« ユーティリティープレイヤー・木村拓也。 | トップページ | ポルナレフさん、匙を投げる。 »

2010.04.13

神宮巡り(1)・香取神宮

P4100080


 先週末、気候も良かったのと花見の最後のチャンスと思い、香取神宮と鹿島神宮に行ってきました。
 個人的にはこの二つはセットという考え方なので、行く時はいつも二つ一緒に行きます。
 
 それで、まずは香取神宮に行きました。
 
 
 
 香取神宮……
 
 式内社、下総国一宮で、旧社格は官幣大社。日本全国に約400社ある香取神社の総本社である。
 祭神は経津主大神 (伊波比主命)。 神職首座は大宮司、大禰宜といい経津主の兄(子とも伝えられる)の天苗加命(あめのなえます)の子孫が香取連を名乗り首座となったが、後世大中臣氏(藤原氏)が養子に入り相互に重職を世襲した。
 鹿島神宮と共に蝦夷に対する大和朝廷の前線基地であり、重要視されていた。平安時代に「神宮」の称号で呼ばれていたのは、『延喜式神名帳』によると伊勢神宮・鹿島神宮・香取神宮の三社だけであった。(Wiki参照)
 
 
 …と、まあ、神社と言うと奈良・京都なんかのイメージがありますが、ここは関東にある由緒正しい神社なのです。
 
 ちなみに境内を散策すると歴史の深さがすぐにわかります。
 杉の木の幹の太さが圧倒的にそこらの山に生えているのとは違いますので。
 
 丁度、私が行った時は、結婚式をやっていて新郎新婦が本殿に移るところを見ることが出来ました。
 海外の教会とかもいいけど、やっぱりこういう神前式のが日本ちっくでいいなぁと思いました。
 

P4100117

 裏道?参道じゃない方の桜並木もすごく綺麗でした。

Dango

 名物の草餅も一緒にいただけば、花も団子もです。

|

« ユーティリティープレイヤー・木村拓也。 | トップページ | ポルナレフさん、匙を投げる。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神宮巡り(1)・香取神宮:

« ユーティリティープレイヤー・木村拓也。 | トップページ | ポルナレフさん、匙を投げる。 »