« 侍レベル上げ In クロ巣。 | トップページ | 侍レベル上げ In 東アルテパのち西アルテパ。 »

2005.12.09

四捨五入の四の方でして…。

今、裏LSでロットルールの改革について話し合ってるんですけど、うちは変えた方がいいと思う改革派なんですけど、今のところ人数的には少数派になってます。
なんて言うか、最近うちの裏LSおかしいんですよ。
新規ばっかりに気を使って、古参を捨てていってるんですよ。

漢の韓信の言葉で「狡兎死して良狗烹られ、高鳥尽きて良弓蔵われ、敵国敗れて謀臣滅ぶ」という言葉がありますが、今我々古参のメンバーが、まさにそのような状況に追い込まれてます。
蛇足になりますが、これがどういう意味かと言うことを書けば、『狡兎良狗』とは、獲物のウサギを猟犬が狩り尽くしてしまうと、猟師は最後に猟犬を煮て食ってしまう、つまり、かつて役立っていたものも、不要になれば無残にも捨て去られるという意味です。同類の四字熟語はかなり多くて、狡兎走狗(こうとそうく)、兎死狗烹(としくほう)、得兎忘蹄(とくとぼうてい)、得魚忘筌(とくぎょぼうせん)、鳥尽弓蔵(ちょうじんきゅうぞう)など、たくさんあります。
多くあると言うことは、要するに歴史的にこういう事はよく行われてきたと言うことで、人間心理の奥にあるものなので、しょうがないのかも知れませんが、自分がその立場になるととっても嫌なものですね。
まあ、寧臣を侍らしているうちは、何を言っても無駄なので放っておくことにしますけどね。
ダグラス・マッカーサーのように「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」なんて、大演説をしたいんですが、すれば煮られて捨てられるのはわかっているのでしません。
 
 
さて、愚痴をあんまり書くとしつこいって言われるので、この辺で侍上げの記録でも書きましょう。

一昨日はグスタフでコウモリ・トンボ・ゴブを狩りました。
最近お兄さん、お姉さんに人気が高くて、この日もレベルが一番下で、道中は41~38(←うち)のような展開。
ナ侍シ赤赤召という編成で、結構リンクしたりなんだありましたが、意外とうまくてなかなかの稼ぎとなりました。
まあ勝因は、総合的なPTスキルだと思われます。
サポレベルを抜けて、皆本気モードに入っているということでしょうかね。
 
昨日は東アルテパのOP付近でゴブを狩りました。
編成は忍戦侍赤赤赤と言う感じ。赤さんが39、38、37と後ちょっとで化けるって惜しいレベルでちょっと不安もあったんですが、結果的には満足いく数字が出ていました。
レベルは40になり、一日一歩一歩ですが、順調に成長しておりまする。
 
 

|

« 侍レベル上げ In クロ巣。 | トップページ | 侍レベル上げ In 東アルテパのち西アルテパ。 »

FF11」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四捨五入の四の方でして…。:

« 侍レベル上げ In クロ巣。 | トップページ | 侍レベル上げ In 東アルテパのち西アルテパ。 »