« 100円ビール考察(6) | トップページ | 100円ビール考察(7) »

2007.07.19

ビール考察(1)

台風待機で休日が吹っ飛んだ暸乃です。

その際、セブンイレブンで買い物をしたら、くじを引かせてもらいビールを当てました。

仕事中にビール。
仕事中とは言えど、待機してるだけなのでビールを飲んでも問題ないかと言えばそういうわけにはいかないのが、日本の美徳。
待機中は、PCでクレしん映画の『オトナ帝国』→『あっぱれ戦国』の大コンボを見てボロボロ泣いていてもビールを飲まなかった日本の夏。
 
それで、当てたビールがアサヒ「プライムタイム」だったわけです。
最近100円ビールの考察をしてますが、飲み会が続いていて、普段は結構いいビールを飲めたりしていますので、久々のビールと言うわけではありません。
むしろ最近はうまいビールが飲め過ぎて、100円ビールがごにょごにょなんですけどね。
 
 
Photo_8
 
 
  
 
 
このビールの製品特徴は……

①やわらかな飲み心地。
 原材料は麦芽100%。苦味とガス圧のベストバランスを追求し、今までにないやわらかな飲み心地を実現しています。

②なめらかでクリーミィな泡。
 なめらかでクリーミィな泡がマイルドなテイストを長持ちさせます。麦芽本来の旨みを生かしたドイツ伝統の醸造法「高温アインマイシェ法」を採用することで、泡の質向上にも寄与します。

③心が包み込まれる豊かな香り。
 良質なビターホップに加え、最高ランクと言われるドイツテトナング地方のテトナンガー種を中心としたファインアロマホップを贅沢に使用。心が包み込まれる豊かな香りが楽しめます。


……とHPにはありました。
さすがに100円ビールとは書いてあることが違います。
"贅沢"とか"豊か"とか"麦芽100%"なんて文字は100円ビールの紹介では見れませんからね。
説明から、お金かかってるぞーと言うのを醸し出してますね。

おつまみは、じゃがバターと枝豆と生揚げと生ハムと谷中生姜とメンマとキムチでいただきました。
 
 
感想・評価<アサヒ・プライムタイム>

前に飲んだ時は、それほどおいしいとは思いませんでしたが、最近は100円ビールを飲んでいるので、差がよくわかるようになってきました。
一口目の印象は、「あー、ビールだな」と思いました。
苦味とキレのバランスが、すごく日本ぽい感じのビールです。
よく言えば、万民受けするビールだし、悪く言えば、特徴が薄いビールと言えるでしょう。
製品特徴にも書いてありましたが、確かに泡はクリーミィでいい感じです。
しかし、確かにその泡はおいしく見えるし、おいしいのですが、あくまでも泡は泡。
最近のプライムビール激戦区に売り出すのには、ちょっと力不足と言った感じです。

アサヒは、最近の発表で売上本数第一位をキープと言う記事を見ましたが、うちの中では今上位四社の中では一番評価が低いですね。
ちょっとスーパードライへの"おんぶに抱っこ"もいい加減にしないと首位陥落するんじゃないでしょうか。
というか、今の現状の味ならば落ちた方がいいと思います。
 
 

|

« 100円ビール考察(6) | トップページ | 100円ビール考察(7) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

スーパーでバイトしてた時も、プライムタイムはあんま売れてなかったよ(・ω・)
スーパードライの売れ行きは異常だったけd

発泡酒の本生(赤)と贅沢日和のほうが売れてたなぁ。
特に贅沢日和はけっこう出てた。
でも同じ発泡酒のぐびなまと新生3、極はあんまり売れてなかったし、やっぱスーパードライに寄りかかってるかも。

あぁ。ビール飲めないのに売れ行き知識だけ貯まっているww

投稿: Hild | 2007.07.19 18:17

飲まないのにそれだけわかってれば立派だよ。

しかし、お客さんの舌というのは、やはり侮れないものだね。
ぐびなまと新生3はおいしくないもん、売れんわな~。

スーパードライは最近スーパーで見るといつも特売してるんだけど、なんかアサヒの危機を感じてみたりしてるなー。

本来売れ線だから、あまりスーパードライは安くしない傾向だったと思ったんだけどね。

投稿: あきの | 2007.07.20 09:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビール考察(1):

« 100円ビール考察(6) | トップページ | 100円ビール考察(7) »