« 100円ビール考察(4) | トップページ | 絶望先生。 »

2007.07.14

100円ビール考察(5)

それでは第五回のビールの紹介です。
 
 
Wdry
 
 
 
 
 
 
 
今回はサッポロ「W-DRY(ダブルドライ)」を飲むことにしました。
パッと見、アサヒのスーパードライにデザインが似ているのでてっきりアサヒの商品かと思ったら、サッポロでしたビールです。


製品特徴は、

①新ジャンルで初の「ドライタイプ」新登場。

②シャキッとキレるストレートなのどごし、「何杯飲んでも飲み飽きない」「ノドの渇きを癒す」うまさ。

③高発酵によるドライ発泡酒と白樺炭ろ過したドライスピリッツのダブルのドライで、ズバッとキレる飲みごたえを実現しました。


……とHPには書いてありました。

原材料は『発泡酒、スピリッツ』とありました。
所謂、第四のビールというやつです。

これはもう試飲感想がいつものようにゴチャゴチャ書く気にならないような出来だったので、さっさと行きます。

おつまみは、辛口メンマとたらこスパゲティでいただきました。
 
 
感想・評価<サッポロ・W-DRY>

一口目の印象は、「スーパードライ」かと思うような喉越しと口当たりがしました。
これを造った人は、かなり素晴らしいですね。
「スーパードライ」の半値で、この味が出せるのかと思っちゃいましたよ。
うちはどちらかと言うとコクと旨み派なので、あまり「スーパードライ」は好きではないんですが、この「ダブルドライ」は「スーパードライ」は好きだけど、値段がちょっとと思う方にはかなりお勧め出来ると思います。
やはりドライは、「アサヒスーパードライ」だと舌ではなく、頭で決める方は飲まない方がいいと思いますね。このビールの素晴らしさは、多分わからないので。

発泡酒の中では、サッポロの「凄味」が個人的評価も高かったこともあるんですが、サッポロはいい発泡酒の開発してますね。
第四のビールは、発泡酒の出来が大きく味をわけるみたいに感じているので、第四のビールのサッポロは注目かも知れません。
うちの中でのサッポロの地位は「ダブルドライ」によってかなり上がりましたね。
 
 
香   り     3,5点
口 当たり     4,5点
  味       3,5点
喉 越 し     4,5点
後   味     3,0点
            <5,0満点>
 
こんなところですかね。
うちが「スーパードライ」党なら値段で、絶対にこっちに乗り換えるなーって言う一品でした。
これからの夏、大汗をかいた後に是非一本どうぞ。
 
 

|

« 100円ビール考察(4) | トップページ | 絶望先生。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 100円ビール考察(5):

« 100円ビール考察(4) | トップページ | 絶望先生。 »