« 無題。 | トップページ | 日本経済団体連合会という無能且つ有害な団体。 »

2010.09.28

戦国武将データファイル 14号。

 昨日22:30臥床。本日5:30起床。気温20℃。天気:雨。歩数13435。
 アレルギーからくる鼻炎で鼻水が止まらないのかと思っていたら、どうやら体調不良みたいだ。
 風邪をひいたのだろうか?
 
 
 
 
 
Busyo_14
 
 
 
 ・戦国武将データファイル 14号。
 
 
 度々止まる戦国武将データファイル。
 14号は、蒲生氏郷が表紙です。氏郷はあまり興味がないので、詳しくありません。
 
 武将名鑑は、小西行長、古田織部、蘆名盛氏、加藤嘉明です。
 この中だと蘆名盛氏かなって感じなので、今日はその辺の話をちょこっとします。
 
 
 蘆名盛氏は、蘆名氏第16代目当主。蘆名氏の全盛期を築いたとして有名です。
 正室は、伊達藤次郎政宗の曾祖父さんにあたる伊達稙宗の娘さんです。
 そんなわけで、伊達と蘆名って仲が悪そうですけど、実は結構姻戚関係が深いです。
 まあ、それは東北諸藩の特徴でもあるんですけどね。
 伊達政宗が奥州の覇権を争った相手が、尽く姻戚関係なのは、曾祖父さんの稙宗のせいだったりもします。
 
 
 それで、蘆名盛氏は会津蘆名氏の16代目となるのですが、蘆名氏の出は相模の三浦氏と言われ、鎌倉以来の名門ですね。
 三浦氏は、桓武平氏の出なのですが、源頼朝の兄である鎌倉悪源太義平を支援したり、頼朝が挙兵するとすぐに参加にはせ参じたりと源氏色が濃いお家柄です。
 それでですね、盛氏の父に当たる蘆名盛舜なんですが、13代当主の盛高の次男なんですが、14代の兄盛滋に子がなかった為、家督を継いだという経緯があります。
 しかし、家督相続後に盛幸が生まれるという、豊臣秀吉しかりの家督相続争いの火種が出来るんですが、ここは揉めずにうまく納まります。
 
 そして、盛氏は嫡男盛興に家督を譲るが、盛興が29歳の若さで急死してしまった為、二階堂氏から盛隆を養子に迎えて、家督を継がせますが、盛隆も23歳という若さで寵臣に殺されるという次第になってしまい、その後はお家騒動を繰り返し、蘆名氏は滅亡へ向かって加速して、その後、第22代蘆名千鶴丸で滅亡してしまうのです。
 
 
 ただですね、先程出てきた盛氏の叔父にあたる、盛滋の子、盛幸の家系は伊達家に仕えることで存続し、その後も脈々と血を繋いでいるのです。
 
 
 ちなみに今号の表紙の蒲生氏郷は、蘆名→伊達→蒲生と会津の領主が変わっていったので、意外と話に繋がりがありましたね。
 
 
 
 
 合戦リストは備中高松城の戦いです。
 どこですか? と日本地図を広げて問われて、備中高松城を指せる人は少ないと思いますが、水攻め、本能寺の変、大返しと歴史の起点になってますね。
 
 
 
 
 名城コレクションは金沢城です。
 学生の頃、見に行ったことがありますが、感動したりとかそういうものはなかったかな。
 印象としては、なんかイメージより狭かった記憶があります。
 
 
 
 
 
 
 
 ・「日本人の誇りを傷つけられ我慢できなかった」 福岡の男性が、船長釈放について検察審査会に審査開始を申し立て
 
 
 あぁ、これは賢いやり方なのかもね、取り敢えずは。
 
 
 
 
 
 
 ・これほど日本国民が一体となって激怒したことが今までにあっただろうか
 
 
 >>「売国奴!」「辞めちまえ!」
 
 >>大相撲秋場所の千秋楽だった26日夕、菅首相が優勝した横綱白鵬に総理大臣杯を手渡すために東京・両国国技館の土俵に上がると、客席からすさまじいヤジが飛んだ。
 
 
 これって本当なのかなぁ~? と思うくらい私は、日本人に不信感がある。
 
 
 
 
 
 
 
 ・【FF14】 秋のBAN祭りキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!
 
 
 >>220 グラフィックデザイナー(愛知県)[sage] 2010/09/27(月) 20:25:38.03 ID:99U0IRlC0
 
    中国語で報告しないから理解できなかった
 
 
 
 「ああ、なるほど」とここでオモタ。
 
 
 
 
 
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
 
 

|

« 無題。 | トップページ | 日本経済団体連合会という無能且つ有害な団体。 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦国武将データファイル 14号。:

« 無題。 | トップページ | 日本経済団体連合会という無能且つ有害な団体。 »