« 日本対カメルーン 1:0 日本勝利。 | トップページ | 2010 W杯 6/16。 »

2010.06.16

フィールド・オブ・ドリームス。

Field_of_dreams

 
 この間の休みに見たので、ちょっと感想を書いてみる。
 
 
 あらすじは、アイオワ州の田舎町に住むレイ・キンセラは農業でなんとか家計をやりくりする、一見普通の貧乏農家。ただ、若い頃に父親と口論の末に家を飛び出し、以来生涯に一度も父の顔を見る事も、口をきく事すらもなかった事を心の隅で悔やんでいる。ある日の夕方、彼はトウモロコシ畑を歩いているとふと謎の声("If you build it, he will come." = 「それを作れば、彼が来る」)を耳にする。その言葉から強い力を感じ取った彼は家族の支持のもと、周囲の人々があざ笑うのをよそに、何かに取り憑かれたように生活の糧であるトウモロコシ畑を切り開き、小さな野球場を作り上げる。その後しばらく何も起きなかったが、ある日の晩、娘が夕闇に動く人影を球場にみつける。そこにいたのは“ブラックソックス事件”で球界を永久追放され、失意のうちに生涯を終えた“シューレス”ジョー・ジャクソンだった。(Wiki参照)
 
 
 感動ものという前評判で見たんですが、まあ、全然感動しなかったです。
 作中の大きな事件"ブラックソックス事件"を私が知らないからかもしれないけど、なんか物事が漠然としすぎてて、感情移入が出来ない感じです。
 
 唯一、いいなーと思うのは、夢を追う旦那を奥さんが批判せずに支えているところかな。
 大体、こういう場合は奥さんが障害になることが多いとは思うので。
 
 
 総括としましては、もう二味は足りないで、FAとします。
 
 
 

|

« 日本対カメルーン 1:0 日本勝利。 | トップページ | 2010 W杯 6/16。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィールド・オブ・ドリームス。:

« 日本対カメルーン 1:0 日本勝利。 | トップページ | 2010 W杯 6/16。 »