« 二の舞。 | トップページ | アンガウル州。 »

2007.08.11

100円ビール考察(12)

サントリー「ジョッキ淡旨」を今回は飲んでみました。

Photo

 
 
 
 
 
 
製品特徴は、

やわらか!小麦麦芽使用。

爽やか!カスケードホップ。

<ジョッキ>ブランドの新しい味わいを表現。
 
 
……とHPには書いてありました。

原材料は。。。
相変わらず、サントリーのHPは見辛くてすぐにわかりませんでした!(怒
その他①リキュールって書いてあったので、たぶん発泡酒のスピリッツ割りでしょう。

一口目の印象は、淡いと言うよりは薄いです。
飲みやすいと言えば飲みやすいかも知れませんが、うちはリピートはしません。
カスケードホップって言うのは、柑橘系のホップなんですが、これを飲んでわかる人がどれだけいるのか疑問です。
すごーく気にしていれば、グレープフルーツのような味がしなくもないかなーと思いますが、普通に飲んだらまずわからないんじゃないかな。

期間限定商品だからこういう遊びもいいかなと言った広い心で飲まれると吉かもしれません。
 
 

|

« 二の舞。 | トップページ | アンガウル州。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 100円ビール考察(12):

« 二の舞。 | トップページ | アンガウル州。 »