴。
 起床後すぐに頭痛に悩まされる。そして、なんかまた暑くなってきた。

 

 今日は神社に行こうと思ってたんだけど、いろいろ都合がつかずに行けなかった。
 来週は行けるといいな。

 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.11

ストライクウィッチーズ2 第10話「500 overs」

 昨日0:10臥床。本日6:10起床。気温28℃。天気:晴。
 今日は午前中、近くのホームセンターがプレオープンしたので行く。
 帰りに洋食屋で、オムライスを食べる、うまし。

 
 
 
 
 
 

 ・ストライクウィッチーズ2 第10話「500 overs」

 

 あれ、今回のストパンって、一年やるんだっけ?ってデジャブーが起こった回でした。

 いや、マルセイユいいんですよ、いいんですけど、あと3話って言われてる時に新キャラかよ!って言うのがね。

 

 まあ、一応マルセイユの紹介を少しします。

 ハンス・ヨアヒム・マルセイユは、当然の事ながらWWⅡ時代のドイツ軍人です。
 本編の通り、元ネタの人も"アフリカの星"と呼ばれたエースパイロットです。
 ただ、本編だとバルクホルンとハルトマンと一緒に戦ってたみたいになってますが、実際は同じ所に所属していたことはありません。
 ハルトマンにいたっては、一緒に飛んだこともないはずです。
 何故なら、マルセイユは1942年9月30日に戦死しているからです。ハルトマンの初陣は1942年10月14日なのですから。
 バルクホルンとはというと"バトルオブブリテン"に二人共参加しているので、そこであったりはしているかも知れませんが、お互いまだ大した戦績もあげていない一兵卒だったので、上官部下なんて関係ではなかったはずです。
 本編でマルセイユが「頭の硬い上官」と暗にバルクホルンのことを指しているように話していますが、バルクホルンがJG52の中隊長になるときには、既にマルセイユは北アフリカ戦線に行っていたので史実ではそんなことはないのです。
 ただここでマルセイユがこういう事を言っているのは、史実でマルセイユが本土航空部隊にいたときに、軍規違反・素行不良を咎められ、まさに頭の硬いドイツ軍人の上官に才能を見出されずにいたことから来ています。
 マルセイユは、北アフリカ戦線に所属を移し、自由にやらせてくれたエドゥアルト・ノイマン中佐の下につくことで開花するのです。
 ちなみにマルセイユの才能が、何故本土では開花しなかったかというと、当時のドイツ空軍は集団戦術に重きを置いていた為で、マルセイユの空戦のやり方というのが、見切りと先読みといわれ、かなり独特な動きをする為、集団戦術には向かないんですね。実際に彼と出撃したパイロット達は「何も無い空間にマルセイユが銃弾を撃ちこむとそこに敵機が滑りこんでくる」と語っていて、とても常人じゃあマネの出来ないものだったのです。
 ガンダムで言うと、ファーストの第33話でコンスコン隊のリックドムが3分で12機撃墜されたシーンがありましたが、その時のアムロの動きみたいなのです。

 まさにニュータイプなのです。

 
 

 さて、マルセイユの紹介が長くなりましたので、本編のお話は軽く流す感じで行きます。

 

Ws000004

 

 

 芳佳さん、リーネちゃんの視線が冷たいですよ!

 
 
 
 

Ws000005

 

 

 エーリカ、トゥルーデ好きだよねー。
 
 まあ、ハルトマンにとっての理想の上官がバルクホルンだからね、珍しく本気になるハルトマンがよかった。
 
 

 

 

 

Ws000006

 

 

 あっ、アレ、このシーンて個人的にはメッチャ胸熱なシーンな気がしますが、これ書いてたら絶対に長くなるので、別で今度書きます!

 
 

 

Ws000007

 

 

 「やっぱやーめたっ!」

 

 

Ws000008

 

 

 

 「えぇぇぇぇぇぇぇぇーーー!!」

 

 

 …の流れは、今回はお姉ちゃん達は結構ギャグ要員だなぁと思わざるを得ない。

 

 せっかく温かい目でハルトマンを見守っていたお姉ちゃんが不憫でならない……。

 
 

 

 

Ws000009

 

 

 もっさーーーん! あと二話で死亡フラグ出すな!!

 
 
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.09.10

戦国武将データファイル 13号。

 昨日22:50臥床。本日5:10起床。気温22℃。天気:曇。
 涼しい、スゴく涼しい。昨日は久しぶりにエアコンをつけずに寝れた。
 
 
 
Busyo_13
 
 
 
 ・戦国武将データファイル 13号。
 
 
 たまってるので、積極政策です。
 今回の表紙は、朝倉義景です。
 
 
 義景にはあまり興味がないのですが、朝倉氏は意外と好きなので、今日はその辺を書こうと思います。
 
 朝倉氏と言えば、越前守護職。
 戦国時代初期に勢力の強かった家です。
 氏は、開化天皇を祖とする、日下部氏の流れみたいです。
 
 
 それで、朝倉氏が力をつけたのは、7代の英林孝景の時で、この孝景は、応仁の乱に参加したりと中央の混乱に乗じ、越前守護職であった斯波氏から、守護職を奪ったりしました。
 そして、日本史学的には「朝倉敏景十七箇条」っていうのを制定した人物として取り上げられるかと思います。
 
 この英林孝景の8男が、有名な"朝倉宗滴"こと朝倉教景です。
 朝倉氏の台頭にこの宗滴なくしてはありえず、語らずにはいられません。
 
 実際、朝倉宗滴は英林孝景の8男とはいえ、父の幼名をついでおり(小太郎)、お爺さんの朝倉家景の幼名も小太郎と一緒の為、嫡男として期待されていたのではないかとも言われています。ただ、この後の朝倉氏は、8代氏景、9代貞景、10代宗淳孝景、11代義景までの当主の幼名は氏景と同じ孫太郎になります。
 まあ、宗滴4歳の時に英林孝景は亡くなっているので、マユツバの線を出ないお話ということかな。
 
 この朝倉宗滴、当主ではありませんでしたが、働きと権力は「貞景・宗淳孝景・義景」と三代に渡り奮い、この宗滴いてこその朝倉家であった感が否めません。
 有名な話としては、近江の暴れん坊"浅井亮政"を牽制するために小谷城の金吾嶽に五ヶ月在陣した話が、ヤンマガの「センゴク」でも取り上げられていました。
 ちなみになんでここのことが金吾嶽と呼ばれるかと言いますと、宗滴の名乗りが"朝倉太郎左衛門尉教景"であり、左衛門尉→衛門府ときて、衛門府の唐名が金吾だったので、金吾嶽とつけられ、後に小谷城金吾丸となるのです。めちゃ、ややっこしいですね。
 ただ、この衛門って、右衛門とか左衛門とかよく聞いたことがあると思いますが、武士には人気の名乗りなんですね。
 その理由としては、源平の時には、あの源義経が任じられた職であったり、唐名の金吾というのからは、後漢の光武帝"劉秀"の有名な言葉である「官につくなら執金吾、妻を娶らば陰麗華」なんてのがあったりして、金吾は人気職なんですよ。
 
 それで、先週号でお話した"金ヶ崎城"は、この時代では、朝倉宗滴の居城だったりもします。
 この金ヶ崎城を拠点に敦賀郡司として、朝倉家の軍務をほぼ一手に引き受け、北は加賀、西は若狭、東は美濃、南は京へと八面六臂の働きをするのです。
 
 実際のところは、この宗滴の優秀さと働きが、在世の朝倉家の興隆と没後の朝倉家の衰退を招いてしまったといえなくもないのです。
 良くも悪くも宗滴が仕切ってしまっていた為、朝倉家当主はあまり戦場に出ることがなく、文化人としては評価が高くなったが、戦国を生きる武将としては育たなかったのです。
 この悪弊が宗滴の死後、如実に現れてしまい、義景は何度となく、信長を撃つ機会を儲けながら、攻め切れず、結局は滅亡させられてしまうのです。
 
 ちなみにこの朝倉宗滴は、天下の三茄子と呼ばれる"九十九茄子"を所有していたことでも有名です。
 この九十九茄子、名前が"つつも"から"つくも"に変わったのにはお値段が99貫だったことからきているんですが、この宗滴が手に入れた時には500貫と言われ、その後の松永久秀の時は1000貫、明治時代の所有者、岩崎弥之助は、弥太郎お兄ちゃんに明治初期に400円の借金をして買ったと言われています。
 それでなんで弥之助が買ったかというと三菱財閥の起こりが海援隊の後身の"九十九商会"であったことから、美術的価値の他に九十九という名前に縁起をかついで買ったとも言われています。
 
 
 ここからも余談です。
 朝倉義景の父である10代宗淳孝景と7代英林孝景と言うのが、今日の話に出てきましたが、これは見ての通り、7代と10代が同じ「孝景」なので、こういうふうに言い分けるのですが、あの有名な"伊達政宗"も8代と17代に伊達政宗がいる為、8代を"大膳大夫政宗"と呼び、17代を"藤次郎政宗"と呼びます。
 有名なのは、17代の"藤次郎政宗"の方です。
 
 
 
 
 武将名鑑は、朝倉義景の他、滝川一益、豊臣秀頼、津軽為信、鳥居元忠です。
 
 津軽為信には興味がありますので、ちょっと書きます。
 
 私は、津軽と南部の中の悪さに興味があって、青森と岩手出身の大工とかに会うといつもその話を聞きます。
 ただ今までの聞き取り調査の結果からすると、仲悪いよって言う人もいるし、特に気にしないって言う人もいて、個人的にワクワクするような逸話を聞けたことはまだありません。
 
 ちなみになんで、津軽と南部が仲が悪いかというと津軽為信は、元々南部の家臣であったのですが、南部のお家騒動に乗じて、津軽地方で勢力を伸ばし、独立したという経緯があるからなのです。
 私個人としては、為信はかなり苦労して津軽地方を制圧しているので、のうのうとしていた南部より好感を持っています。 まあ、南部信直があまり好きではないというのが大きいですが。
 
 そんなわけで、戦国時代から江戸時代、明治の廃藩置県まで津軽と南部はチョコチョコ揉めます。
 江戸時代には、野辺地(のへじ)西方の烏帽子岳周辺の帰属問題で揉めたり、戊辰戦争時には"野辺地戦争"と呼ばれる小競り合いもしています。
 
 その後、廃藩置県で南部の八戸・七戸地方が弘前県に合併されるように青森県を作ってしまったのが、また、明治政府のイジメというか、気が利かないというか。
 要は、この為、七戸・八戸に住んでる人は、県庁に用がある場合には、嫌いな津軽地方にある青森県庁に行かなくてはならなくなったというのがまたねぇ…。
 そんなわけで、昔、この青森県旧南部藩の人たちは、青森県庁を嫌がって、八戸市役所を県庁って呼ぶなんて話も聞いたことがありましたが、裏は取ってないので本当かどうかはわかりません。
 
 ちなみに明治政府は、宮城と岩手の境でもこんなことをやってます。
 現在の岩手県一関市は、元々仙台藩伊達家の分家である田村家の領土であったから、廃藩置県の時に普通ならば宮城県に入れられてもおかしくないのに、仙台藩は東軍であった為、こっちはワザと分割されたと言われています。
 
 余談ですが、この田村家一関藩は、伊達政宗の正室・愛姫の実家で、途絶えていたのを正宗と愛姫の孫によって再興させた藩であり、田村家は辿って行くと征夷大将軍・坂上田村麻呂を祖とするお家だったりします。
 更に、忠臣蔵で有名な浅野内匠頭長矩が切腹したのが、この田村さんちの江戸屋敷です。
 
 
 
 
 合戦リストは、天目山の戦いです。
 個人的には、天目山に戦いなんかあったか?って感じです。
 あの大大名、武田家があっさりと滅んでしまうのが、またなんとも言えないです。
 
 
 
 
 名城コレクションは、福知山城。
 さすが明智光秀の縄張りというか、立派なものです。
 
 
 
 
 
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.09.09

離岸流が凄まじい。

 昨日23:00臥床。本日5:27起床。気温24℃。天気:曇。
 昨晩の久しぶりの纏まった雨で、草木や野菜も生き返っただろうか。降り過ぎで流れちゃったかも知れないけどね。
 
 
 週2回のプールをなんとか続けているのですが、
 
 
 --------------------
   ←   ←   ←    ウォーキングレーン
   →   →   →
 --------------------
   ←   ←   ←    スイムレーン
   →   →   →
 --------------------
 
 
 ↑のようにプールが区切られているのですが、
 
 
 --------------------
   ←   ←   ←     ウォーキングレーン
  →●→●→● →
 --------------------
   ←   ←   ←     スイムレーン
   →   →   →
 --------------------
 
 
 黒い三連星(おばちゃん軍団)が、並んで歩いてくると、
 
 
 --------------------
   ←   ←   ←    ウォーキングレーン
  →●→●→● →
 --------------------
   ←  ○←  ←     スイムレーン
   →   →  →
 --------------------
 
 
 ○を泳ぐ時に水流が凄まじいんですよ。
 
 
 全然進まないの!!
 
 
 『これが離岸流ってヤツか!』と離岸流の恐ろしさを痛感します。
 
 街中のプールで……。
 
 
 
 
 
 
 ・仙谷官房長官「円高、今まで以上に注意深く注視していく」 = 15年ぶりの円高水準となったことに対して
 
 
Ensannbaka
 
 
 
 「ちっ、うるせーな」
 
 
 『今まで以上に』
 
 
 「見守ってまーす」
 
 
 
 
 
 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.08

百兆円くらい刷れ。

 昨日23:00臥床。本日5:25起床。気温27℃。天気:曇。
 今朝は久しぶりに太陽が見えない。午後から雨も降るようだ。
 
 
 
 
 
 ・日銀総裁、円高「影響について注意深く見ている」「当局がコントロールできるものではない」
 
 
 何も出来ないなら何も言うな。
 ワザワザ会見を開いて、『何も出来ません』って言うって子供のいいわけか!
 
 >>「当局が為替相場を自在にコントロールできるというわけではない」
 
 そんなもん、わかってるわ!
 一国の銀行が自在にコントロール出来るくらいの経済規模ならみんな苦労はしないし、G8やG20など開くか!?
 総てをコントロールしろと言ってるんじゃなくて、出来ることをやれと言ってるんだ。
 
 
 さすが"民主党"が、二回も自民党の人事に反対して、選び出した人物だけあって、無能さは凄まじいな。
 
 あの時、ねじれ国会で好きなように反対していたのが、当時の民主党「小沢一郎代表」であり、当時の民主党「国会同意人事委員会の委員長」が、現在の官房長官である仙谷由人だったことを忘れるな。
 小沢が勝とうが、菅が勝とうが、次の臨時国会では、現在、すでに任期切れとなっている預金保険機構理事長や証券取引等監視委員長など国会同意人事が必要な4機関7ポストが空席となっているので、野党はひとつも通してやるな!
 実際、10月の"北教組小林を当選させた馬鹿区"、北海道5区の補選で町村信孝が勝って戻ってくる前に民主党はこの人事をやらないと更に難しくなるだろう。なんせ、町村はこの日銀総裁でもめた時の当時の官房長官だったんだからな、あの時、味あわされた苦渋は忘れまい。
 
 
 そして、今日のお題の話。
 
 正直、1000兆円にものぼる赤字国債を返済できるとは思えない。
 ゴチャゴチャと金利がどうのとか、銀行がどうのとか言ってるけど、国家がこんなにも借金を抱えた場合の対処方法なんて、破綻しないで乗り切るなんて、とっても難しいんだよ。
 
 
 そんな中で一番簡単なのが、革命が起きること。
 「はい、チャラでーす」って言って、1400兆円あるという国民総預金から1000兆円持ってきて、返しちゃえばいいんだから。
 ちなみにこんなこと出来るのかよ!って思われるかと思いますが、明治維新の時には「版籍奉還」と「地租改正」で、あらゆる財産を国家に集中させ、集まった金で国家を運営し始めたんだし、WWⅡ後には、「新円切替」や「財産税法」などを行ないました。新円切替とは戦後のインフレを防ぐために1946年2月16日から3月2日までに行われたことで、預金封鎖を同時に行うことによって、一定金額(世帯主:1ヶ月300円、家族1人に1ヶ月100円)だけしか新円による引き出しを認めないという事実上の財産差し押さえみたいなものです。要は、旧貨幣で1億円持ってようが、10億円持ってようが、新札になるのでそれは使えませんよ、しかも、新札に切り替える期間が1ヶ月しかないのに1ヶ月1人100円までですよって言った法律です。財産税法とは、当時持っていた財産にかけた超累進課税で、14段階にわかれていて25%から最大1500万円以上の資産を持っているものは90%の課税をするという法律です。これによって、GDPの3倍あったと言われている国の借金を返済したのです。今、日本のGDPは500兆円くらいだから、1500兆円の借金を返したってことかな。
 
 次には、国債なんか返せねーよ、バーカ!って方法もあるかな。
 デフォルト(債務不履行)をして、20兆円を超える国債の利子を止めれば、予算の25%は確保できるわけだから、だいぶ良くなるんじゃない。
 まあ、世界からは見放されて、アルゼンチンのようになると思うけどね。
 
 一番ダメなのは、破綻ね。
 破綻国家になってしまったら、よく言われるリアル北斗の拳の世界ってことです。
 インフラが止まり、軍、警察が機能しなくなります。
 そうなれば犯罪は増加し、自警団や私兵を持つか、盗賊にでもなるかの二択になるかな。
 
 よく日本国嫌いの日本国民を名乗る輩が巷に多数いますが、日本国がなくなれば、そんなワーワー騒いで作った法律やら法案なんか無くなるってことを理解してんだかしてないんだか…。
 今、自分が手にしている一円玉ひとつを取ったって、日本国というものがあり、その日本国が責任をもってくれているから、一円として使えるし、外貨と交換できるってことを理解しておいたほうがいいと思う。
 日本国が破綻したら、アメリカに一万円札を持って行ったって、1ドルにもならないんだよーっと。
 
 
 いろいろ話が逸れていますが、今日のお題の百兆円刷れって言うのは、このままデフレに飲まれていくとその内、一気にインフレするんじゃないのかなって思うからなんです。
 インフレとデフレは、コインの裏表なんて言われたりして、表裏一体なものなんですよ。
 このままデフレが続くとオセロゲームの強者対弱者の戦いのように、前半は弱者の黒が押しているように見える盤面が黒ばっかりになってるかも知れませんが、残り十手とかで一気に強者の白に盤面が変わっていくように、デフレがインフレに変わるんじゃないかなと思うのです。
 それを避ける為にも、デフレを止めて、徐々にインフレしていく、ソフトランディング路線に変えないと車輪を吹き飛ばし、胴体着陸をするようなハードランディングになるんじゃないかと思います。
 まあ、それでも着陸出来れば御の字と言えるでしょうけどね。
 
 それで、そのソフトランディングの為に百兆円くらい刷ってみたらと思ってるのですよ。
 まあ、普通に考えたら、インフレを起こすだろうし、経済をメタメタにするかも知れませんが、このまま放っておくよりはいいかなと思うのです。
 それに今の経済規模なら100兆円くらいすぐに飲み込みそうかなとも思うんですよ。
 その金で赤字国債を三年間まかなって、取り敢えず、国債発行をやめるもよし、五年間の国債利息の支払いに使うもよしで、お金をとにかく回さないとどうにもならないなーと素人が思ってるわけです。
 
 
 
 
 
 
 ・10/1のたばこ値上げで「禁煙する」は3割…若い世代ほど禁煙傾向高く
 
 
 さっさと1箱1000円とかにしろやー!
 
 
 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.07

戦国武将データファイル 12号。

 昨日23:30臥床。本日5:20起床。気温28℃。天気:晴。
 風が少し涼しくなってきただろうか。
 昨晩は、たまってしまった戦国武将データファイルを読んでいて寝るのが遅くなってしまった。
 
 
 
 
 
Busyo_12
 
 
 
 ・戦国武将データファイル 12号。
 
 
 そんなわけで、今日は昨日読んだ12号のお話。13・14号が送られてきてビビって読んだのは内緒。
 
 
 今週号の表紙は上杉景勝です。
 私は、あまり興味がありません。
 
 直江兼続が大河ドラマになったりして、取り上げられていましたが、私の中では兼続も評価が低いので、どうにもならないんですよ。
 率直になんであんなに人気があるのかもわかりません。だって、景勝と兼続って、国を小さくしただけじゃんって思うんですよ。
 関ヶ原の時もなんか北を攻めたりして、三成頼みというか、直江状なんてかっこいい扱いされてますが、あんなもん書いたら江戸を攻めろや!って感じです。
 なんかこう、燃えるものがない二人なんです。
 
 
 それで、武将名鑑は、上杉景勝・斎藤義龍・徳川秀忠・荒木村重・大内義興ですが、この中で話してもいいかなと思うのは、大内義興くらいですかね。
 でも、今日はこの後の合戦リストの方が話したいので、武将名鑑は割愛します。
 
 
 
 合戦リストは、金ヶ崎城の戦いです。
 
 まあ、戦国期の金ヶ崎城の戦いは、金ヶ崎城の退き口って書いた方が私にはしっくりきますし、こっちの方が有名だと思います。
 
 世間的には、秀吉が殿を務めて、信長に褒められたって言うのが有名ですが、現在では本当に秀吉が殿だったの?なんて話も出てきています。
 ただ、秀吉がこの戦の後に信長から黄金数十枚をもらったって言うことだけは本当みたいです。
 そのことから、秀吉が殿を務めて、活躍したって話になってるんでしょうね。
 
 
 さて、本日の本題の本題に入ります。
 
 この金ヶ崎城、実はこの金ヶ崎城退き口戦から、遡ること約230年前の南北朝の時代にも大きな戦場になってるんですね。
 まあ、普通に考えて、金ヶ崎城と言えば、8割から9割の人が信長の金ヶ崎城退き口をあげると思うので、こっちは非常にマイナーだと思うのですが、実は南北朝時代の金ヶ崎城の戦いは、足利対新田という、源氏の棟梁対棟梁の凄まじい戦場であったことがあるんですよ。
 
 南北朝時代の金ヶ崎城の戦いのあった1336年は、都を一度追われた足利尊氏が勢力を盛り返し、この年の5月には湊川の戦いがあり、そこで大楠公こと"楠木正成"が戦死しています。
 世間的には、楠木正成が有名ですが、この時、後の南朝側と言われる後醍醐天皇側の大将が、実は新田義貞なのです。
 そして、この新田義貞を守る為に、楠木正成がここで討死したとも言われています。
 では、何故、楠木正成は、新田義貞を命をかけて守ったかと言うと、新田義貞は源氏の棟梁の家系だからなのです。
 
 鎌倉幕府を開いた、源頼朝の河内源氏は頼朝の後、三代で滅んでしまいましたが、その傍流から新田氏、足利氏が出ているのです。
 そんなわけで、幕府を開く為の争いの中に、後醍醐天皇率いる公家・皇室と足利尊氏率いる武士との戦いの他に、足利対新田という源氏の直系を巡っての戦いも含まれていたのです。
 
 実際のところ、この新田義貞が南朝・後醍醐天皇側につかなければ、南北朝時代などなく、あっさりと武士による幕府が開かれていただろうことは明白なのです。
 何故なら、この時代、なんだかんだと言いつつも結局のところ武力という大きな力を持っているのは、武士であり、この武士を率いれるのが、源氏の棟梁という家柄だけだからなのです。
 武士は、頼朝が作ってくれた自分たちの世をものすごく感謝していて、なんだかんだ言っても源氏が大好きなのです。
 
 後醍醐天皇を守った武将によく「三木一草(さんぼくいっそう)」という言葉が使われて、その内訳は「楠木正成」「結城親光」「名和長年」「千種忠顕」のことを言うのですが、千種忠顕は公家武将なので、除外するとして、他の三木の武将は皆名将ではあるんですが、率いれる兵数というのが、1万にも満たないんですよ。
 じゃあ、新田義貞はどうかって言うと最盛期には20万以上の兵を集めることが出来ています。
 
 それは何故か? 要は、源氏の棟梁じゃないと当時の武士は集まらないのです。
 故に楠木正成は、新田義貞を討たれたらもう武士は集まらないのを知っていたので、命をかけて守ったわけです。
 
 
 そして、その湊川の戦いの戦いに敗れた新田義貞が、都を追われ、北陸・越後へと逃れていく際に寄ったのが、この金ヶ崎城であったのです。
 この金ヶ崎城に逃れてきた季節が冬だったので、厳冬の北陸路は進むに行かず、退くに行かず、足止めをくらっていると北朝側に発見され、金ヶ崎城は大兵によって包囲されてしまうのです。
 ただ、この金ヶ崎城は敦賀湾に突き出した小高い丘に築かれた要害であった為、北朝側も攻めあぐねて、包囲兵糧攻めをするのです。
 極限の飢餓状態に陥った城内は、馬を食い、草を食って命を繋ぐもこのままでは落城も時間の問題となったので、義貞と弟の義助は杣山城に脱出し、金ヶ崎城の包囲を破ろうとするが、失敗し、1337年3月6日に金ヶ崎城は落城となるのです。
 この時に義貞の子、義顕、後醍醐天皇の子、尊良親王は自害し、恒良親王は捕らえられ京へ護送されたのでした。
 
 
 義貞は、この後も越前で戦い続け、金ヶ崎城も奪還するのですが、1338年7月に越前藤島城を攻める味方を督戦する為に向かう途中、敵方と遭遇し、混戦の末、討死してしまいます。
 そして、同年8月11日に足利尊氏が、征夷大将軍に任じられるのです。
 
 
 
 
 名城コレクションは、江戸城です。
 江戸城はまだいろいろ残っているので、興味深いですね。
 近くなので、すぐに行けるしね。
 
 

 
 
 
 
 ・福永武彦の終戦直後の日記見つかる
 
 
 先日チラッと書いた、池澤春菜さんのおじいさんの日記。
 
 
 
 
 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.09.06

景気の気は、気分の気ー。

 昨日22:10臥床。本日5:10起床。気温30℃。天気:晴。
 最近、天気晴れしか書いてないな。
 昨日も床につくのは早かったんだけど、眠れなくて、結局寝たのは23:30くらいだった。
 
 
 
 
 
 ・財政再建の続き。
 
 
 先週、途中で投げ出した財政再建の続きです。
 増税は景気回復にならないってことを書いたけど、今、日本国民に消費税アップしてもいいかどうかを聞くとしてもいいって言うのが、6割くらいって結果がよく出てます。
 
 これは、微妙にマスコミの操作のような気がしなくもないですが、一応今日は正しいということで、話を進めます。
 
 この辺から日本人というのは、悪く言えば、とてもいい奴隷であり、良く言えば、常識的な国民と言えるかと思います。
 そして、日本国民が何を望んでいるのかということが、よく現れていると考えられるのです。
 
 日本国民が「何故、消費税アップを是とするのか?」それは、日本国の借金、赤字国債の多さに不安を感じているからにならないのです。
 
 よくこの件に、これは日本国が日本国民から借金しているので大丈夫だとか、日本国民の総預貯金額は1400兆円もあるので大丈夫だとか言う人がいますが、そんなのはマトモな大人なら信用できるものじゃないのです。
 国が国民に借金って言ったって、借金は借金だろうし、1400兆円金があるって言われても、もう1000兆円も借金があり、毎年50兆円もしてれば、あと10年ももたないじゃないかって思うのが、マトモな大人の反応なのです。
 
 
 今日のお題に「景気は気分」って書きましたが、要は景気を浮揚したければ、ここに手をつけない限り、景気の上昇などありえないのです。
 
 
 何故、今、国民がお金を使わないか? それはただ一点、国と将来に期待を持てないからなのです。
 だから、いくらお金をバラまいたって、将来の為へと貯金しちゃうのです。
 
 
 
 江戸時代、二百七十余藩と言われていますが、ほぼ総ての藩財政は破綻際で、昨今の国、都道府県財政のような時代がありました。
 そして、大半の藩は、藩政改革を迫られたのです。
 ここで諸藩の取った政策というのは、年貢の増税や商人からの借金、藩主・藩士に対しての倹約令などで乗り切ろうとしましたが、ほとんどが一時凌ぎにしかならず、年貢の増率は領内の農民のヤル気を無くさせ、逃亡や田畑の荒廃を促進させ、商人への借金は、結局返せないことから徳政令などを出すことによって、次に借りることが出来なくなり、藩財政は悪化する一方でした。
 
 そんななか、数藩、十指にも満たないですが、成功した藩もあります。
 有名な長州藩や薩摩藩などがそうです。
 
 面白い改革をした藩の中には、出雲松江藩などは税率を70%にして、強引な増税によって立て直したり、越前大野藩などは歳入の80年分もの借金があったが、藩主藩士の俸禄を現物支給にし、一人一日4合の米を渡すという強引さで藩財政を立て直した藩もあります。
 本当に財政再建をしたいなら、大野藩のように「国家地方公務員400万人程度で人件費38兆円」というここだけで歳入を超えてる人件費をなんとかしたらとか思います。
 よく給料を下げると優秀な人材が集まらないと言う人がいますが、今のご時世に公務員から民間に放り出されて、どれだけの人が生きて行けるか、わかって言ってるのでしょうかね。
 ちなみに越前大野藩の藩士はよくわかっていたらしく、これだけのことをされてもほとんど浪人になどになっていません。
 何故なら、江戸中期以降に浪人になんかなったら、縁故かよほど優れた人材じゃない限り、仕官など出来なかったからなんですけどね、今もそうじゃないんですか? 地方公務員さん。
 
 有名な薩摩藩の改革は、調所広郷が中心となり行ったのですが、その中でも500万両という膨大な借金を250年払いにするという奇策をもって整理したことによって、藩財政の立て直しを行ない、幕末の雄藩となり、倒幕の先頭をきることになるのです。
 
 
 
 それで、私がこんな例を挙げたのは、まずをもって、財政再建には国の借金をどうにかしないと絶対に成功しないということを言いたいのですよ。
 江戸時代のようなお上が総てといった、大鉈は触れないのはわかりますが、せめて、どう返していくかの道筋すら示せないのであれば、景気など絶対に回復しない。
 
 人は、目隠しをしたまま歩くことなど出来ないのですよ。
 
 景気の悪化の大半は、この先の見えない国家財政にあると言えると思います。
 
 
 
 
 
 
 ・【政治】「雇用拡大」訴えにも冷ややか…若者でも厳しさを増す就活、民主党への期待は失望に
 
 
 民主党に入れて、景気が回復すると思ってたのがバカすぎ、ワロタわ。
 
 
 
 
 
 ・直径6mの大鍋で芋煮を作る毎年恒例「日本一の芋煮会」…開催されるも1万食余る、猛暑の影響か
 
 
 芋煮会って、この季節だったのね。
 もうちょっと涼しくなってからのが、いろいろ喜ばれるだろうに。
 今が、芋の旬なのだろうか?
 
 
 
 
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
 
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010.09.05

ストライクウィッチーズ2 第9話「明日に架ける橋」

 昨日21:30臥床。本日7:10起床。気温29℃。天気:晴。
 眠い、めっちゃ眠い。今日は午後はほぼ寝てました。

 
 
 
 
 
 

 ・ストライクウィッチーズ2 第9話「明日に架ける橋」

 

 あれ、今回のストパンって、一年やるんだっけ?ってくらいの回。

 メインストーリー?は、全然進めずにおもしろ可笑しくやってくれました。
 これはこれですごく楽しいんだけど、1クールこのまま行くのだろうか?

 

 そんなわけで、今回はペリーヌ回。
 あんまり期待はしてなかったけど、面白かった。
 ただペリーヌ回ではあったけど、他が食い過ぎてたって言うのも否めないと思う。

 まず、注目すべきは前回の予告から期待のあったシャーリーのあのシーンですけど、ペリーヌのマネとはね、あそこのシャッキーニは前半のジャブにしては強烈だった。
 そして、前回の予告でもいろいろな憶測のあったもっさん。
 ああくるとはねぇ、正直予想外だったわ。

 ただ今回はペリーヌ回のはずだけど、ペリーヌがいい子過ぎて、そこはあんまり触れがたいわ。
 第五話のガリア復興に給料を全額寄付しているっていうのは、よくわかった。
 しかし、戦闘が前半のあれだけだと今回は、軍関係からも攻められず、書くことが少ないわ。

  

 来週は、エーゲル回なのだろうか、エーリカ回なのだろうかがめっちゃ気になります。
 500 oversっていうサブタイはすごく胸熱です。

 
 

Ws000002

 

 

 はい、今回のまとめは、ペリーヌ回だけど、もっさんと隊長回だったねってこと。
 ミーナ、一期の恋人とはデコちゅーだったから、これがファーストってことなんでしょうかね。
 
 そして、ミーナ、オチ担当かよ!! 第7話に続き、このポジション……。
 
 

Ws000003

 

 あと三話でまとめる気は絶対にないだろ、これは確実に第三期あるでー!

 
 
 
 
 
 

 ・鳩山由紀夫氏 2ちゃんねるで圧倒的存在感「人気」

 

 >>「ルピ夫くんは楽しいね」「ポッポは全てを超越してるな」といった、鳩山氏についてうれしそうに語る人が続出。

 

 意味を履き違えないで欲しいが、そういう意味で申し上げているのではない。

 

 >>「自分の生活に関係ないとこにいるなら、これ以上ないほどの芸人なんだが」

 

 これが本質。
 芸人としては、超一流ってなだけ。

 
 
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.09.04

無題。

昨日23:00臥床。本日6:00起床。気温29℃。天気:晴。
今日は午前中に奉仕活動をし、午後から買い物に行き、さっき帰り着く。
もうバテバテ。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.03

無題。

 昨日23:00臥床。本日5:20起床。気温29℃。天気:晴。
 電車に乗ってるとたまにどう見ても大量に乗ってくるのに中央で踏ん張ってる人とかいますが、あの人は何を考えてるんでしょう?
 そんなところで頑張ったって、押し寄せる人の波の力にはかなわないだろうし、さっさと流されて自分のスペースを確保したほうがいいと思うんですよ。
 
 
 
 
 
 ・財政再建派。
 
 
 世間では、消費税アップ、増税路線を財政再建派と呼ぶようですが、私には増税がなんで、財政再建に繋がるのかがわかりません。
 私は経済は専門でなかったので、マクロ云々とか言われても詳しくはわからないんですが、どう考えても増税したら景気が悪化して、むしろ、財政破綻すると思うんですよね。
 しかも今の財政再建派って、増税で増えた金をまた配ろうとしてるでしょ、本来なら財政支出と国債発行の縮小がセットのはずなのに、社会保障費に使うから増税だ!って、どう見ても財政再建しようと思ってるとは思えないんですよ。
 
 今の経済は確かに自国だけの問題じゃなくて、世界的規模で考えないといけないんだろうけど、あまりに基本から離れてる気がするんです。
 
 まず、国の歳入の柱である「所得税」「法人税」「消費税」の推移を話しておこうと思う。
 
 1990年に国の歳入はピークに達し、60兆円もの歳入があり、その内訳の中で、所得税:26.0兆円 法人税:18.4兆円 消費税:4.6兆円でありました。
 それが2009年にどうなっているかというと、歳入計は36.9兆円、その内、所得税:12.8兆円 法人税:5.2兆円 消費税:9.4兆円であります。
 コレを見る限り、今の日本がどれだけ消費税に歳入が頼られているか、わかるかと思います。
 実は、財務省による消費税増税派は、消費税増税とセットで、法人税減税と言う話をするのはこの辺の数字から来ているのです。
 要は、知っていればなんて小手先なことをやってるのかと思いますが、「知らないヤツばっかだからワカンネーヨ」って感じに、消費税は上げるけど法人税を下げて企業の業績を伸ばしますよー、これで世界と戦えるようになるから生活も楽になりますよーって適当に誤魔化そうとしてるわけですよ。
 でも、数字で見ると既に消費税と法人税では、パイが2倍違うので、パイの大きい方を倍に、少ない方を半分にしちゃえば、結局は歳入は激増だーって、馬鹿なことを思ってるわけです。
 
 余談ですが、消費税導入直前に当時の竹下登首相が、記者に答えた会話の中で「野党は、最高税率を60%にしろっていってますが、総理はどうお考えですか?」「60%にしても増収には繋がらないんだよなぁ、金持ちから10万円取るより、人数の多いところから1万円づつ取ったほうがいいんだ」とストレートに答えています。
 
 
 
 ここまで書いて、昼休みに↓をみて、やる気なくした。
 
 
 ・【公開討論会】麻生元首相に漢字で迫った民主党 小沢氏はきごうを書かず、菅首相は漢字を書き間違える
 
 
 全然レベルが違った。
 
 コイツらには、財政再建とかそんな話じゃねぇ…。
 
 
 
 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.02

ジリ貧を避けようとして、ドカ貧にならぬよう十分のご注意を願いたい。

 昨日23:10臥床。本日5:25起床。気温30℃。天気:晴。
 昨日は床に入ってから、また事務所の喫煙者に対するイライラが募って、なかなか眠れなかった。
 
 タバコは嗜好品だから、人にとやかく言われる筋合いはないって言う人がいますが、こっちだってそれが無味無臭なら何にも言わないわ!
 それに嗜好品って、心身の高揚感など味覚や臭覚を楽しむために趣味性が強く、強烈な依存性のある商業娯楽品ってことみたいだから、そんなの仕事中にするなや!!
 自由時間に吸うなら好きにしろ、取らないと生命の危機に瀕する、飲料や食物と違うんだということを言いたい。
 なんでタバコだけは、仕事中に吸ってもいいなんて社会になってんだよ。
 勤務時間中に、難しい顔しながら「何かを考えてるように吸ってる」ヤツが一番むかつくわ。
 タバコなんて、ニコチンは中枢神経系を興奮させ、心拍数の増加、血圧上昇、末梢血管の収縮など心臓、血管系に影響を与えるって言われて、煙に含まれる一酸化炭素は赤血球のヘモグロビンと結びついて、血液の酸素運搬を阻害するって言われてんのにそんなんでいい考えなんか浮かぶと思ってんのか!?
 しかも、その煙が廻りの人間全員の思考も鈍らせてんだよ!!
 よく若手がお土産にもらった甘いものとかを昼間に食べてると嫌な顔をする上司に何度か当たってきたが、饅頭食って、糖分を摂取しながら考え事してる方が遥かに筋が通ってるってもんだ。
 
 もうとにかく仕事中には吸うんじゃねぇ!!
 
 あっ、あと客商売のヤツな、よく裏とかで吸ってるの見るけど、あれもどうかと思う。
 吸ってるヤツはわからないみたいだけど、吸わない人間からするとあんなのすぐにわかるからな。
 指や口内、服についた匂いはすぐには消えないんだよ!
 
 
 
 
 
 
 ・ジリ貧を避けようとして、ドカ貧にならぬよう十分のご注意を願いたい。
 
 
 さて、あまりに昨晩の寝付けの悪さにイライラが爆発してしまいましたが、今日のお題へといきたいと思います。
 
 今日のお題の言葉は、第37代内閣総理大臣、海軍大将の米内光政が日米開戦間際の御前会議で言った言葉です。
 この言葉をこの時に発して良いのか悪いのか、なんてところから話していると今日の主旨まで辿り着かないので、今日はまあこの言葉だけを捉えて下さい。
 
 現在の日本の状況が、またこんな感じなのかなと思ったのです。
 
 この時の米内光政のジリ貧っていうのは、軍部がABCD包囲網によって、資源の輸入を止められた為、このままではジリ貧だ!開戦だ!!と言っていたのから来ています。
 これに対して、戦争反対派であった米内は、ジリ貧ジリ貧って言って、戦争なんかしたらドカ貧になるんじゃねーの?って意味を含めて言ったわけです。
 
 それで私も今の日本にジリ貧ジリ貧って感じで自民党を批判して、政権交代して民主党に任せたけど、これってドカ貧になるんじゃねーの?って言いたいんですよ。
 
 確かに自民党は、国の借金を増やし、年金問題も解決できず、国政に閉塞感が生まれていたことは私も否定しません。
 だから、私も政権交代が100%悪かったとも思っていませんが、だけど、民主党が政権を取って、一年が過ぎましたが、その閉塞感は打開できましたか?
 麻生内閣の80兆の予算でも膨大って言ってたのに、今年、来年となったら、96兆とかですよ。
 民主党って、なんか日本の国にいいことって一つでもしました?
 円はうなぎ上り、株価は大暴落、埋蔵金は出てこないし、外国に金は配りまくり、私はあきらかにドカ貧へと向かってるとしか思えません。
 
 
 なんかさ、日本人の多くは、あの戦争は軍部に騙されてやったわけで、自分は悪くないなんて思ってる人が多いみたいだけど、開戦当時の東条内閣はめっちゃ支持されてたんだからね。
 大本営発表が嘘ばっかり流してたんで騙されたと思ってる人も多いでしょうが、開戦当時はちゃんとした内容で放送されていたわけで、むしろ真珠湾攻撃なんかは控え目に放送されてたんですよ。
 
 それにさ、大本営発表が嘘ばっかり言ってたって信じてる人が、なんで今のマスコミの放送に嘘がないって思えるのか、ものすごく不思議です。
 マスメディアって、『特定少数の発信者』から、『一方的かつ不特定多数の受け手』へ向けての情報伝達手段のことを言うんだよ。
 ここのどこに正しい情報なんて、言葉が入っていますか?
 50年後、100年後、あの時のマスコミが嘘を言ってたので私たちは騙されたなんて、また言い出すんじゃありませんか?
 
 要は巷に溢れている多くの情報なんて、『特定少数の発信者』の意見でしかないんですよ。
 古代中国、今から約2500年前の「孫子の兵法」と呼ばれる兵法書、謀攻篇の中には「彼を知り己を知れば百戦危うからず。彼を知らずして己を知れば一勝一敗。彼を知らず己を知らざれば戦うごとに必ず危うし」と云う言葉があります。
 これは孫武が何を言っているかというと情報の大切さを言っているのです。
 
 古代から現代まで、正しい情報というのは何事をするにしろ、もっとも大切なものなのです。
 
 要はその一番大切な物を日本人は安易に求めすぎるというか、軽視している。
 馬鹿正直とか、愚直とかが好きなのはいいけど、そりゃまあ、個人の生き方なら好きなだけ馬鹿に生きてもいいし、愚かに生きてもいいさ、でも、それを国政に持ち込むなって言いたいのです。
 
 
 
 正しい情報を掴む努力を惜しんではいけない。
 
 間違えた時は、引き返すこともまた前進である、その間違えたことは後の財産なのだから。
 
 
 民主党支持者の方には、私は今日、この二つの言葉を贈りたい。
 
 
 
 ちょっとした過去記事。
 
 2008年9月30日 毎日新聞。
 
 ・▲衆参本会議で行われた麻生首相の所信表明演説は、その総選挙を念頭に野党・民主党への果たし状を突きつけた格好だった。「補正予算に反対なら財源を明示した独自案を示せ」などと民主党の姿勢をただす五つの問いを掲げ、まるで野党の代表質問のような所信表明となったからだ▲片や民主党も、あすの小沢一郎代表の代表質問が「民主党政権の所信表明となる」(同党幹部)と受けて立つ構えだ。まさに攻守ところを変えた異例の国会風景である。掛け値なしの政権選択をめぐる戦いの幕はもう切って落とされたのだ▲誤った政策の末のジリ貧を戦争で打開しようとした過去の愚行は何度反省してもいい。だが政権投げ出しが続く今日の日本政治のジリ貧打開には、国民の審判を求めるのが一番である。誰がドカ貧を引き受けるかは有権者が決める。
 
 
 
 さすが変態新聞の記事なので、特に解説はしません。
 
 
 
 
 
 
 ・「受験勉強は将来役立つ」 偏差値60以上の高校生の8割が回答…偏差値50以下の高校生では6割
 
 
 なんていうか、受験勉強くらい出来ないと社会ではなにも出来ないなぁと社会人になってから思った。
 
 
 
 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.09.01

無題。

 昨日23:10臥床。本日5:03起床。気温30℃。天気:晴。
 9月になって、学校が始まりやがった。電車が混む。
 
 
 
 今日はさ、民主党総裁選のことを書こうと思って、小沢一郎と総裁選ってことで、自民党時代の安竹宮の時のところからアプローチしようとしたら、失敗だった。
 冷静にまとめてみるとこの時、竹下派七奉行で活躍したのって、小渕と梶山なんだよね。
 なんか、小沢はまだ金丸の使いっぱみたいで、目立つところは少なかった。
 そんなわけで今日は中身のない日になりました。
 
 
 
 ・【ルーピー】仲介に失敗した鳩山「ボクはいったい、何だったんでしょうね」
 
 
 コイツに調整とかが出来ないのは、十分わかってるだろうに。
 
 >>「宇宙語しか話せない伝書バトはダメだ」
 
 誰が言ったのか、興味深いなー。
 
 
 ちなみにルーピー、お前が首相の時にそのことを"お前に言いたかった人"は、ゴマンといるとおもうぞ。
 
 
 
 
 
 ・韓国の「マンファ」(マンガ)、世界へ…朝日新聞記事に続き日テレ「ズームイン」も放送
 
 
 たまたま小沢・菅が気になってて、朝テレビ見てた時にやってたけど、コレは本当に気持ち悪かったわ。
 
 もう日テレじゃなくて、韓テレにしろやー!
 
 
 
 
 
 ・土方見るとふつふつと優越感が沸いてくる あいつら土方が底辺ってこと分かってないんだろうな
 
 
 この>>1は社会を知らないということはわかった。
 
 
 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »