« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006.07.18

コルセア上げ。

最近忙しい時間を裂きつつコルセアのレベル上げなどをやってみました。

性格的にあまりあわなそうな感じがしていたので、全然やる気などなかったのですが、逆に本気にならない分、楽しめるんじゃないかとも思ってやってみることにしたのが事の発端です。
あとなんでもいいんですが、FFではレベル上げしてる時が一番うち的に輝いている時のような気がしてるので、とにかくレベル上げがしたかったと言うのもあります。

それで現在30まで上がってきたんですが、狩人と同じく遠隔職は当たるようになってからが楽しいですね。
27でパイレートガン+1、28でアーチャーナイフ、29でボウヤーリングと装備出来るようになると面白いように当たるようになるので、それまでの『あれ? うちなにしてるんだろう・・・』っていう針の莚の上に座らされているような感覚がなくなるのが素敵です。
30になってノクト装備を着るとさらに飛命がアップしてくるので、タゲ取らないように押えたりしないといけないのかな~なんて、淡い期待を持っていたりします。
しかし、こんな楽観的な感想を述べてはいますが、各所の情報ではとてとてには当たらないとの情報もあるので、その辺はビクついていたりもします。
確かにWSの命中率はかなり怪しいものがあるので、連携などに入れられるとお腹が痛くなりそうではあります。

それでここまでコルセアを上げて思ったことですが、まずPTの中での位置としてはかなりの自由人であるという感じです。
むしろ、自由にして置かないと力を発揮できないと思います。
そんなわけで、ポジションとしては第4のアタッカーか第3の後衛あたりが適当な席かと思います。要するにPTとしては最後の席になるのですが、ただこの席で誘っていただかないとものすごく辛いものがありました。
うちは先日、忍戦白黒詩のPTに入ったのですが、この時はまだレベルが24とか25であった為、全然射撃も安定して当たらないのでかなり辛かったです。高レベルであればこの編成もありかなとは思いますが、低レベル時のすべてが不安定な状況ではちょっと苦しかったです。
高レベルであればね、忍戦黒なんかでガシガシ削っていけると思うので、その間を縫ってプチプチ撃っていればいいのでしょうが、まだ忍戦黒とダメが安定しない時代でしたので、よろしくなかったのですね。うちの射撃が当たれば強い為、かなりのダメージソースを受け持つようになってしまっていたので、撃たないと倒せないし、撃てば他のことが出来なくなるというか、拘束が大きすぎるのはよくないと感じました。

…ということを踏まえまして、今のレベルでは前3と後2とコルセアみたいな感じが一番いいと思います。
コルセアのもっともいいポジションは"なんかやってる"って程度のところにおいておく事だとうちは思います。
なんていいますか、花形の活躍を期待してはいけないと思います。

そんなわけで、何をしてるかよくわからないコルセア30歳。
取り敢えずの目標であった30ENMへの参加資格を得ることは出来ましたが、楽しくなってきたのでもう少し続けてみたいと思います。
30ENMでレベルだけ上がって、射撃スキルが低いっていうのも悲しいですしね。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »