« スタバタンブラー、ロゴドームリッドタンブラー。 | トップページ | 伍子胥。 »

2010.07.16

週刊戦国武将データファイル 6号。

Busyo6
 
 
 
 今号は明智光秀が表紙。
 
 そんなわけで、今回の内容の目玉は、明智光秀、姉川の戦い、丸亀城となっていますが、どれも詳しいのが無いのよね。
 
 光秀も嫌いじゃないけど、好きってわけでもないから、今回の武将名鑑だと井伊直政かなぁ。
 直政は、徳川家の武将として軍事政務共に評価も高いけど、忠勝と康政と比べると個人的には一段下の好きなんだよね。
 世の風潮が、忠勝と康政の政治力が低いのがいけないと思う。ちゅうか、光栄がいけない。
 チョン栄のゲームの康政の政治力評価が馬鹿かって。
 忠勝、康政、直政はみんな猛将として名高いけど、政治力も半端ないつうの!
 大多喜、館林、高崎を見ればわかるだろうに。
 そんなわけで、直政は直政で好きなんだけど、世間の評価の可哀そうさで忠勝と康政のほうを贔屓したくなるのよね。直政だけはちゃんと評価されているということで。
 
 まあ、江戸幕府としても井伊家は、本多家(忠勝系)と榊原家より大事にされていくけどね。
 それは二代目の直孝の功績もあるし、幕末の有名な井伊直弼を生んだことでも、西軍がきたらすぐに城と領地を明け渡した越後高田藩の榊原家とはちょっと違うかな。
 井伊家も戊辰戦争では、有名な赤備えを放り出して、西軍に加わったって記録があるから、50歩100歩か。
 
 
 姉川の戦いは、普通のガチンコ対決だからねぇ。話が膨らまないよね。
 丸亀城の石垣は知らなかったので、一度見てみたいと思ったわ。
 
 
 
 
 
 巷で評判のよい漫画を2本、1巻だけ買ってみたのでその感想。
 
 
 ・男子高校生の日常。
 
 
 

男子高校生の日常(1)

男子高校生の日常(1)

価格:500円(税込、送料別)


 
 
 
 
 そこそこ面白いけけど、評判ほど笑えない。
 クスってなるくらい。
 
 
 
 
 ・高杉さん家のおべんとう。
 
 
 
高杉さん家のおべんとう(1)

高杉さん家のおべんとう(1)

価格:620円(税込、送料別)


 
 
 
 これは面白い。
 2巻も買います。
 
 
 
 

|

« スタバタンブラー、ロゴドームリッドタンブラー。 | トップページ | 伍子胥。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週刊戦国武将データファイル 6号。:

« スタバタンブラー、ロゴドームリッドタンブラー。 | トップページ | 伍子胥。 »