« ビール考察(1) | トップページ | ビール考察(2) »

2007.07.20

100円ビール考察(7)

今回はサントリー「夏辛」を買ってみました。
限定商品と言うことで、一本ずつ売ってもらえず、6本入りを買う羽目になり、やめてやろうかと思いましたが、この企画の為に買いました。

結構この企画生活を圧迫しだしております。
いろんな意味で!
 
Photo_9
 
 
 
 
 
それでは、製品特徴ですが、

①辛口仕上げ。
 高発酵の発泡酒を使用することで、甘さを抑えたキレのある後味を実現。さらに、小麦スピリッツを加えたキレのある「辛口」仕上げです。

②心地よい刺激。
 高炭酸にすることで、暑い夏によく合う心地よい刺激を実現。
 ビターホップを100%使用した「辛口」らしいシャープな苦味です。


……とHPにはありました。
原材料は、発泡酒と小麦スピリッツと高炭酸です。
高炭酸はうちにとってマイナス評価です。
炭酸で誤魔化そうとするのは嫌いです。
 
おつまみは、枝豆とコーンバターと生揚げとメンマとキムチと生姜漬けでいただきました。
 
 
感想・評価<サントリー・ジョッキ夏辛>

一口目の印象は、やっぱりという感じでした。
夏辛と言う名前から想像出来ていたように、やはり辛口ビールの仕上方でした。
確かに夏向けというのでは、間違ってはいませんが、うちはこれを指定して買いはしません。
んー、何て言うか、この系統では"スーパードライ"が頂点にあり、安い値段でうちがこの間誉めた"W-DRY"もあるので、この二つを抜かない限り買えないのですよ。

サントリーは、プレミアムモルツでは頑張りを見せてますが、まだこれら底辺まで技術が行き渡ってないのかな。
せっかく上の方でのいい商品を持っているので、下の方での商品への頑張りもこれから期待しています。
 
今回から点数つけるのやめました。
あまり意味のない気がしたので。
 
 

|

« ビール考察(1) | トップページ | ビール考察(2) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 100円ビール考察(7):

« ビール考察(1) | トップページ | ビール考察(2) »