« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006.11.27

何故、青魔を上げているのか。

新ジョブをなんか上げようと思った時に、最初に思い立ったのはコルセアだったんですが、30代で挫折した為、次に選ばれただけです。

うちが持ってるジョブの中では、遊ぶのであればこれほど面白いジョブはないと思うんですが、レベリングは今までの中で最上級の厳しさです。むしろ、別格。
能力としては、メリポ式レベリングでなければ十分いけてると思うし、確かに特化ジョブに比べたら見劣りするところはありますが、普通にやれば与ダメもトップクラスを出せますし、いやし、フルーツで回復も出来るのでかなり凡庸性は高いと思うんですが、世間の人気はさっぱりありません。
世間の評判を知る為に、気づいた時にはPTMに聞いてみたりするのですが、確かに青魔の評価はあまり高くないみたいです。
うちも最近誘われる半分は、前に組んだことのあるリーダーばっかりです。
誘ってもらって頑張って結果を出すことによって、なんとか次誘われるのです。
そうやって誘われるのは、うちとしてはとっても光栄なことなんですが、それでしか誘われないってねぇ。
でも、冷静に考えてみるとうちもリーダーしたら、たぶん、青魔は最後まで誘わない気がするのでしょうがない気もします。

青魔って、本当にレベリングでは微妙。レベリングだけ特化したジョブって言うのも嫌だけどね。
というか、うちの上げたジョブは、すべてレベリングでは微妙なんですけどね。

BCとか局地戦闘用ジョブが好きなんです!

一瞬の煌きにかけてるんです!!
 
プロMとかENMとか印章BCなんかが大得意です。
 
 
話は変わりますが、昨日初めてリディル戦士とレベリングで組みました。
最初わからなかったんですが、どうも途中からおかしいと思い始め、よーく見てみると変な青龍刀を抱えてボコボコ殴ってるんですよ。

これ別な生き物ですよ。
ものすごくアタッカー職で同席したら、胃がキリキリしそうな気がします。
 
与ダメ結果を書きますと編成はナ戦侍青赤詩で、リ戦20万・侍シ13万・青シ13万ってとこでした。
 
ナ盾でおもいっきりできるぜって言ってたのですが、この結果には参りました。
 
体感的には、侍さんにも大負けしてると思っていたのですが、同格だったのは意外でした。
ただ侍好きのうちにとっては、この結果は二重のダメージであったことを書いておきます。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.24

無題。

最近、青魔がネガってるので更新しません。

お暇な人は、右の暴大入試をやるとちょっと面白いらしいです。

ちなみにうちはそういう情報をもらいましたが、名前を入れる所で挫折中です。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.14

週末の回想。

土曜日の午前中は、最近青魔で消費している紙兵作りに勤しむ為に国に帰りました。
チョコボハウスの近くを通ったりしましたが、もうチョコボへの情熱はめっきり失せているので、素通りです。大人しく引退させてやればいいのにとも心の片隅で思い始めていましたが、今回は取り敢えず放置。

10Dほど紙兵を作って、ガルカにちょいと愚痴を言われて纏めて貰うと白門に戻って昼食にしました。

昼食後、玉を出すと程なくして誘われまして、沼でインプ&トンボを狩りました。
忍戦青赤黒コで5時間ほど狩りまして、68上がりたてからなんと69にレベルが上がっちゃいました。
最近裏LSでは、コルセアについて話があって、うち的には強いと思ってるんですが、裏LSの子は、ほとんどサポ白しか経験したことがないらしく、強さを実感出来ないみたいな話をしていたんですが、今回のコルセアさんはサポ忍でスラッグバシバシ撃ってかなりのご活躍でした。
やはり編成上、サポ白がやむを得ない場合もあるかと思いますが、射撃と回復魔法の相性の悪さ等を考慮するとやっぱりコルセアはサポ忍かサポ狩にしてあげた方がいいのかなーとも思います。
まあ、サポ忍で短剣振り回すコルセアは知りませんが!
 
 
夜は、最近恒例のプロM手伝いで、スノールBCに行きました。
与ダメ順に三人ほど(うち含む)死にましたが、またも無事に撃破。

『ほんとつまらn・・・』

面白かったのは、イベント中にぷるさんがスリップでお亡くなりになったことくらいだったという……。
 
 
日曜の昼間もレベル上げ。
クフタルでトラとか狩りました。超久しぶりです。
旧エリアで、クフタルなんか全然期待してなかったんですが、思いのほかうまかったです。
編成がナ戦モ青赤黒だった為、サポ白をお願いされまして、サポ白で行ったんですが、相変わらずうちのサポ白はさっぱり活躍出来ないと言うか、自分の麻痺を回復するくらいしか役にたってませんでした。
狩ってる途中に思ったんですが、出発前に考えて、モさんのサポを相談すればよかったかなと思いました。
何故かというとモさんサポ戦で来ていた為、ちょっとバランスが悪い感じになっちゃったんですよね。
昔なら間違いなくモはサポシで来て、開幕に連携を持ってきて、ナイトに不意だま固定って感じになったと思うんですよ。
ただ今はあまりサポシが流行らないきらいがある為、出発前には気がつかなかったんですよね。
黒魔の経験からも、開幕でモンクの不意だま連携なんかして貰うとナイトにタゲががっちり固定する為、MBで引っ張ることもないし、その後も削りやすくてやりやすいんですよね。
昔ながらの連携MBって今はあまり流行ってないけど、やっぱり時と場合によっては言いということを頭でわかっていながらも実践で再認識させられてしまいました。
 
 
月曜日は、球出ししてちょっとぼーっとしてるとOrfinaさんがアル・タユにラーニングに行くかい~と誘ってくれたので、なゆちゃんも攫って、三人で行くことにしました。
アーンのリンク>リレイズ祭りで全滅しそうになったりしましたが、なんとか無事にディセバー、プラズマチャージを覚えて城に向かったところで、あよさんとぷるさんが来たので、二人も拉致して5人で城へ。
A・バースト、反応炉冷却を一発づつで覚えて、あっさりと欲しい物は終了。
アサルトを軽く一回やって就寝となりました。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.10

青魔レベリング。

昨日も早い段階で誘われました。
狩場はメッカの火山。
編成はナシ侍青赤黒でした。
シ侍青がサポシと言う、不意だま軍団での狩りでした。

動きとしては、開幕だまリップ、次に不意シーザスって感じで廻して、あとはヘッド・Mバイトで削ってました。
シさんとは、なかなか息が合っていたと思いますが、侍さんとはあまり合わなかったです。
この辺は、サポシの動きの思想の違いなのかな。

時給は6500くらい、与ダメは好きにやらせていただいたせいも合ってか、昨日に引き続きトップ。結構抜けました。
5チェーンで休みなしくらいで狩る時は、うちはサポシのが向いてるっぽいです。
倒して、釣って、戦闘になるのが丁度、不意だまのリキャストがいい感じにまわるんですよね。

MP効率もいいし、だまで押し付けてればタゲも取らないで済みますので、与ダメも伸びているのかな。
最近忍盾に当たってないので、忍盾の場合はわからないのですが、忍盾の場合は少しタゲを取るくらいでサポ忍がいいのかな~。
 
二日連続で調子いいので、ネガ青魔におさらば中です。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.09

青魔レベリング。

昨日は、いつも通り誘われないので、ソロに行くかなと準備してる途中に奇跡的に誘われました。

タル4のタル支配のパーティーで、編成はナ戦シ青白赤でした。
狩場は火山でした。
入って編成を見た瞬間にこのPTはやりやすいと感じたとおり、すごくやりやすくていい感じに稼げました。

好きなように遊ばせてもらえたので、repもいい数字が出て『仕事したな』って感じでした。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.06

プロマシアミッション。

最近週一くらいでLSMのプロMを手伝っているのですが、どうも手ごたえがありません。
マメット、ディアボロス、應龍、ミスラと来てますが、一回も負けておりません。
自分が抜ける為にやった時もそんなに負けなかったのですが、ここまでは楽ではなかったです。
まあ、当時より装備もよくなり、戦術は確立され、メリポなどによる性能の底上げが行われているので、有利ではあるとは思うのですが、ここまで楽だと面白みに欠けるのですよ。

なんていいますか、負けて得るものってあるじゃないですか!?

負けることによって、皆が知恵を絞って難関を抜けることにより結束が高まったり、勝利の喜びが増したりするのではないかと思うのですよ。
プロMは確かに難しく面倒なので批判も多いのですが、その分終わった後にはそれなりの達成感みたいのがあるので、うち的にはこれはこれでありかなと思ってるミッションではあるのですよ。
今、やってるLSMにはそれが味わってもらえないようで、ちょっと寂しいのかなと思ったりもしています。

ただ早く抜けてもらって、現状では人数不足で攻略できないリンバスにも行きたいと言う気持ちもなきにしもあらずなのです。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.01

デュナミス-サンド。

昨日は裏の日だったので、参加。
なんか昨日は乗り切れなかった感じがしました。
百烈中のオークにサンダーかまして、瞬殺されたりと醜態を晒したりもしました。
あとうちはみえちゃんにはわざと冷たい言葉遣いをするのですが、これがわざとだとわからん人が会話を聞くとちょっと引くなと思って反省したりしました。
そんなプレッシャーに勝つためにも、裏は飲まないと参加できn
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »