« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007.06.30

100円ビール考察(3)

100円ビール考察も第三弾です。
この企画は向いていたようで楽しいです。

それでは、サントリー→キリンと来ましたので、今回はアサヒビールの中で「ぐびなま。」を取り上げたいと思います。

Gubinama
 
 
 
 
 
 
製品特徴としては、

①「ぐっとバランス製法」
酵母にやさしい発酵で飲みやすさを追求。ホップを3段添加することでふわりとした飲みごこちを実現。

②5つの気分価値。
・気軽に飲める。・楽しく飲める。・ホッとできる。・心地よく酔える。・たくさん飲める。

③ぐびっとうまい!ラインナップ。
缶500ml 缶350ml 缶250ml

……と、HPには書いてありました。

いきなりですが、ここの製品説明は"おかしい"と思います。
まず「ぐっとバランス製法」はわかりますが、②の5つの気分価値ってなんでしょうか?
・気軽に飲める。
・楽しく飲める。
・ホッとできる。
・心地よく酔える。
・たくさん飲める。
って、これは『飲む人の気分次第』としか思えません!
2006年2月に実施調査したらしいですが、何を調査したんだか小一時間説明して貰いたいでs

そして、③のラインナップって、これって普通じゃないんでしょうか?
250ml缶は確かにあまりないのかも知れませんが、ないと言うことは需要もないでしょうし、スーパーや販売店でもバランスよく並べたいでしょうから、並ばないんじゃないでしょうか!?

もうね、ここの説明はものすごく納得できません。
担当者ちょっと来い!って感じです。
CMの小西真奈美さんがおいしそうに飲むのはすごくいいと思っていたのに、このHPの説明は残念でならないです。
 

さて、ここはHP考察の場でないことを思い出しましたので、試飲結果の方に行ってみたいと思います。

「ぐびなま。」の原材料は『ホップ・糖類・酵母エキス・大豆ペプチド・カラメル色素』だそうです。
系統としては、「のどごし<生>」に近そうですね。
ただ色素でわざわざ色付けしてるんでしょうか? そこはちょっと気になります。

ちなみにカラメル色素とは「糖類を熱加工して作られたカラメルを、自然な着色料として食品に用いられている色素です。(天然着色料)」だそうです。
ただ天然着色料というと、合成着色料より安全そうな感じがしますが、調べると「特に合成着色料は石油を原料としているため危険で、天然着色料は食品や植物が原料となるものが多いため安全というイメージがあるが、合成着色料と危険性の差異は皆無に等しく、天然だからと安易に判断するのは好ましくない。(Wiki:着色料参照)」ということで、特に安全って物じゃないみたいですね。
化学調味料をうまみ調味料というのとあまり変わらないと言うことでしょうか。
 
 
いつもの余談はこの辺で今日のおつまみは、メンマとキムチと焼き椎茸とさつま揚げと玉葱と牛肉の炒めたものです。
なんか、日に日におつまみが豪華になっているような気がします。
 
 
感想・評価<アサヒ・ぐびなま。>

一口目の印象は、先日の「のどごし<生>」も辛いと書きましたが、それ以上に辛い感じです。
炭酸が、舌にヒリヒリするような感じがします。
アサヒビールが、"苦味をおさえた、飲みやすさ"を徹底的に追求した新ジャンル商品と言っているのも頷けるというか、確かにこれは飲みやすいですが、『コク・苦味』と言ったビールのおいしさはまったくない感じですよ。
喉が渇いていて、兎に角、炭酸を胃に流し込みたい場合は、お勧めでしょう。
名前の通り、グビグビ飲むのが宜しいかと思います。
 
 
香   り     2,5点
口 当たり     3,0点
  味       2,0点
喉 越 し     4,0点
後   味     2,0点
            <5,0満点>

こんな感じでしょうか。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.29

100円ビール考察(2)

先日に引き続き100円ビール考察です。

今日はキリンの「のどごし<生>」を取り上げたいと思います。

Nodogoshi
 
 
 
 
 
 
 
 
 
うちの中では父親の影響のせいか、ビールは「麒麟」みたいに思っていた時代もありました。
そして、今でも心の底ではそう思っているところがあるとは思います。
小さいときのすり込みと言うものはなかなか侮れません。

それでは「のどごし<生>」の製品特徴ですが、
①特許技術「ブラウニング製法」でしっかりとしたうまさを実現。

②麦芽や麦を使用せず、原料に大豆たんぱくを使用しており、酒税法上は「その他の醸造酒(発泡性)」に区分されます。2000年より開発を始め、10種類以上の原料を検討、160回以上に及ぶ開発試験醸造を経て、2005年4月に誕生しました。当社の特許技術「ブラウニング製法」により、すっきりしたのどごしと、しっかりしたうまさを両立。着色料を使うことなく、黄金色の液色を実現しました。

③すっきりしたのどごしと、しっかりしたうまさを実現したキリンの新・定番
 
……と、HPには書いてありました。

余談になりますが、サントリーよりキリンのHPのが見やすく、説明も細かかったです。
「ジョッキ生」の時は探すのに苦労した原材料も一発で出ました。

「のどごし<生>」の原材料は『ホップ・糖類・大豆たんぱく・酵母エキス』だそうです。

結構シンプルですね。
前回の「ジョッキ生」があまりに多かった為、こちらの方がシンプルで、個人的には好感が持てます。

それで「のどごし<生>」を実際に飲んでみました。
おつまみは、キムチと納豆とカジキマグロの煮付けとさつま揚げとご飯です。夕食でs
 
 
感想・評価<キリン・のどごし<生>>

一口目の感想は、ちょっと辛いかなと感じました。
この間実家に帰った時にアサヒのスーパードライを飲んだんですが、それに似た印象を受けました。
たぶんこれは炭酸が強いせいなのかな、ピリピリとした炭酸と苦味が口の中に広がるのです。
その分、腰とかコクとかは、ほぼ感じません。
うちのキリンの印象とはちょっと違いますね。
なんか、系統的にはアサヒ系の味がしました。
名前の通り、一口目ののどごしで勝負するなら、ビールと遜色ないとは思います。
酔って味が判らなくなる人にはお勧めです。
うちは、序盤でキムチを食べて、かなり舌が馬鹿になってしまったので、とてもおいしくいただけちゃいました。

香   り     2,5点
口 当たり     4,0点
  味       3,0点
喉 越 し     4,5点
後   味     2,0点
            <5,0満点>
 
最後にちょっとだけ不満を書くとすれば、このビールは泡立ちがあまりしません。
泡のシュワシュワ感が好きな人にはお勧めできませんね。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.28

漫画喫茶。

最近、漫画喫茶に行きたくてしょうがないんですよ。
学生時代は、飲んだ後に終電がなくなってと言うか、もう終電がなくなる覚悟で飲んだりしていたので、その後に漫画喫茶に行って、朝まで過ごしたりしてる時がありました。
基本的にはその時は寝に行くんですが、ちょっと寝る前にと思って、漫画を読み出すと止まらなくなって、朝までどころか、昼前まで読み続けたりしたものです。
しかし、社会人になってからは、さすがにそういう生活をほとんどしなくなりました。
何回か、夏の公園で過ごしたりしたことはありますけどね……。

そんなわけで、ここ数年漫画喫茶に行かなくなったら、ちょっと読みたい漫画が増えてきちゃったんですよ。
なんか、漫画って買うまでもないけど、読みたいのってありませんか?
漫画喫茶はそういう漫画を読んで処理するには、とても適していた場所だったんですよねぇ。

漫画喫茶って言えば、最近は「ネットカフェ難民」なんて言葉も良く使われ、テレビでも結構取り上げられてますね。
うちは漫画喫茶に行きたいな~と言う不純な思いから、そういう番組をここ最近何本か見ましたが、この問題ってどこをどうやって解決したらいいか、わかり難いですよね。
正社員を取らない企業が悪いのか、ピンハネしている派遣会社が悪いのか、はたまたうまく生きられない個人が悪いのか。
多様な原因の元で起こっているみたいですね。
ただひとつ思うのは、民主党の言っている"最低賃金時給1000円"とか、派遣ユニオンの言っている"最低賃金時給1200円"とかはあまり解決の方法にはなってないと思いますよ。
正社員だって、それ以下の人は一杯いると思いますしね。
お金だけの問題じゃないと思います。
うちだって、入りたての頃とか、仕事が出来ない時は、そんな給料貰ってませんでしたしね。
いきなり入ってきた人に時給1000円払う会社って、結構稀じゃないのかな~、それなりの技術や資格を持ってれば別でしょうけど。

そんな思いもあって、のび太くんがいいことを言っていたので、一枚ポチッと貼って置きます。

1178695105740

 
 
 
 
確かにそうかも知れないね、のび太くん、えらい
 
 
ドラえもんが出てきたので、ドラえもん繋がりで、どうしても許せないことがあったので一言。
 
-------------------------------------------
 
◆元少年、女児への殺意も否認=光市母子殺害差し戻し審-広島高裁

 山口県光市で会社員本村洋さん(31)の妻弥生さん=当時(23)=と長女夕夏ちゃん=同(11カ月)=が殺害された事件で、殺人などの罪に問われ、最高裁が一、二審の無期懲役判決を破棄した当時18歳の少年で元会社員の被告(26)に対する差し戻し控訴審第3回公判が27日、広島高裁(楢崎康英裁判長)で開かれた。
前日に引き続き被告人質問が行われ、被告は「あやめるつもりはなかった」と夕夏ちゃんへの殺意についても否認した。

 被告は、弥生さん殺害後、「遺体をタオルでぬぐおうと、衣服を脱がした」と乱暴目的を否定。「実母に救いを求めるように近づき、生き返ってほしくて暴行に及んだ」と答えた。

 夕夏ちゃんの首をひもで絞めたことは覚えていないとし、
「亡くなったと分かって絶望し、ドラえもんが何とかしてくれると思い、押し入れの天袋に入れた」と述べた。
 一方、検察官の詳細な質問には「分からない」「覚えていない」と発言。

 最高裁に提出した上申書との矛盾を指摘されると「法廷で話したことがすべて」と繰り返し、裁判長から「質問に答えて」と一喝された。

(時事通信 2007/06/27-13:32)

---------------------------------------------
 
このニュースは、ずっと追ってるんですが、いつも読むと気分が悪くなります。
だからといって、黙殺するのは、もっと気分が悪くなるので、なんとか追いかけてます。

>「亡くなったと分かって絶望し、ドラえもんが何とかしてくれると思い、押し入れの天袋に入れた」
 
 
ふざけるな! ドラえもんに謝れ!!!
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.27

100円ビール考察。

最近スーパーなどでは350mlのビールがほぼ100円(大体105円~110円くらい)で買えます(以下100円ビール)。
まあ、正確にはビールであって、ビールじゃない雑酒なんですが、これからの夏に向けて色々買ってみようと思っています。

うちはあまりビールは好きじゃないんですが、最近飲んだサントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」が、かなりよかったので少しビールにはまってきたんですよ。
ビールにはまったのに、何故「雑酒」を考察するかと言いますと、

『コスト』の問題です。

はっきり言って、コストを考えないならプレミアムモルツが飲みたいんですよ。
でも、350mlで200円するビールを毎日飲み続けるのは如何なものかと思いますので、ケチって100円ビールに活路を求めたのが今回の経緯です。

実は100円ビールを試す前に、近くのスーパーやコンビニで手に入るビールと発泡酒をすべて買って試したんですが、ビールに関してはやはりプレミアムモルツがお気に入りであるのと発泡酒は違いがわからないと言うか、あまり好みな味がなかったです。
それに、発泡酒になると350mlで150円くらいするので、そうなると割安感がないんですよね。
そこまで出して好きじゃない味のものを飲むなら、普通のビール買うわって値段なんですよね。
まあ、これが愚法「酒税法」の弊害であることは知ってますけどね。
酒税法のことを書きだすとものすごく長くなりそうなので、今日は書きませんが、酒飲みとしては酒税法と言う字を書いただけでイラッときますからね。
あ、誤解されると困るんで書いておきますが、うちは税金が取られるのが嫌ってわけじゃなくて、酒税法の中身が気に入らないとだけは書いておきます。
 
話が逸れましたが、それでは100円ビール考察第一回を書きたいと思います。

記念すべき第一回の商品はプレミアムモルツで個人的評価を上げたサントリーから「ジョッキ生」を取り上げたいと思います。

Suntory_jug_thumb
 
 
 
 
 
 
 
製品特徴として、
①クリスピーコーン10%増量
(クリスピーコーンとはコーンの繊維質を高温高圧蒸気(HHS)加工して香味を増幅させた「“フレーバーリッチ”」)のことらしいんですが、うちにはよくわかりません。
ビールってコーンの香りするんだっけ?という感想が浮かびますが。

②仕込み時間延長による「コク・うまみ」の増強

③香味のベストバランス

……と言うようなことがHPには書いてありました。

どうでもいいことかも知れませんが、ジョッキ生のHPは見辛いです。
まあ、ほとんどの製品オフィシャルHPって言うのは、『無駄な!』機能を使ってばっかりの鬱陶しいものが多いんですがね。その為にうちはオフィシャルHPって言うのは見るのが嫌いです。
これを書いていて、今回の企画の一番の敵はこの辺かと思ってしまいましたよ。

得意の脱線をして書けば、こういうのってたぶん企業はほとんど外注に出してるんじゃないですかね? その為、派手な機能とかを使ってみせないと文章だけを並べて見せただけじゃ商品にならないのでこういう風になっているのかなとも思います。
もしくはCMを担当している人や部署がやっているせいでしょうか、何かCMと勘違いしてると思うんですよね。
でもね、こうやってその企業のHPを調べに来る人って、CMを見に来てるのでしょうか?とうちは問いたい。
大体は、今回のうちのように商品の細かい情報を得る為に来ると思うんですよ。
こんな派手なフラッシュとかは、CMで見れば十分なんですよ。もっと理路整然とした文章が読みたいんですよ。
もしこの文を読んでその辺に詳しい方がいらっしゃったらお話を聞きたいものです。

はい、脱線終わり。

それで「ジョッキ生」を昨日飲んでみました。
おつまみは、焼きそばとキムチです。焼きそばがあまりうまく出来ませんでした(謎情報です)。
 

感想・評価<サントリー・ジョッキ生>

一口目の印象は、口に入れた瞬間「あ、ビールかな」という印象を受けますが、しかし、その後は残念ながら、仕込み時間延長による「コク・うまみ」を感じることはありませんでした。
実は、この辺は飲む前に原材料を見たときに後味に関しては、想像出来てしまっていたので、そのことも多く起因しているとは思います。
なんせ、このビールの原材料は『ホップ/コーン/糖化スターチ/醸造アルコール/食物繊維/コーンたんぱく分解物/酵母エキス/香料/酸味料/カラメル色素/クエン酸K/甘味料(アセスルファムK、スクラロース)/苦味料』と開発者の立場になれば"涙ぐましい努力の賜物"であり、消費者の立場になれば"なんて工業製品?"と言いたくなるようなものだったからです。

原点に返って言えば、ビールとは、本場ドイツのビール純粋令で定める所の「ビールハ、麦芽・ホップ・水ノミヲ原料トス」と書かれているように麦芽とホップを使うはずなのにこのビールには麦芽がありません。
麦芽とは、イギリス語では"モルト"と言います。
こう書くとウィスキー好きの人なら、シングルモルトなどを思い浮かべていただければわかると思いますが、お酒の味を出すのにとても重要なものです。

でもね、ここまで書いて思ったんだけど、100円ビール考察で『これを言っちゃいけない』んだね。
だって、100円ビールは麦芽を使ってないから、酒税法上税率が安く押えられてる為、100円ビールになっているわけで、麦芽を入れた高くなっちゃうんだからね。
 

うん、ものすごい脱線文の第一回でしたが、総括しますと

香   り     3,0点
口 当たり     4,0点
  味       3,0点
喉 越 し     4,0点
後   味     2,0点
            <5,0満点>

以上な感じです。
まだ第一回なんで、色々飲んでいくうちに評価は変わっていくと思いますが、取り敢えずこの辺でつけておきます。

個人的には、これで100円ならありです。
また買うと思います。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.26

復活妄想日記。

昔、妄想日記なるものを書いていた時がありました。
今から10年近く前なので、最近のようにブログみたいに手軽に書ける時代ではなく、HPのコンテンツとしてアップしていたものでした。
当時の日記データーは、もうどこかにいってしまっているので、今思えばとても残念なことをしたなぁと思っています。
妄想日記と言う名前がついてはいたのですが、別にそれほど遠くに逝ってしまうようなあぶない事を書いていたわけではなく、若気の至りと言うか、若さに任せた暴走のようなものを書いていたと思います。
何故、いまさらこんなことを書き出したかと言うと、ここ一月ぐらいずっと考えていたのですが、FF以外の普通の日記もつけたいなと思うようになったからでした。

今まで、このブログにはFF以外のことはほとんど書いてはいません。
それは、現実と空想の境をキチッと線引きした方がいいという事を思っていたし、現実世界のことをヴァナで色々言われたくないと思っていたからでした。
しかし、最近はヴァナも落ち着いてきた感があるし、別のブログスペースで書くにしても、二つをやるとなるとただでさえ更新が滞っているのに、薄っぺらいブログが二個出来るだけであって、読み人もつまらないと思うので、もうこっちに纏めて書くことにしたという訳です。
 
ミクシィに書くって言う選択肢もあったんですが、うちはあれあんまり好きではありません。
うちは結構暇な時には、あっちこっちの人の日記を読んだりするのが好きなんですが、ミクシィって履歴が残るらしいじゃないですか。
それがなんか気を使いそうで嫌なんですよね。
うちは別にこのブログを読んでコメントを貰えなくても、この日々の独り言を楽しみに聞いて貰えれるならそれはそれでいいかなと思ってるんですが、ミクシィの読み逃げ禁止みたいなことを聞いた時に「これは出来ない」と思いましたんでね。
 
 
ダラダラと書きましたが、言いたいことはこれからはリアルのことも書きますよと言うことです。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.25

週末の回想。

LSMのE氏のラッキー度があまりに高い為、週末の思い出が「オティ」のみになった暸乃です。

過去数度張ったことのあるオティヌスボウ(以下オティ)ですが、E氏の為に張ったときは、一度もNMすら出たことがないといういわくつきのNMです。
まあ、これ自体がPOP時間が2時間から~?時間という一筋縄で行かないNMって言うのもあるのですが、うちはレベリングでは何度も会っているので、そんなに出ないものなのかなといった印象があったりもしたんですが、昨日も兎に角こいつが出やがりませんでした!

うちは、最初モ上げの為にジュノで玉出していたんですが、盾さんを誘えなかった為、自分でリーダーをすることも出来ず、見事に放置されたので、14時くらいからの参加になったんですが、18時までやってもさっぱり出ません。
最初からやっていたメンバーは、0時くらいからやっていたので、その時既に6時間くらいやっていたことになるのですが、それでも出ない。

その後は、みんなご飯の時間になったりしたので、適当に交代して、うちも一時離席して、お風呂とご飯に行きました。
それで19時過ぎに戻って来たんですが、まだ出てません。

「7時間半を越えた」と言う発言があり、もう止めるに止められなくなったUchinoLSMは、もう半場自棄になりゴブと蟹を虐殺し続けました。

そして、張り時間が8時間を超えるかと思った直後に『Wyvernpoacher Drachlox』(Wゴブ)がPOPしました。
一斉にNMに群がった飢えたLSMは、それまでの鬱憤を晴らすが如く、Wゴブを瞬殺し、

獣人金貨
ゴブリンヘルム
ゴブリンメイル



オティヌスボウ


オティヌスボウ、キタ━ヽ(゚∀゚)ノ━( ゚∀)ノ━(  ゚)ノ━ヽ(  )ノ━ヽ(゚  )━ヽ(∀゚ )ノ━ヽ(゚∀゚)ノ━!!
 
 
 
これによって、狩74まで育ちに育ってしまっていたE氏の手にやっとオティヌスボウが入ったのでした。

ちゃんちゃん。
 
 
今回はうちの日記なのに、全然うちが輝かないというこれまたさびしい次第。
まあ、今週末のうちの働きと言ったら、土曜リンバスに遅れ、日曜モで放置されると言う素晴らしさだったのですから、それもまたしょうがないk
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.16

山猫少尉。

一昨日、ふとバザーを覗くとそこには「山猫少尉」の文字があった。
あー、そう言えば導入されたんだなと思い、白門に戻って社長に会いに行くとアブクーバのところに人だかりが出来ていたので、アブクーバに話しかけるとクエが始まりました。
最初は、記憶クイズみたいなのかな、ちょこの数を数えたり、向いてる方向を当てたりしました。

この山猫クエは、落ちるとやり直しとなり、結構軍曹だったかな?その辺では、はまったりもした過去があり、緊張しました。
しかし、今回は無難に抜けて、獣人品に多額の金銭をぼられたりもしましたが、無事に少尉になれました。


翌日は、AM「特使の御楯」に行きました。
移動がちょい面倒くさかったですが、戦闘は余裕で終わりました。
これなんていいますか、シャントット様だけで、勝つんじゃないでしょうか?
プレーヤーに「ケアルしろー」って言うのが、ものすごく憧れました。
さすが墨筆頭!

その後、白門に戻って猫社長に会いに行った所で、軽い気持ちで離席したら、一時間以上戻れなくなりました。


神威取り直しに光の鉱石が必要であり、その値段が暴騰しているので、今どうしようか思案中。


以上!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »