« 100円ビール考察(9) | トップページ | やっぱりプレミアム。 »

2007.08.02

100円ビール考察(10)

今日はアサヒ「極旨」を飲むことにしました。
あまりCMも印象なく、どんなもんかと飲んでみたのです。
 
Photo_2
 
 
 
 
 
製品特徴は、

①麦のうまみがガツッときて後味がスーッとうまい。

②新パッケージでますますおいしさ感がUP。


……とHPには書いてありました。

まあ①のような紹介文はよくあるのでいいとして、②がよくわかりません。
パッケージで美味しさが変わるのか!とものすごく責任者に問いたいです。

宣伝戦略も悪いとは言わないけれど、やっぱり最終的には食物は味なんですよと言いたい。

アサヒはほんと最近ダメだ。
ぐびなま。もCMはいいんだけど、味は悪いし。
第三、第四のビール開発部っていうのがあるかどうかは知りませんが、ちょっと変えた方がいいんじゃないですか。
 
原材料は「発泡酒(麦芽、ホップ、スターチ、糖類)、スピリッツ(大麦)」です。
第四のビールは、元の発泡酒の出来が差をつけるようなので、発泡酒でいいものを持ってないアサヒは苦しいと言うことでしょうか。
 
一口目の印象は、悪くはないですが、これはたぶんあんまり売れないと思うって言う感じでした。
最近よくある悪くもないし、良くもないというパターンですね。
翌日には味を忘れちゃうだろうし、また買うこともないと言った味です。

バックは、気に入ってよく食べている生揚げです。
冷奴は、あまり好きじゃないんですが、生揚げは好きなのです(*^.^*)
 
 

|

« 100円ビール考察(9) | トップページ | やっぱりプレミアム。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 100円ビール考察(10):

« 100円ビール考察(9) | トップページ | やっぱりプレミアム。 »