« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006.02.27

週末の回想。

今週は土日休みだったんで、充実のFF生活をしてやりました。

ただ充実しすぎていたので、内容がうちの記憶能力をオーバーしちゃったのか、金曜の夜から思い出そうとすると、さっぱり思い出せないので、久々の逆時計日記で行きたいと思います。

日曜夜。
LSMを拉致ってENM。
最近、またLSMのログインが減っている為、開催には全員参加が前提という、ものすごい縛りがついているんですが、気合の開催。
なんとか6人集まって、雪山ENMに行きました。

今回、うちは初の侍での参加をさせてもらいました。
道中はすごい調子が良くて、ノンストップで洞窟まで行けちゃいました。

「おー、これは順調だー」
と、喜んでいたんですが、順調すぎた為、デスペナ補完が出来ていなくて、それじゃあ、ボムを狩って補完しようって、ボムに手を出したのが惨事の始まり。
ボム自爆に巻き込まれて、3人死亡の大惨事となり、ENMをクリアーすれば丁度いいくらいのマイナスになったんじゃないかなってお話。

そんなわけでボム補完を諦めた我々は、ENMに突入しました。

初めての前衛でのBCにちょっと緊張気味のタル侍。
連携は、本当は猫忍x2とやりたいんですが、闇はダメが出ないということで、相性の悪いEfyi戦士と月光>ミストの核熱。
編成が忍忍戦侍詩召と偏っている上に、マラソンは召喚のぷるさんがやるので、一匹目を倒す時はとにかく被ダメを避けるようにとのお達しで不意だまはなし。

戦術の確認が終わり、いざ戦闘です。
手馴れた猫忍二人のタゲ回しの中、順調に削っていきます。

そして、TPが貯まり、見せ場到来という意気込みと共にWSマクロボタンを押しました。
 
 
 
Akinonは、八之太刀・月光を実行。


→Eldertaurに、ミス。
 
 
 
 
 
「ちょwwwおまwwwww」
 
 
 
うち、初参戦ですよ!?
今後の為にも侍の力を見せておかなければならない時に、ミスとはなんだーヽ(`Д´)ノ
 
 
Efyiちんに「なんか出ないw」とか、胃がキリキリしそうなツッコミを喰らって傷心のうちでしたが、侍はすぐに汚名返上できる"黙想"という素敵アビを持っているので、すぐに黙想して、今度は外さないように猫忍の背中を取って、不意だまでいれてやりました!

不意だま禁止って、お達しが出てなかったっけ?って、もう終わりそうだったのでいいのでした。
実際、その不意だま月光がとどめになりましたので。
 
 
それで次のおっきいのには、ちゃんと連携を成功させたんですが、あまりにダメが寂しかったので、連携なしってことになって、また最後猫忍の背中を取って不意だま月光を入れたら、丁度とどめになりまして、

「おいしいところだけもっていかれたw」

と言われました('-'*)
 
 
無事経験値3500をゲッツ!
戦利品はなめしが出ました。
 
 
 
続いて、アットワENMに向かいました。
ここも侍で参加。
今度は猫忍二人との闇連携で挑みます。

忍者二人を完全に捌くのは、まあ無理なので、忍×忍をはさんだり、月光>空とか裏返したりして、打ち合わせにはなかったことですが、さすが長い付き合いのLSMパーティーと言うことでなかなかうまいこといきました。

楽々撃破で戦闘は満足いく結果が得られましたが、戦利品はマーシャルアクスとか出て、凹まされる結果になりました。
 
 
時間になったので、取り敢えずアップ。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.24

最近の回想。

えー、仕事が終盤に向かいまして、ちょっと日記を書いてる暇がないのです。

そんな中、今日はちょっとだけ時間があるので、思い出せることを書いていこうと思います。
 
先週土曜日に侍が71に上がりまして、71ということは、WSクエのお年頃なわけですよ。

両手刀のWSは九之太刀・花車。
これによって、明鏡止水ですべての連携を一人で作れるようになれるわけです。

連携といえば、侍。
侍といえば、連携。

みたいに、侍と連携は切っても切れない関係のものですので、さっそく手に入れる為にパーティーが終わった後、すぐにノーグに飛びました。
侍は70で両手刀のスキルが250を越えているので、すぐに受けられるはずです。

手馴れたヨト石→ノーグ間を滑走して、いつものスコハネおじじに「教えて教えて(´・∀・`)」って頼んだんですが、おじじ反応がありません。
 

(´・ω・`)なんで?
 
エリチェンしたり、ギルガメッシュに話したりしても、一向にクエが起こりません。
 
 
(´・ω・`)なんで?なんで??
 
 
 

 
途方にくれるうちの脳裏にふと、あることが浮かび上がりました。
 
 
 
 
 
「ヘキサが6連打なのに、2連打のヘイローなんか使わないよ」
 
「ヘキサ最強www」
 
 
そう、クエWS実装当初、白魔メインだったうちは、一応WSクエを受けて、試練武器が邪魔だったので、潜在を外したりもしましたが、WSNMを倒すのが面倒でほったらかしていたんですよ!
 
 
 
 
 
そんなわけで、恐る恐る確認の為、LSで聞いてみると……
 
 
/Ls:『もっ、もしかして、WSクエって一個ずつしか受けられない……?』

/Ls:『受けられないよw』
 
 
 
 
 
あーん!! orz。
 
 
 
 
確実に1年以上は眠らせておいた壺割りを今更やらなければいけない事態に陥り、傷心のまま土曜日は就寝しました。
 
 
日曜昼は何をしていたか、覚えてません……。

夕食前にみえちゃんに手伝ってもらって、壺割りに挑戦しましたが、編成と人数不足で敗退。
夜に、LSMに手伝ってもらって、無事に壺割り完了。
その後、ENMをまわって終了。

月曜日は、潜在はずし。
LSMを拉致して、クフでサボテンを狩りました。
忍猫がいたので、天→月光の闇連携であっという間に潜在はずれました。
そのまま、クフでWSNMまで狩ってもらって、無事に花車を覚えることができました!
道中アミメが狩れたりして、ちょっとお金も入ったので、ただ付き合わせただけじゃない感じになったのがよかったです。
 
火曜は裏の日だったんですが、メンテでバタバタして突入が遅れたので、不参加にしました。
元々、仕事が忙しくて疲れていたので、やってもボスまでかなと思っていたので、すぐに諦めはつきましたが。
コロロカでオイルをちょっとだけ狩ってログアウト。
 
水曜日はレベル上げ。
ビビキーでゴブを乱獲しました。
リーダーモンクさんが、71になったら夢想を覚えたいというので、8000くらい稼いで早めの終了。
 
 
最後、人生初の一人光連携をお見舞いしてやりましたよ!ヽ(`Д´)ノ
 
この為に侍やってきたようなものだったので、ちょっと感動しました。
 
 
 
 
木曜日もレベル上げ。
ロメでポン狩り。
忍さん、赤さんの通信状況があまりよくないらしく、2回ほど2人揃って長期ログアウトとかありましたが、時間が結構長かったし、やってる時は順調に5チェーンを重ねられたので、13000くらい稼いで終了。
 
 
 
72まで@12000。
本日うまくいけば、破軍ですよ!
長かったソボロ生活ともお別れかな~(´・ω・`)
 
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.02.20

週末の回想(前)

歳を取ると時が過ぎるのが早く感じる、なんてことをよく耳にしますが、これは何でかと言えば、5歳の子供の生きてきた時間と言うのは、単純に計算すると365×5=1825日なわけですよ。それを50歳の人で計算すると単純に10倍の18250日になります。
そんなわけで彼らの1826日目と18251日目の占める割合が、1/1826と1/18251という10倍の開きがある為、5歳の子供と50歳の大人では、1日の割合が違う為、歳を取れば取るほど、人生の1日の割合が減り、時が経つのが早く感じるのです。
子供の時の記憶が鮮明でよく覚えてるのは、1日の割合が多い為、ちょっとしたことも鮮明に覚えてたりするのはそういうことなんですよ。
 
 

だから、侍71歳ともなると、侍70歳の時の出来事なんて覚えてないんでs……
 
 
 
 
 
 
 
 
すいません、すいません、今日はちょっと仕事が忙しいので、回想はまたあとで。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.17

侍レベル上げ In 怨念洞。

昨日は、怨念洞に狩りに行きました。
編成は、忍戦侍白黒詩です。
激しく稼げそうな編成なんですが、昨日書いたとおり戦士さんとは相性が悪いのですよ。
ただ、今回はサポ戦でも何も言われなかったので、そのまま行きました。

怨念洞入ってすぐの場所はPTが居たので、奥に入ってやることになったんですが、坂だと獲物が足りなくて、広場の通路に出たら絡まれて、死亡>エスケみたいなコンボを二回くらいやりまして、なかなか狩りが始まらなかったんですが、入り口に張っていたPTが終わって、そこを譲ってもらってからは、順調に狩れて、遂にレベル70になることが出来ました!!

【やったー!!】ヽ(`Д´)ノ
 
 
ちなみにサポ戦の感想としては、今回も一昨日と同じ、燕飛>ランペと天>月光でやったんですが、タゲ取りすぎてちょっと申し訳なくなる感じですね。
確かにこっちのが強いんですが、PTバランスとしてはどうなのかなとも思いました。
んー、なかなかうまくいかないものですね。
侍視点からだけなら、不意レイジング>不意だま月光【分解】なんかが良さそうなんですが、今の時代は流行らないかなー。
 
 
 
(´・ω・`)CM
 
 
 
昨日のちゃきさんのコメントに触発されて、今後の侍の装備について考えてみました。
うちは空活動をしてませんし、HNMを狩ったりもしてないので、すごい装備は出来ないのでその範疇であげてみます。
 
 
『頭』

ワイバーンヘルム 防30 HP+30 STR+5 耐火+10 被物理ダメージ:ブレイズスパイク

オプチカルハット Rare Ex 命中+10 飛命+10 回避+10
 
 
WS時ワイバーンで、通常時オプチかな。
ワイバーンは買えると思いますが、オプチは合成して取りに行かないといけないです。
 
 
 
『首』

スパイクネックレス STR+3 DEX+3 MND-6

クジャクの護符 耐闇-10 命中+10 飛命+10

ジャスティストルク Rare Ex STR+5 両手鎌スキル+7 両手刀スキル+7
 
 
WS時スパイクで、通常時クジャクですね。
これは両方とも持っているので問題なし。
ジャスティスは夢性能なんですけど、ちょっと取り方をまだ調べてないので、なんとも言えない所です。
 
 
 
『両手』

アルキオネウス腕輪 防16 HP+40 STR+11 DEX-6 AGI-6

パラースの腕輪 防15 HP+35 STR+9 DEX-5 AGI-5

エンケラドスの腕輪 防14 HP+25 STR+7 DEX-4 AGI-4

落人の篭手 防8 耐光-8 耐闇+8 攻+20 回避-5
 
 
WS時エンケラで、通常時落人かなぁ。
エンケラドスまでは買えそうなんですが、パラース以降はかなり厳しい感じです。
 
 
 
『胴』

八幡胴丸 防47 STR+8 ストアTP+6 ウェポンスキルの命中+8

ホーバージョン 防45 STR+5 DEX+5 AGI-5 命中+10 攻+10 回避-20
 
 
WS時八幡で、通常時ホーバージョンで決まりかな。
 
 
 
『両脚』

明珍板佩楯 Rare Ex 防30 HP+15 STR+3 耐土+10 受け流しスキル+5

明珍板佩楯改 Rare Ex 防40 HP+15 STR+5 VIT+5 受け流しスキル+10 ストアTP+4 
 
 
なんか両脚はパッとしません。
AFを打ち直せれば、満足です。
 
 
 
『両足』

クリークFクロンプ 防9 HP+35 MP-35 STR+4 VIT+4 INT-3

八幡脛当 防17 STR+2 ストアTP+5 ウェポンスキルの命中+2
 
 
WS時に種族2で、通常時八幡かな。
種族2が優秀な感じなんですが、八幡のSTPが欲しいので、通常時はこれで。
 
 
 
『背』

フォーレージマント 防7 STR+3 攻+15

アミメットマント+1 防8 STR+2 攻+15 飛攻+15
 
 
WS時フォーレージで、通常時アミメ+かな。
あまり考えなくていい感じ。
 
 
 
『腰』

ウォーウルフベルト 防6 STR+5 DEX+5 VIT+5 敵対心+3

ライフベルト 命中+10
 
 
WS時ウォーウルフで、通常時ライフ。
これもこれで決まりかな。
後、新裏のとかあるけど、まあ、それはそれで。
 
 
 
『耳』

ワエトトピアス 耳 T STR+2 VIT+1

フェンリルピアス Rare Ex 日中:攻+10/夜間:飛攻+10

バンパイアピアス 夜間:STR+4 VIT+4

ブルタルピアス Rare Ex ダブルアタック効果アップ ストアTP+1

メヌエットピアス Rare STR+1 DEX+1 メヌエット:命中+3
 
 
結構選択肢の多い耳装備。
これはその場その場で使い分けかな~。
揃えられなくはなさそうだけど、結構大変そうって言うのが耳の特徴か。
 
 
 
『指』

フレイムリング 防3 STR+5 INT+2 MND-2

スナイパーリング+1 耐闇-25 命中+7 飛命+7 防-12

ラジャスリング Rare Ex STR+2~5 DEX+2~5 ストアTP+5 モクシャ+5
 
 
WS時フレイムで、通常時スナイパ+で、ラジャス固定かな。
今回調べていたら、ラジャスがいい性能ってことがわかったので、ラジャス取りに行くこと考えなきゃ。
 
 
上記のことをまとめますとSTR+45くらいまでは、それ程頑張らなくてももっていけそうですが、それ以上を目指すとなると血反吐を吐く覚悟が必要そうです。
あとSTPについては、今回は考えないことにしています。
今の段階で6振りにするには、ちょっと他の値の犠牲が大きすぎる感じがしますので。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.16

侍レベル上げ In テリガン。

戦士と侍は、連携相性がよくないと思う。

両手斧を使っていただけるのなら、レイジング>月光というのが今はできるんですけど、きょうびレベリングに両手斧を背負ってくる戦士なんて皆無なんですよ。
というわけで、連携は片手斧オンリーみたいな選択になるんですが、この片手斧と両手刀の連携相性の悪いことこの上ないのです。
今のレベルで使えそうなのは、月光>ミストの核熱しかありません。
ただ、これも月光がトスである以上ベストとは言えません。ベストどころか、ベターでもないと思います。

あとは、大人気の燕飛>ランペがありますが、スキル230を越えて、月光を撃つ侍にこれを求めるのは、どうかと思っています。
まあ、湾曲トスということで割り切ってやるのであるならば、ありかもしれませんが、せめてその時はサポは戦にさせて欲しいものです。
トスが不意だま持っていても、使いどころがよくわからないのですよ。
撃つ時にだまを盾に入れるように撃てばいいって言われるかも知れませんが、燕飛って、とてとて相手だと二桁とか出ますが、よろしいですか?と言いたいし、不意を乗せたところで大したダメージアップも望めないWSなんですよ。
 
この辺に関しては、侍のWSの特徴を知らない人が、前衛でも多いってことに最近気がついてきました。
実際、うちも侍をやって調べるまでは知らなかったので、これはしょうがないことかと思いますが。

そんなわけで、ちょっとした侍マメ知識を書いておくと、侍WSは雪月花で大きく性能が変わると言うことです。
それはどんなことかといいましたら、

①不意打ちと併用することで大幅に威力がアップする
②STRブーストによって、威力がアップしやすい
③TPのダメージ修正を受けやすい
④弱体2系の追加効果がある(ブラインやパライズよりも上位の弱体にあたるらしい)
⑤硬い敵にもダメージが通りやすい(逆に、弱い敵に撃った時にもダメージはそれほど変わらない)

この辺が上げられると思います。
この特性があるからこそ、不意月光とかではダメージが400~800とか言う数字が出てくるのです。

ちなみに、某掲示板に書かれているような

「侍は不意雪月花で1200ダメージを連発できて強すぎ! 修正汁!!」

みたいなのは、極めに極めた人しか出せないみたいです。
それにこれに関しては、侍がすごいのではなく、その中の人がすごいと言うことがわかってきました。

ただ、これを出せるのも上記のような特性があるからだと言うことです。
 
 
 
(´・ω・`)CM
 
 
 
前置きがかなり長くなりましたが、それを踏まえての昨日のレベリング記録。
編成は、忍戦侍赤黒詩でした。狩場はテリガンのグス前で、マンティとコカ。
連携は天>月光と燕飛>ランペ。うちのサポはシーフを希望されました。

レベルが69~71であった為、乱獲気味での狩りの上、忍者さんが異常にTPが貯まるのが早かった為、ものすごく忙しいと言うか、息つく暇もありませんでした。

ちなみにこの忍者さんは、前にブログを書いていた人で、今は書いていないみたいなんですが、侍が75ということも知っていたので、ちょっと緊張しました。
乱獲でうち以上に忙しそうだった為、話すことは出来ませんでしたが、まだFFを続けていたのを知れたのはよかったです。

それで70オーバーの世界に叩き込まれた、69サポシ侍は、何をしたらいいのかよくわからないと言う微妙な働きをしたわけでして、輝いたのは、燕飛>ランペ>黙想>天>不意だま月光の時だけでした。
この時は非常に理想的な連携ができました。まあ、この時がそんなに回数があったわけではなかったのですが。
 
稼ぎは時給4000ちょっとで13000くらい稼ぎました。
これで70まで@10000を切ってきました。うまくいけば、今日70の大台にのることになります。
むかーしに前衛やるなら、侍を上げるよって言ってたことがやっと実現しそうです。
 
 
 
(´・ω・`)CM
 
 
 
最近のレベル上げは、Next経験値の減少や指輪効果によって、大分楽になりましたね。
まあ、60以降はそれなりにキツイですけどね。というか、それまでが楽なのでキツク感じるのかな。

あとは忍者の性能の良さを日々感じてきました。
勉強の為にエースジョブをメインでやってる人のブログをよく読むんですが、7割くらいの人がセカンドに忍者を上げていることがよくわかってきました。
そして、それの憧れと嘆きも理解できるようになってきました。

百聞は一見にしかずって言いますが、やはりやってみてわかることって多いですね。
 
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.02.13

週末の回想。

今週末は久しぶりに土日休みでした。
日曜の昼は出かける予定があったので、土曜日は気合の玉出しするも、午前中一杯は放置され、朝駆けに失敗しました。
そして、昼過ぎにやっと誘われて、ボヤに行くことになりました。
編成は、忍忍侍赤白召です。敵は、カニ・トンボ・ドーモくん。
まあ、悪くはなかったんですが、なんかストレスのたまるPTでした。

原因は、忍者さんとの考え方の違いだと思います。
これはどっちがいいとか悪いとか言うレベルではなくて、本当に単なる考え方の違いだと思うんですが(稼ぎとしてはそれ程悪いわけではなかったので)、ただその人はソボロ侍と召喚士の使い方を知らない感じがしたのです。
特に召喚士に下弦の咆哮なんかやらせることが間違ってる感じがして、イライラがわーって感じでした。

まあ、その時言えないうちがヘタレとも思いますが、言えば揉めそうなので引いたと言うことなんじゃないかな?(謎)
 
土曜の夜は、早い段階に誘われて、ビビキーに行きました。
ビビキーは混むけど、早い段階でキャンプを張れれば、うまい経験が多いので好きです。
編成は、ナ侍シ赤白黒の往年のスタンダード編成。
シーフさんが連携をシャーク>月光にしてくれたので、非常に心地いい狩りになりました。
ここのところシーフとは何戦か相性が悪かったので、それを払拭させてもらえるいい人でした。

ぶっちゃけ、燕飛>ダンスにはもう飽き飽きなんですよwww
あと、燕飛>ランペとかもね……(´・ω・`)


近くに73とかのPTが来て、ちょっと獲物の取り合いとかにもなりましたが、こっちのがいい場所にキャンプを張っていたので、それ程問題なく狩れました。
ちょっと早めの23時終了となったのが、残念でしたが、それがこの後のENMに繋がったので、結果的にはOKでした。

そんなわけで、ちょっと早めに終わったので、ジュノブラをしてるとみえちゃんから「オートマトン」行きたいんだって?ってTellが来たので、行きたいよーって返したら、にょたん誘って行こうか?ってことになって、三人で挑戦してきました。

目指すは、脳筋ピアスの誉れ高い『ワエトトピアス T STR+2 VIT+1 LV55~ ALLJOB EXRE 』です。

そして、集まった三人の職は、

侍 黒 黒

「ちょwwwおまwwwww」

何、この殺るか殺られるかみたいな編成?ってな感じなんですが、まあ、面白そうなので、これで行くことにしました。

戦略的には、エル>ミスラ>ガル>ヒュームの順で倒すということにして、戦術としては、エルはガチ、ミスラはうちのサポ狩サイドで吹き飛ばし、ガルは黒の古代、ヒュームは奥義明鏡止水で斬り倒すという感じです。
 
 
行く前のダイスで5連敗していきなり泣きそうになったんですが、なんとか勝つことができまして、BFに突入です。

まずはエルですが、次のミスラの為にTP温存していこうと思っていたので、結構苦戦しました。
序盤に1、2発はWS撃った方がいいのかなと思いました。

次にミスラですが、貯めておいたTPを開放して、開幕狙い撃ちサイド>黙想サイドで半分くらい減らし、とどめだーと思っていた3発目を外したこと以外は、まあ、イメージどおりに戦えました。
問題なく倒せたので、買っていった"デーモンアロー"が終了後も99本残っていて、"素材狩り用の鉄の矢"の本数が減っていたのは、なかったことにします。

次のガルは、墨×2が泉古代で瞬殺。
墨最高!

そして、最後にヒュームですよ。

タルタルの時だけ、ガを唱えると言ういじめっ子ですよ。

こんな子には、奥義明鏡止水をお見舞いするとですよ!
 
 
 
それー、奥義マクロON!
 
 
 
 
 

……あれ?
 
 

……反応がない。
 
 
 
 
 
 
……そう言えば、30分前。
 
 
 
 
 
……レベリングの最後で奥義一人連携したんだった!?(゚ロ゚;)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
せっかくかっこよく決められる場所で、ケアルを貰いながら必死に戦うイ寺がそこには居たとさ。
 
 
 
 
 
。。゚(゚´Д`゚)゚。ウァァァン
 
 
 
 
 
無事、ヒュームを倒すもドロップはなし。
 
こっ、こんどこそ、奥義で倒してやる!!と誓うのでした。(ピアスはどうした?)
 
 
 
日曜昼は出かけた為、夜だけプレイ。
みえちゃんのフレのシーフさんに誘われて、忍戦侍シ赤白でボヤに行きました。
忍者さん、戦士さん共に二回目のパーティーです。

忍者さんはタルっ子で、なんか一生懸命やってる感じが非常に好感のもてる子です。
「忍者は、水面を優雅に進みながら、水面下では必死に足をもがいている水鳥のようだ」と言う表現をどこかで読んだことがあるんですが、この子はそれが顕著に出ている感じがして、かわいいのです(´・∀・`)
なんか、画面の前で一生懸命にログを追いながらマクロを打ったりしてるんだろうな~と勝手に想像してしまいます。
たぶん、かわいいと思うのは髪型が同じって言うのもあるとは思うんですけどねw

戦士さんは寡黙な方なんですが、非常にデキル方でアシッドをバシバシ入れてくれたり、忍者さんが蝉張りに苦戦してるとタゲとって補助したりと、戦士と言うスーパーサブと言うか、マルチ職をフルに使いこなせてる感じがして、この方も非常に好感がもてる方です。

そんないいPTに拾われた為、楽しくいい狩りができました。
最後@1500も残っていたのに、上げてもらっちゃったりして本当にいいPTでした。
 
今回はシーフさんもいたし、下手したら3×3なんかできるのかな?なんて思っていた為、サポ戦で行ったのですが、連携は月光>エヴィの闇と天>月光のダブル闇連携でした。
 
それで、今回やってみて思ったんですが、やっぱりソボロにはサポ戦なんだな~って思いました。
なんていうか、通常ダメが違いますね。確かにサポシの不意WSは強いんですが、サポ戦で行くとそれだけって感じを顕著に感じてしまいました。
Repを見ても違いが見て取れたので、んー、破軍が使えるまではサポ戦で行こうかな~と考えたりもできた有意義なレベリングでした。
 
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.02.10

侍レベル上げ In ビビキー。

昨日も侍レベル上げ。
玉だし後、程なく誘われて、二日連続で調子よかったです。
編成は、忍侍侍赤黒詩。激しく稼げる予感がするPTです。
パートナーの侍さんは、一昨日も一緒に組んだ人だったので、昨日は気楽でした。
狩場はビビキーで、最近ビビキーは当たりが多いのでこれも期待大。
今回はこの間までより奥に入ってのキャンプとなりました。
敵は、ゴブ・ダルメルです。
連携は、一昨日と同じ不意雪風>不意だま月光の【分解】と、天>月光の【闇】でいきました。
パートナーの侍さんは、ソボロじゃなかったので、うちが2人を捌く感じです。
連携合図は、両方ともうちが出させてもらいました。
これは非常に気持ちいいことなんですが、神経も使うので、道中かなり疲れました。
あと、獲物がダルメルって言うのも問題があって、これタルタルだと超不向きなんですよ。なんか、画面がすっごく見づらくて首が痛くなるんですよ。
そんなわけで、最大の敵は肩こりみたいになって、疲労はすごいことになったんですが、連携バシバシ決めているのは気持ちよくて、きもかわいいじゃなくて、痛気持ちいいという変なトリップしそうな狩りが続き、結果として16000ぐらい稼ぎました。
ダルメルは、瞬発的な攻撃力がないと厳しいですが、連携>黙想>連携のできる侍コンビには格好の餌食になるわけで、単体200オーバーをえらい勢いで狩っていきましたよ。
途中からライバルが来て、獲物が少なくならなければもうちょっとはいけたと思うんですけどね。
獲物がいなくて、釣るのが大変だったり、シゴブを狩らなければならなくなったのが痛かったです。

レベルは67になりました。
さすがにこの辺になると1レベル上げるのが、かなりきつくなってきました。
うーん、レベル75は遠い……。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.09

侍レベル上げ In ボヤーダ&ビバ、イタリア。

親が息子が勉強できないことより、もてないことを心配する国、イタリア。
父親と息子の会話が、自分がどれだけもてると言うことが日常会話な国、イタリア。

そして、軍歴に勝利と言う文字のほとんどない軍隊を持つ国、イタリア。

ある小隊の話。

あるイタリア軍の兵士が夜中に目を覚ますと小隊の隊長が荷物を整え、どこかに行こうとしていた。
部下の兵士はどこに行くのかと訊ねた。
すると隊長はこう答えた。

「俺は国のためには命をかけない。俺は奴隷じゃないからな」

荷物を背負いながら、その隊長は歯をキラリと光らせ、

「俺が命を賭けるときは惚れた女を守るときだけだ!」

と、笑顔でさわやかに言い放った。
テントから出ようとした隊長を部下は引きとめた。

「隊長!待ってください!」

そして振り向いた隊長に部下はこう言った。

「俺も一緒に行きます!」と。
 
 
世界の国の軍隊が皆イタリア軍のようならば戦争はおこらないじゃないか?って錯覚させる素晴らしい国イタリアで今年冬季オリンピックが開かれます。
オリンピックと言えば、世界でもっともメジャーな競技大会であり、世界各国その誘致には多額の金銭と労力を使う、世界的行事でもあります。

そんな冬季オリンピックが、明日にも開幕するトリノですが、現地イタリアでは総選挙らしくそれどころじゃないそうです。
首相すら、開会式に出ないとか言ってます。
 
素敵スギ、イタリア!
ビバ、イタリア!!
 
さすが、砂漠での戦闘中、貴重な水でパスタを茹でるグルメな国は、やることが違います。
 
 
 
さて、"イタリア賛辞"はこの辺にして、昨日のFF日記でも書きます。

昨日は、玉だし後すぐに誘われて、ボヤに行きました。
編成は、忍侍侍赤赤詩です。

そう、この編成を確認した瞬間から「負けられない」という大きなプレッシャーに襲われたうちは立派な脳筋侍。
一昨日、こんな時の為にほのちゃんにソールスシを握っておいてもらって、本当によかったと思いました。

獲物はカニ・トンボでした。
初めは、滝前で狩っていたんですが、スキル上げとケモリンが来た為、途中から木に移動。

連携は、不意雪風>不意月光でした。
うちは敵対心を下げている為、タゲを取り辛いし、タルで喰らうとスポンジ度が高いので、〆の方がよかったんですが、お相手が月光の方がいいと言うので、〆は譲りました。
なんか、タルだからとか、敵対心を下げているからとか言いたくなかったのです。言ってしまえば、もうそこで負けた気がするからです。
諦めたら、そこで試合終了です。

そんなわけで、不利な雪風の方になったんですが、そこはエースですから、いつでもポジティブに全力ファイトですよ。
エースは、脳筋でバカであっても、ネガティブになってはいけないと思うのですよ。
いつも前を見て頑張る、これが理想のエースなのです。

…と、まあ初めは与ダメ争いにライバル心を燃やしたりしていたんですが、戦闘が始まってしまったら、そんなことを忘れるくらい楽しくて、もう連携することのみに捕らわれていたと言うか……(^_^;)
だって、侍×侍は面白すぎた。
不意雪風>不意だま月光>【分解】>黙想×2>雪風>月光>【分解】>月光>【湾曲】なんて感じで、WSの応酬なんだもん。
それに、詩人さんもうまくてメリポPTのようにララ釣りしてくるから、ほとんど休みなし。
後衛も赤赤だった為、ほぼエンドレスで狩り続けられました。

経験値が100~180だったので、数の割りにはって感じがありましたが、3時間で15000ほどの稼ぎをたたき出して、とっても満足行く結果でした。

ちなみにライバルとの与ダメ争いは、一昨日の裏のRepと混ざってしまった為、うちの圧倒的勝利にぬか喜びしただけと言うお馬鹿な結果がでました。
裏貨幣を売る為に放置して、そのまま昨日はやってしまっていたことを忘れてました orz。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.08

STR+1=雪月花WSダメ+4

題名のような検証があるらしく(定かではないそうですが)、それでも凱旋ピアス(STR+2)に1000万をつぎ込む、そんな脳筋が大好きな暸乃です。
たぶん、買ってるのはエース達だと思いますが、こういう細かい頑張りをするエースが好きです。
 
バカっぽくて!!(誉めてます)
 
はい、なんか毒っぽい感じから入った今日の日記ですが、別に機嫌が悪いとか不満があるとかではありません。むしろ今日はご機嫌です。
侍装備が少しずつ充実してきたので、さらに上を目指して行こうと考えて調べていたら上記のようなものにぶち当たったので書いてみただけです。

そんなわけで、月曜は放置され、昨日は裏だったので書くネタがないので、今日は侍の装備について適当に書いてお茶を濁すつもりです。
ホーバージョンを手に入れたことは先日書きましたが、それの勢いで破軍も清算しました。
これは前にENMで出たのを買い取りか売却かで悩んだ為、保留しておいて貰った物だったので、早めに処理したいと思っていたのですが、なかなかみんなに払えそうなお金が貯まらなくて心苦しかったんですが、なんとか取った当日の最終競売履歴の5000000が貯まったので、清算と相成りました。
まあ、実際は一人頭800000しか配らなかったので、800000x6=4800000で、200000程誤魔化し、さらに今の競売ですと7000000オーバーするという事態なのですが、この辺はLSメンということで勘弁してもらいました。

侍70の八幡装備は性能はいいのですが、それ程お高くない為、気楽なんですが、その他装飾関係がすごくお高いので、どれから手を出すか悩んでいます。
今、気になってるのは、バンパイアピアス(夜間:STR+4 VIT+4 Lv67~ 戦ナ暗獣侍忍)でして、夜間だけなんでどうかなと思われる点が値段の高騰を少し押えてる感じのある装備なんですが(それでももう500万を越えてきた)フェンリルピアス(日中:攻+10 夜間:飛攻+10 Lv70~ All Jobs)と絡めて使えば結構いいのかなとも思ってまして、それに夜間だけとはいえSTR+4なんて、耳では他にないんですよ、1000万近くする凱旋の2倍性能ですよ。これすごく欲しいなと思ってます。
あと、耳では金銭的なことを抑える為にもワエトトピアス(耳 T STR+2 VIT+1 Lv55~ All Jobs)を取りに行きたいなと思っています。ただ、これはタルタル限定でしか行けないENMなので、タルタルのいなくなったMyLSでは、かなりキツイのでして……。これは協力者を裏LSで探すしかないかな~とも思ってます。

やっとホーバージョンと破軍を手に入れて落ち着くかなと思われた金策ですが、考えていくとキリがないわけで、これからまだまだ金策の日々が続きそうであります。
ご機嫌な一日の始まりが、ネガティブな日記で始まった今日という日に乾杯。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.02.06

週末の回想。

今週末も土曜日は仕事だったので、土曜の夜からなんですが、土曜日の夜は早い段階で声をかけてもらい、しかも組んだことのある詩さんだったので期待して行きました。
編成は、忍忍ナ侍詩赤という超変則PT。ナさんなんか、サポ忍で両手に片手剣持ってふりまわす素敵ぶり。
狩場はビビキーで、ゴブ・鳥・ダルメルなどを狩りました。
連携なし~、回復なし~、休憩なし~みたいな、とにかく殴り倒すPTだったんですが、ゴブの自爆がやっかいで、赤さんもサポ黒で来ていた為、そこで止まってしまうので、平均点以上ではあったのですが、まだまだいけるって感じもあり、サポ黒が悔やまれていたんですが、赤さんが用事で落ちるというので、補充の赤さんにはサポ白で来てもらうと、予想通り久々にやばい忙しさのPTが出来上がりました。
悔やまれるは、これの場合はうちもサポ忍でよかったのかなと思いました。雪風・月光を覚えてからは、WSダメもそれなりに入るようになってきた為か、本気で撃ちまくるとタゲが固定されちゃうんですよ。
まあ、ナ/忍という新しい世界を見せてもらい、その上ホクホクの稼ぎで大変満足でした。
そして、遂に【月光】を覚えたのであります~!

侍好き~の心を掴んで離さない至高のWS【月光】(こんな説明でいいのだろうか?)
"くるくる~、シャキーン、バックに月がどーん!"って感じが非常に惚れます(*´ロ`)
タルだとなんか、ちょこーんって飛ぶ感じなので、あんまり派手さを感じなかったのはご愛嬌。
ただこのWSの真価がわかるには、あと1日ほどの時間がかかるのでした。つづく。
 
 
 
 つづき。
日曜の昼は、ボヤに行きました。
せっかく月光を覚えたのに使える編成ではなくて、寂しい狩り。
2回行って、2回とも前衛が、忍侍シだったんですが、なんかうまくいきませんでした。

日曜夜は、遂に不意月光の真価を味わうことが出来ました。
編成は、ナ戦侍赤白黒でビビキーに行きました。
トップ66で手前での狩りの為、乱獲になったんですが、ナ盾で前衛3の場合は乱獲の方がいい感じがしていたので、選択としては問題なし。
ただ乱獲はうちが異常に忙しくなるのが、たまに傷です(^_^;)

連携は、燕飛>ランペの湾曲とスウィフト>月光の闇でした。
燕飛の方はもう戦士さんと黒魔さんの為にトスに徹する感じ。楽しみはナさんとの闇連携ですよ。
不意月光で600、闇で400とか出て、侍になって始めてヒャッホイできましたよ!
まあ、これもガルナさんの強靭な体躯を生かしたトスと戦士さんがアシッド入れてサポートしてくれたりしたから出来た賜物なんですけどね。
相変わらず、ここの赤魔さんは死にそうなほど使われるので、「ここ初めてなんですけど、いつもこんなに忙しいんですか?^^;」なんて言ってましたが、うまいこと稼げていたので、まあそれも赤の宿命ということで、総合的にみんな楽しく狩れてよかったと思います。
今回は不意を月光で、だまを燕飛で使うようなやり方をした為、月光が素敵に入るとがっちりタゲを取ってしまい、何度もかばわれてました。こういう時のガルナイトさんって、ほんとかっこいいな~と思うのであります。
レベルが66に上がり、次のPTでは忍者とも闇連携できるかなーと楽しい妄想にふけって終了です。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.02.03

侍レベル上げ In ボヤーダ。

昨日も侍レベル上げ。
21時くらいに誘われて、編成は忍戦侍赤白黒でした。
狩場はボヤで、カニ・トンボです。

最初はカニを中心にやっていたんですが、どうも硬くてよくないので、トンボメインにするとこっちのが被ダメは多いですが、やわらかくて狩りやすいのでトンボメインに変更して狩りました。
ケモリンがトンボを持っていったりしていたので、ちょっと釣るのが大変でしたが、なかなかのうまさで狩れて、2.5時間狩って、時給は4000ほど。合計10000くらい稼げました。

カニって、うちの中ではうまい印象があって、あんなに硬かったかな~と思ってちょっと調べてみると、そう言えばうちはMBフリーズで狩っていたことを過去の日記から発見しました。
よく見てなかったんですが、昨日の黒さんはウォータⅢを使っていたみたいなので、たぶんダメがほとんど出ていなかったかと思います。
何度か書いていますが、黒63にカニで湾曲MBってほんと微妙なんですよ。カニは非常にウォータのレジ率が高くてダメが出ないし、かといってあの場所でガも使えないので、ブリザドⅡで300そこそこ出すのがやっとなんですよ。
確かにフリーズを使えばダメが1000を超えてきて、死亡率も高くなるんですが、あそこのカニを63で狩るには欠かせないものかなとも思いました。次回があれば、是非そんなアドバイスを出来たらいいなとも思いました。まあ、死んでもいいと言う、墨な方限定なんですがね……。
 
昨日の連携は迅>雪風と燕飛>ランペだったんですが、雪風は〆になるとダメが増える感じがするのは、気のせいでしょうか? 最初は雪風>迅で撃っていて、忍者さんが1番の方がやりやすいというので、順番を変えて2番になったらダメが増えたんですよね~、なんかこれってあるんですかね?

あと1レベルで待望の月光です。
今日も頑張りたいと思います。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.02.02

侍レベル上げ In テリガン。

ホーバージョンを手に入れ、後顧の憂いがなくなったうちは今、侍レベリングに燃えに燃えているんですが、エースなので、まああんまり誘われないわけですよ。
だからと言って、最近はそこをネガティブに捕らえたりはあまりしなくなってきて、「いつでもばっちこーい」って、モグ相手にトレーニングをつんで待っています。

そんなわけで、昨日も白い奴を相手にちくちくやっていると誘われました。
62、63の侍がリーダーして組んでいくなか、奇跡的によく拾われたもんです。
編成は、ナ戦侍赤白黒という、まあスタンダードな構成でした。
狩場は、テリガンでコカ&ラプ。ナさんが62で1番下ということもあって、ちょっと弱めを乱獲ってことになりました。

現場に着くと、ほぼ同時期に66のPTが来て、同じ獲物を狩っていきましたが、ここは2PTなら枯れることはほぼないので仲良く獲物を別け合って狩ったんですが、ちょっと気になることがありまして、隣の前衛は忍モ暗だったんですよ。
それでうちの方には戦さんがいて、モ暗戦のライバルアタッカー達の与ダメの熱いこと熱いこと……。
"ランページ""空鳴拳""クロスリーパー"のダメは400~500出てるんですよ、しかし、燕飛は200がやっとなんですよ。侍はWSが弱いとよく聞きましたが、これはかなり厳しいです。
まあ、スキル10で覚えるのと200~225のWSとを比べるのも間違ってるのかも知れませんが、アタッカーとしては凹む数字でしたね。
早く期待の月光を覚えたいものです。これで月光が弱かったらかなり凹むなぁ。
あと、ホーバージョンで満足してちゃダメで、お着替え用装備とかもこれから充実させていかないとダメってことですね。
昨日の命中率ですが、同じPTの戦士さんは90%とかでした。うちが82%だったので、この差もちょっとやられたと言う感じです。アグレッサーのせいなのか、スナリンあたりなのかわからないので、今度会ったら聞いてみようかとも思っています。
 
誘われた時間が遅かったので、狩り時間も短く2時間で8000ほど稼いで昨日は終了。
レベルは64になりました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »