« もうどうしようもないな。 | トップページ | 100円ビール考察(9) »

2007.07.31

世代論評。

●戦中戦後の世代(~1935)
戦争を経験し日本を見事復興させ今の日本経済を作り上げた、実は最強の世代。戦国時代の武将なみのレベルの高さで感服。一部勘違い、暴走の気もあるが文化をもった最終世代でもある。
 
●混乱の世代(1936~1944)
終戦、復興の混乱期に幼少時代を過ごす。勢いだけで生きていけた世代。運だけが全てを決めてしまった。宝くじ大好き。
 
●団塊世代(1945~1949)
自分達が日本を作り上げたと思ってる"超"勘違い世代。 お前らが作ったのは借金。キチガイ多し。 行動力や根性は多少は持ち合わせているがたいした事は無い。新聞・NHKニュースが総て正しいと鵜呑みする単純馬鹿。要するに自分で考えることをしなくても生きてこれ、考えることを否定した方がうまくいった世代。唯一評価できるのは繁殖力の高さ。 ただしあまりにも高すぎて未だにエロイ事件を起こすのもこの世代。 日本を滅ぼそうと密かにたくらんでいる。もういいから早々に世俗から退場して欲しい。
 
●団塊の金魚の糞世代(1950~1959)
団塊と一緒に踊ってただけの世代。自主性なし。下の世代にも疑いを持たず踊ること(Yesマン)を求める傾向あり。上が団塊で且つ人口減少期に生まれた為競争は緩やかで勘違いが増殖。団塊の劣化コピー版。
 
●バブル世代(1960~1969)  
未だにバブルもう一回とか言ってるバカやバブル後の脱力感で魂まで抜けた奴が多い。金銭感覚が狂ってるため消費率は高めなのが救いだがほとんどは無能。企業内でがん細胞化している世代。
 
●団塊Jr(1970~1974)
親世代の団塊に反発するも就職難で返り討ちにあう。世代人口が一番多いにもかかわらず既婚率は低い。故に出生率を下げていたりと繁殖力は極めて低い。団塊のつけを一手に引き受け、ネットカフェ難民とワーキングプア化しているのもこの世代。実は最難関の受験戦争を乗り越えてるので、仕事させれば出来る子は多いが機会がない上にバブル世代の出来ない先輩に潰される子も多い。100年後の日本史の教科書には悲惨な世代として登場予定。
 
●無味無臭世代(1975~1979)
いたの? バブル崩壊、ITバブル、株バブルをスルーした世代。苦と楽に挟まれているので、どっちつかずが多い。
 
●無気力世代(1980~1984)
あきらめモード全開。やる気ナッシング。パラサイト多すぎ。 気持ちはわかるが、仕事しろよと。 愚痴らせたり文句言わせたりすると最強な所や、他人に頼りまくるところは団塊そっくり。主義思想がほぼない。しかし、お金にはちょっと煩い。
 
●DQN世代(1985~1995)
セックルセックル!小学生のうちから無駄にやりすぎ。おまえら大丈夫かよマジで?あんま期待して無いけど頑張って。いわゆる"ゆとり最強"世代。
 
●日本終焉を見守る世代(1996~)
戦後動き出した日本の鼓動がゆっくりと止まるのを見守ることになる世代。彼らの未来は暗く冷たい。
 
 
こう並べてみると酷いものですね。
今回の選挙も勘違い世代にやられてのかなぁ。
 
 

|

« もうどうしようもないな。 | トップページ | 100円ビール考察(9) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なにやら変な論評だなぁw
個々人の育ちもあるから、
まとめて論じることはナンセンスだろうけど
DQN世代以降は心配すぎるなw

wikiだと団塊Jr世代はもうちょい範囲が広いようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E4%BB%A3

投稿: havyayo | 2007.07.31 14:18

無気力世代マンセー! 片足DQN世代につっこんでr
これ作った人は無味無臭世代なんだろな・・・w

wikiだとゆとり世代ですよ。
第二土曜日だけ休みだったなぁ。途中から第四土曜日も休みになった。

その後は私立通いなので休み関係なかったす(´・ω・`)
土曜4時限分の授業は、全部平日にまわされて・・・。
授業が8時限とかまであったなぁ・・・。

投稿: Hild | 2007.07.31 15:18

まあ、この内容が総て正しいとは思ってないし、ちょっとうちが書いたところもあるしねw

前に見つけて、"んー、ネタに使うかな"と思いつつもスルーしていたんだけど、また今回の為に探してみました。

主旨は団塊の世代を批判したかっただけでs

投稿: あきの | 2007.08.01 18:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世代論評。:

« もうどうしようもないな。 | トップページ | 100円ビール考察(9) »